レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術後に傷跡は残らないの?

 

一般的なレーシック手術では、
マイクロケラトームやレーザーで角膜を削り、
フラップと呼ばれる蓋状の物を作成します。

 

この時に角膜に傷跡ができます。

 

ただし、レーザーで切除した傷跡は、
数ミクロンという小さい物なので、
肉眼で見えるようなことはありません。

 

切除した部分を手術用の糸で、
縫ったりはしません。

 

そのため、瞳に傷跡が見えたり、
レーシック手術をしたことが、
人に気づかれるようなことはありません。

 

【レーシック手術前の目】

 

【レーシック手術翌日の目】

 

エキシマレーザーで
フラップの下にある角膜を削り、
屈折矯正した後はフラップを被せて、
角膜を保護します。

 

術後は切除部分が自然に再生して、
1週間ほどでフラップが癒着し固定されます。

 

3ヶ月を過ぎる頃には、
ほぼ完全に傷口が治ります。

 

そのため、目を擦っても
フラップがズレることはありません。

 

どうしても、傷跡ができるのに抵抗がある人は、
フラップを作らない手術もあります。

 

レーシック手術の中には、
フラップを作成しない
フラップレスの術式もあります。

 

フラップレスの場合は、
角膜の薄い人でも手術が出来ます。

 

フラップを作らないため、
術後にフラップによるトラブルが
起こることはありません。

 

また、角膜の強度を保つことが出来ます。

 

そのため、通常のレーシックより衝撃強く、
激しいスポーツをする人に向いています。

 

ただし、保護用のコンタクトレンズを取ると、
異物感を感じたり、痛みが出ることがあります。

 

また、通常のレーシックに比べて、
視力が安定するまで時間がかかります。

 

個人差はありますが、
3日から1週間程度かかります。

 

 


このページのトップへ戻る