子供の視力が簡単に回復する方法|仮性近視の治し方

子供の視力は大人の3倍以上という

驚異的なスピードで低下していくことをご存知でしょうか?


お子さんの視力低下を放置していると、

眼鏡やコンタクトレンズでの矯正が必要になります。


そうなる前に視力回復トレーニングを行うことが大切です。


視力回復トレーニングは正しい方法で行わないと、

全く効果が出ません。


つまり、時間とお金の無駄になってしまいます。


自宅で楽しく簡単にできる

正しい視力回復トレーニングを紹介します。



お子さんの視力を回復させたい方へ

 

お子さんの視力低下は親御さんにとっても
かなり重要な問題です。

 

どの親御さんでも出来ればお子さんに
眼鏡をかけさせたくはないでしょう。

 

そこで、このサイトでは、
子供の視力を回復するために
役立つ情報を紹介しています。

 

また、子供に多い目の病気についての解説や、
子供の視力に関する疑問についても紹介しています。

 

子供の視力に関する疑問はたくさんあります。

 

例えば、幼児の視力検査は
どのように行うのでしょうか?

 

視力検査は午前中と午後
どちらにする方がいいのか?

 

子供の視力は日によって違うものなのか?

 

メガネをすると視力は低下するのか?

 

ゲームをすると視力は落ちるのか?

 

暗い部屋でテレビを観たら
視力は低下するのか?

 

液晶テレビを観ると
視力は低下するのか?

 

このような様々な疑問について、
お答えしています。

 

日本において近視の子供が
増加している傾向になります。

 

その主な原因として考えられているのが、
パソコンやゲーム、スマホ、テレビといった
環境的要因になります。

 

これらを近くで長時間見続けていると、
目が疲れて近視の原因になると言われています。

 

特に成長過程の子供の場合は、
環境的要因の影響を受けやすく、
眼球の眼軸が伸びやすくなります。

 

すると、遠くを見た時に焦点が合わせずらくなり、
物がぼやけて見えるようになります。

 

そのため、黒板の文字が見えにくくなるなど、
学校生活にも影響が出てきます。

 

視力が1.0以下の小学生の割合は、
約4人に1人だと言われています。

 

中学生では2人に1人、
高校生では約6割の生徒が、
視力1.0以下という統計があります。

 

また、最近はパソコンやスマホなどの普及により、
20代を過ぎた大人でも近視が進む傾向になります。

 

眼精疲労の蓄積やストレスなども
近視が進む原因と言われています。

 

子供の場合は、視力が下がっても
大人に比べて回復しやすい特徴があります。

 

早期に視力低下が分かるほど、
視力回復しやすくなります。

 

そのため、親御さんは
ご自分のお子さんの視力が下がっていたら、
すぐに視力回復トレーニングなどを行い
視力を回復させてあげましょう。

 

眼鏡やコンタクトレンズによる矯正が必要になると、
なかなか視力回復することは出来ません。

 

また、お子さんの視力が下がらないように、
ご家庭でケアしてあげることが大切です。

 

このサイトでは、ご家庭で出来る
簡単な視力回復トレーニングも紹介していますので、
是非参考にして下さい。

 

子供の仮性近視を自宅で矯正する方法

お子さんの視力を回復させたい人のために、
自宅で視力を回復する方法を紹介します。

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法

 

販売元:株式会社アイトレーニング

 

 

教材の概要

 

田中謹也さんが視快研で指導している
自宅で出来る視力回復法です。

 

下の写真の方が田中謹也さんです。

 

 

田中謹也さんはアイ・トレーニング視快研の
小牧店でアイ・トレーニング公認の
指導をされています。

 

 

2003年に開業してから、
2087名の子供が視力回復に成功しています。

 

その内容をまとめた教材になります。

 

実店舗に通えなくても、
同じトレーニングをすることができます。

 

紐とビーズを使って、
目のトレーニングをします。

 

紐にビーズを通して、
順番に従って5秒見つめるだけの
簡単なトレーニングになります。

 

 

このトレーニングを行うことで、
ピント調節する筋肉を鍛えることができます。

 

野球選手やボクサーなどの
プロスポーツ選手も取り入れている
視力トレーニングです。

 

今まで実践した子供の9割以上が、
0.8以上に視力が回復しています。

 

0.5だった視力が1.2まで
回復した事例もたくさんあります。

 

1日13分毎日続けることで、
2ヶ月ほどで視力が良くなり、
視力の低下を予防することができます。

 

子供だけでなく大人にも効果があります。

 

自宅で行うアイ・トレーニングは以下の通りです。

 

就寝前に2分間だけ行うトレーニング(1種類)

 

回復した視力を維持するトレーニング(3種類)

