レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術後は、結膜炎になりやすいの?

 

結膜はまぶたの裏側と、
白目部分を覆っている薄い粘膜です。

 

結膜には眼球の表面を保護し、
目を動きやすくする機能があります。

 

 

結膜炎とは、何らかの原因で
結膜部分が炎症を起こして
目が充血する病気です。

 

結膜炎になると目が充血する以外に、
目ヤニが多く出たり、
目に異物感や違和感があったり、
強い痒みがあったり、まぶたが腫れたり
といったような症状が出ます。

 

 

結膜炎は人に移ることもあります。

 

また、視力が低下したり、
後遺症が残ることもあるため、
必ず眼科を受診しましょう。

 

結膜炎になる原因は、
いくつか考えられます。

 

細菌やウイルスの感染

 

結膜は外部にさらされるため、
まぶたを開いた状態だと、
細菌やウイルスが入りやすくなります。

 

また、結膜は袋のような構造になっていて、
異物が溜まりやすく菌の繁殖に適しています。

 

風邪を引いて抵抗力が弱くなっている時や
目に傷などがあると感染しやすくなります。

 

ウイルス性の結膜炎の場合は、
感染力が強いため、人に移ることがあります。

 

ウイルスは気温が高くなると活発になるため、
温かい季節に流行しやすくなります。

 

アレルギー

 

アレルギーによる結膜炎を
アレルギー性結膜炎と言います。

 

結膜に花粉やカビ、ダニ、ハウスダスト、
塵、フケ、ペットの毛などが入ると
免疫機能が敏感に反応して、
アレルギー症状が出ることがあります。

 

アレルギー体質の人やアトピーは、
アレルギー性結膜炎を発症する可能性があります。

 

また、コンタクトレンズの装用で、
アレルギー性結膜炎になることがあります。

 

はやり目

 

はやり目は流行性角結膜炎とも呼ばれています。

 

主な原因は、アデノウイルス8型になります。

 

アデノウイルス8型に感染すると、
風邪を引きます。

 

そのため、風邪を引いた時は、
はやり目になることがあります。

 

また、大人よりも子供に発症することが、
多いと言われています。

 

はやり目には潜伏期間があり、
症状が出るまで1〜2週間程度かかります。

 

はやり目になると角膜に炎症が起こり、
視界が霞むこともあります。

 

はやり目は人に伝染するため、
医師の許可が出るまで外出できません。

 

また、伝染力がとても強いので、
症状が完全に治まるまで、
眼科を受診する必要があります。

 

プール熱

 

プール熱は、咽頭結膜炎とも言われています。

 

プール熱の原因は、
アデノウィルス3型の感染になります。

 

プールに入ることで感染することが多い病気です。

 

プール熱になると結膜炎以外に喉が腫れたり、
熱が出ることもあります。

 

クラミジア

 

クラミジアの感染による結膜炎を
クラミジア結膜炎と言います。

 

クラミジアに感染した人の
膣の分泌物のついた手で
目を触ると結膜に細菌感染します。

 

また、クラミジア感染者の女性が出産する際に、
産道にいるクラミジアが赤ちゃんの
結膜に感染すると発症します。

 

クラミジア結膜炎は悪化すると、
角膜まで症状が進行します。

 

その結果、視力に影響が
出る可能性もあります。

 

このように結膜炎には、
様々な原因があります。

 

また、レーシック手術後に、
結膜炎にかかりやすくなると、
思っている人もいるようです。

 

確かに、レーシック手術後は、
結膜炎などの感染症にかかりやすくなります。

 

レーシック手術でフラップを作成する時に、
レーザーで角膜を切開します。

 

術後はこの切開した切り口が、
接着するまでの間、切り口から細菌などが
感染しやすい状態になっています。

 

そのため、フラップが固定するまでは、
点眼薬などで感染症を予防します。

 

その後、フラップが固定されれば、
レーシック手術により、
結膜炎に感染することはありません。

 

ただし、患者本人が術後のアフターケアを怠ると、
結膜炎などの感染症にかかることもあります。

 

また、過去に東京都内で行われたレーシック手術後に、
67名の方が結膜炎や角膜炎に感染した事件がありました。

 

これは、レーシック手術を行った病院に
問題があったためです。

 

衛生管理を怠ったため
手術中に細菌が目の中に入り、
術後に感染症を発症したのです。

 

このようなレーシックの
感染症事件は非常に稀ですが、
レーシック手術を受ける場合は
病院の衛生管理を確認しましょう。

 

 


このページのトップへ戻る