レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術は痛いの?

 

レーシック手術は痛いのかどうか、
不安に思っている方も多いと思います。

 

痛みに弱い方は、
レーシック手術をしたくないと、
思われているかもしれませんね。

 

レーシック手術は、
角膜をレーザーで削るわけですから、
当然痛みはあります。

 

ですが、手術における痛みには、
2種類あります。

 

手術中の痛みと手術後の痛みです。

 

まず、レーシック手術中の痛みについてです。

 

レーシックの手術前には眼に麻酔を使います。

 

この麻酔は、注射針を刺すタイプの麻酔ではなく、
点眼形式の麻酔になっています。

 

目薬をする感じで、数分後に麻酔がかかります。

 

そのため、注射麻酔と違って、
麻酔時は痛みなどは全くありません。

 

手術中は、眼に麻酔の効果があるので、
レーザーが入っても痛みはありません。

 

次に、レーシック手術後の痛みについてです。

 

麻酔の効果は約1時間ほどなので、
手術後休憩している間に切れてしまいます。

 

麻酔が切れるとヒリヒリしたり、
しみる感じなど多少の痛みが生じます。

 

また、術後すぐは眼に違和感があったり、
小さなゴミが入ってゴロゴロするなど、
それに近いような感覚があります。

 

中には寝るまで異物感のような痛みが続いたり、
眼がシパシパしてうまく焦点が合わなかったり、
まぶしく感じるなどの症例があります。

 

ですが、そういった症状も
数日でなくなっていきますので、
そう大きな心配をする必要はありません。

 

稀に涙が止まらないといった
症状が出ることもありますが、
術後はフラップが不安定なので、
目を触らないようにしましょう。

 

また、もし、しばらく
眼が少し痛い状態が続いた場合でも、
それを軽減する目薬もあります。

 

もちろん、レーシック手術の痛みについては
個人差がありますので、
痛みの感じ方も人それぞれです。

 

稀に強い痛みを感じる人もいるそうですが、
翌日や翌々日には痛みも治まって、
日常生活に支障は出ません。

 

そのため、レーシック手術の痛みに関しては、
それほど恐れることはないでしょう。

 

ちなみに、レーシック手術には、
角膜をカンナで削る機器と
レーザー照射で削る機器があります。

 

レーザー照射で削る方が切り口が滑らかなため、
痛みが少なくなっています。

 

また、最新の機器では角膜のダメージを抑えるために、
レーザー照射のエネルギーが小さいものがあります。

 

ラゼックやエピレーシックなどの場合は、
回復に少し時間がかかると言われています。

 

万が一、目の奥に痛みを感じたり、
角膜表面に激痛がした場合は、
すぐにクリニックに相談しましょう。

 

 


このページのトップへ戻る