 

両方合わせて1日13分だけ行います。

 

商品の内容

 

テキストとトレーニング道具が
セットになっています。

 

そのため、追加費用などはなく、
届いたその日からトレーニングを行なえます。

 

【セット内容】

 

印刷版メインマニュアル1冊:80ページ

 

ブロックストリングス:1本

 

トレーニングチェック表:1枚

 

CD−ROM:1枚

 

【メインマニュアルの内容】

 

第1章:ピント調整の仕組み

 

眼の仕組みを理解することで、
トレーニングを行うことにより
視力が回復する理由がわかります。

 

第2章:近視になってしまう理由

 

近視になる原因を知ることで、
近視を予防することができます。

 

仮性近視の状態だと、
トレーニングを行うことで、
確実に視力を上げることが可能です。

 

早ければ数週間から1ヶ月程度で
効果が出ることもあります。

 

第3章:自宅トレーニング

 

ブロックストリングスや
遠近ストレッチのやり方が
詳しく紹介されています。

 

トレーニングは1日3回やることが
推奨されています。

 

第4〜5章:視力アップの仕組み

 

トレーニングを一定期間行うことで、
視力が上がる理由について説明されています。

 

また、眼精疲労や視力低下を
予防する方法についても紹介しています。

 

第6〜7章:矯正治療や視力回復グッズ

 

レーシック手術や市販されている
視力回復グッズについて、
田中謹也さんの意見が紹介されています。

 

【CD−ROMの内容】

 

メインマニュアル:80ページ(PDF)

 

トレーニングミュージック(MP3ファイル/1分53秒)

 

※トレーニングミュージックは、
音声を使ったアイストレッチの内容が
紹介されています。

 

目が疲れた時にやると効果的です。

 

学校や会社の休み時間でも
気軽に出来ます。

 

【特典内容】

 

・アイストレッチ1(PDF)
・アイストレッチ2(PDF)
・トレーニングチェック表(PDF)
・眼のマッサージ方法(PDF)
・検眼表(3m用 PDF)
・眼にいい食品表(PDF)
・特別レポート1:子供の視力低下予防法(PDF)
・特別レポート2:近視になってしまう常識のウソ(PDF)
・付属トレーニングシートA(PDF)
・付属トレーニングシートB(PDF)
・付属トレーニングシートC(PDF)

 

※PDFとは電子ファイルになります。

 

専用のソフトをパソコンにインストールすることで、
パソコン上で電子ファイルを閲覧できます。

 

尚、ソフトは無料でインストールできます。

 

PDFのインストールはコチラ

 

サポート体制の内容

 

教材を購入した後に
毎日フォローメールが送られてきます。

 

 

トレーニングのやり方や
モチベーション維持の方法、
効果が出にくい原因、体験者の声、
よくある質問などのメールが届きます。

 

購入者が途中で諦めたりしないよう
しっかりとサポートしてくれます。

 

この他に3ヶ月間の
無料メールサポートがついています。

 

田中さんご本人が責任を持って
質問や疑問に回答してくれます。

 

期間内なら回数無制限で
質問や疑問に回答してもらえます。

 

そのため、安心して
トレーニングを行うことができます。

 

アイ・トレーニングのメリットとは?

 

3ヶ月間のサポート体制ある。

 

180日以内の返金保証ある。

 

視力回復の実績が多数ある。

 

科学的トレーニングプログラムである。

 

幼稚園の子供でもできる
紐とビーズを使った簡単なトレーニング。

 

短時間なので生活に影響が出ない。

 

一流のプロスポーツ選手たちも実践している。

 

実店舗に行けば入会金なしの会員扱いで指導を受けれる。

 

飽きやすい人でも毎日続けられる工夫がある。

 

アイ・トレーニングのデメリットとは?

 

近視の進み具合によって効果に個人差がある。

 

教材代を高く感じる人がいる。

 

インターネット販売なので、
事前に中身を確認できない。

 

弱視や斜視には効果がない。

 

眼鏡やコンタクトを使用している場合は、
返金保証の対象外になる。

 

レーシック手術のような即効性がない。

 

眼科で処方された目薬を使うと、
効果が出なくなる。

 

コツコツと毎日トレーニングをしないと、
効果が出ない。

 

アイ・トレーニングに向いている人

 

学校の視力検査で視力が落ちた人。

 

眼科で仮性近視と診断された人。

 

眼科でミドリンなどの目薬を使っている人。

 

ワックなどの視力回復機器を使っても効果がなかった人。

 

ピンホールメガネを使っても効果がなかった人。

 

視力回復センターに通っても効果がなかった人。

 

お子さんに眼鏡やコンタクトを使わせたくない親御さん。

 

お子さんの視力が悪くなってしまい回復したい親御さん。

 

色々な視力回復法を試しても効果がなかった人。

 

未成年者などでレーシック手術ができない人。

 

アイ・トレーニングに向いていない人

 

トレーニングを毎日する自信がない人。

 

トレーニングが面倒だと思っている人。

 

レーシック手術を受けようとしている人。

 

お金を出して視力を回復したいと思わない人。

 

アイ・トレーニングのよくある質問

 

Q.近視は遺伝なので治せないのでは?

