レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術後でも白内障の手術はできるの?

 

白内障は老眼と同じく老化現象の一つのため、
年を取るとほとんどの人が発症します。

 

 

仮にレーシック手術を受けても、
白内障になってしまいます。

 

白内障は加齢により水晶体が白く濁り、
視力が低下する病気です。

 

 

水晶体の濁りが酷くなると、
視界がかなり悪くなるため、
生活に支障が出ることもあります。

 

生活に支障が出るほど見えづらくなると、
手術を行う必要があります。

 

レーシック手術を受けると、
白内障になった時に手術が出来ないと
勘違いされている方も多いようです。

 

レーシック手術を受けた後でも
白内障の手術はできます。

 

レーシック手術はエキシマレーザーを照射し、
角膜の一部を削ることで屈折率を変えて、
視力を回復する治療法になります。

 

 

白内障の手術は
白く濁ってしまった水晶体を取り出し、
人口の眼内レンズを入れる治療法になります。

 

 

眼内レンズはシリコンや
アクリルなどで出来ているため、
アレルギーが出ることは
少ないと言われています。

 

一度、眼内レンズを入れると、
半永久的に使用できます。

 

眼内レンズには、単焦点レンズと
多焦点レンズの2種類があります。

 

多焦点レンズは近視や遠視、
乱視の矯正もできます。

 

レーシック手術後と
同じ見え方にこだわる人は、
「レンティス」という種類の
レンズを希望しましょう。

 

通常のレンズは、0.5D刻みの
度数設定になっています。

 

ですが、「レンティス」は0.01D刻みの
度数設定になっています。

 

そのため、術後の見え方の質が上がります。

 

レーシックと白内障では
手術を行う場所が違うため、
レーシック手術後でも
白内障の手術は可能です。

 

白内障の手術はレーシック手術と同様に、
日帰りが可能な手術になります。

 

また、手術時間も約10分ほどで終わるため、
患者の負担も少ない手術です。

 

そして、白内障の手術はレーシック手術と違い
保険や先進医療の適用が可能です。

 

そのため、患者の金銭的な負担も軽くなります。

 

ただし、多焦点レンズを希望する場合は、
保険適用外になります。

 

白内障の手術は滅菌消毒体制が整ている
眼科で手術を行なえば安全性も高く、
失敗する可能性は極めて低いです。

 

過去にもレーシックをした人が、
白内障の手術を行っています。

 

ただし、レーシック手術を受けた人が、
白内障の手術をする場合は、
必ず医師にレーシックしたことを
伝える必要があります。

 

白内障の手術に使われる眼内レンズは、
度数があります。

 

この度数は患者本人の角膜屈折力や角膜径、
前房深度、眼軸長、前房深度などから
計算して算出します。

 

眼内レンズを作る際には、
正確に測定した数値が必要になります。

 

ですが、レーシック手術により
角膜の表面が削られると、
眼内レンズ度数の計算が
難しいと言われています。

 

レーシック手術を行うと、
角膜前面の形状が変化するため、
角膜屈折力や前房深度が
正確に測定できなくなります。

 

眼内レンズ度数の計算式は、
レーシック手術を受けることを
考慮して作られていません。

 

そのため、一般的な計算式を使うと、
誤差が出でしまいます。

 

眼内レンズ度数の計算式には、
SRK式、SRKII式、SRKT式、
Hollady式、Kora式等があります。

 

最近は、レーシック患者用の
眼内レンズ度数の計算式が作られています。

 

この計算式を使うことで、
誤差は小さくなりましたが、
誤差が100%無くなるわけではありません。

 

誤差が出ると自分に合った度数の
眼内レンズを作ることは出来ません。

 

眼内レンズの度数が合わなかった場合、
術後に目標視力が出ず、
見え方の質も低下します。

 

誤差が大きいと強度の近視や遠視が出たり、
吐き気や頭痛といった症状が出ることもあります。

 

レーシック手術を受ける前のデータがあれば、
より精度の高い計算ができます。

 

ですから、レーシック手術後は、
手術前後の目のデータを入手しておきましょう。

 

一般的に病院でデータを発行してもらうと、
発行手数料がかかります。

 

手数料は病院によっても違うため、
自分がレーシック手術を受けた病院で確認しましょう。

 

大抵の場合は、法定保管期間の5年が過ぎると、
カルテは廃棄処分されていまします。

 

そのため、なるべく早く
データを取り寄せましょう。

 

また、多焦点レンズを希望する場合は、
誤差が生じやすいため注意しましょう。

 

誤差が出た場合は、レーシック手術により、
追加矯正すれば修正が可能です。

 

ただし、十分な角膜厚が
残っている必要があります。

 

レーシック手術後に白内障の手術をする際は、
通常の眼と同じような精度になりません。

 

そのため、術後の精度にこだわる場合は、
レーシック手術ではなく、角膜を削らない
フェイキックIOL」や「ICL」で、
視力回復するといいでしょう。

 

これらの術式は白内障の手術を
視力矯正に応用したものになります。

 

角膜を削らずに眼の中に眼内レンズを入れて、
視力を矯正します。

 

手術時間は10分程度で終わるため、
日帰りが可能です。

 

ただし、レーシック手術に比べて、
手術費用が高額になります。

 

使用する眼内レンズの種類や術式、
病院によっても違いますが、
両目で50万〜100万円ほどします。

 

保険も適応外のため、
誰でも気軽に受けれる手術ではありません。

 

レーシック手術をした人が
白内障手術をする場合は、
通常よりも難しくなります。

 

そのため、レーシック手術後に
白内障手術をする場合は、
レーシック手術を行った病院で
行うようにしましょう。

 

もしくは、レーシック手術後の
白内障手術の経験豊富な医師を選びましょう。

 

白内障手術の病院を選ぶ際は、
日本眼科学会が監修している
眼のいい病院」を参考にするといいでしょう。

 

 


このページのトップへ戻る