 

遺伝性の近視は
全体の5%未満だと言われています。

 

つまり、95%は後天的要因により
視力が落ちています。

 

もともと視力が1.0あって生活環境などで
視力が0.6まで下がったとしたら、
トレーニングをすることで
1.0以上回復する可能性があります。

 

少し視力が下がってもすぐに眼鏡や
コンタクトレンズに頼らないことが大切です。

 

視力が下がったことがわかれば、
早いうちに視力回復を行わないと、
近視が進行して真正近視に移行します。

 

そうなれば、完全回復は難しくなります。

 

子供の仮性近視は早めの対策で
回復できる可能性が高いです。

 

もしお子さんが目を細めるなどの
仕草を見せていたなら、
手遅れになる前に
アイトレーニングを試して下さい。

 

Q.本当に視力が回復するのでしょうか?

 

 

視力が低下してからの経過時間や
近視の度合いによって個人差があります。

 

そのため、教材を購入前に
どの程度視力が回復するかを
調べる方法をメールで教えてもらえます。

 

田中さんが視力表と可能性の判断方法を
教えてくれます。

 

無料視力回復可能性診断申し込みフォーム

 

上記のメールフォームに名前と
メールアドレスを登録すると、
田中さんから連絡があります。

 

購入前にどの程度視力が
良くなる可能性があるのかわかります。

 

Q.本当に大人にも効果はあるのでしょうか?

 

A.

 

アイトレーニングの販売ページを見ると、
子供の体験談が多いので
大人にも効果があるのか
疑問に思われる方もいるでしょう。

 

アイトレーニングは
多くのプロスポーツ選手も実践している
科学的トレーニングプログラムになります。

 

視力を回復させたり、
両眼視を鍛えるための
トレーニングになります。

 

子供だけでなく近視が進んだ大人も
トレーニングを続けることで、
視力が回復する効果があります。

 

そのため、親子で視力が悪い場合も
トレーニングを一緒にすることで、
視力を回復することができます。

 

レーシック手術のように
合併症や後遺症はないので、
安心してトレーニングを行って下さい。

 

Q.本当に効果が無かった場合は、
返金してもらえるのでしょうか?

 

 

効果には個人差があるため、
教材には返金保証が付いています。

 

指示通りにトレーニングしても
全く良くならなかった場合、
180日以内なら購入代金を返金してもらえます。

 

トレーニングを開始してから、
0.1も上がらなかった場合が対象になります。

 

教材代は15,800円(税込)ですが、
振込み手数料、事務手数料等の必要経費は
自己負担になります。

 

そのため、返金額は、
12,000円になります。

 

返金額は10営業日以内に
ご指定の口座に振り込まれます。

 

返金を希望する場合は特典で付いている
以下のトレーニングチェック表の
2ヶ月分の提出が必要です。

 

 

田中さんはすでに数百件以上販売されていますが、
その中で返金要求はたった2名だけでした。

 

もちろん、返金にはしっかり対応されています。

 

ただし、トレーニング後に視力が良くなり、
その後、目を酷使して再び視力が下がった場合は、
返金保証の対象外となります。

 

また、すでに眼鏡や
コンタクトを使用されている方は、
視力が上がっても眼鏡やコンタクトの
度数に合わせて視力が戻るため、
返金保証の対象外となります。

 

田中さんはお店を構えて
視力回復業を10年以上も営んでいます。

 

もし、詐欺的な商品を売って
返金にも応じてもらえないなら、
すぐに悪い噂が広がって
お店の営業にも影響が出てしまいます。

 

そのため、効果が無かった場合に
購入代金を返金してもらえないということは、
考えにくいと言えるでしょう。

 

Q,どれぐらいでトレーニングの効果が出ますか?

 

A.

 

近視の状態は人によって違います。

 

よって、効果が出るまでには、
個人差があります。

 

一概には言えませんが、
田中さんによれば2ヶ月間は
続ける必要があります。

 

毎日、2ヶ月間トレーニングを行うことで、
視力を回復することが可能です。

 

近視の進行度が弱い場合は、
早やければ訓練開始から数週間程度で、
効果が出ることもあります。

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法