レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術後にアイボンは使えるの?

 

アイボンは小林製薬から販売されている
眼を洗浄するための薬です。

 

 

アイボンは第3医薬品に分類されます。

 

アイボンは目にゴミや花粉が入った時や
目が痒くなった時、目が乾燥した時、
目が疲れた時などに使います。

 

また、アイボンには抗菌作用があるため、
眼の病気を予防する効果もあります。

 

アイボンは用途別や効能別に
数種類のタイプが販売されています。

 

アイボン コンタクトを付けている人向け
アイボンクール 清涼感と爽快感を感じたい人向け
アイボンうるおいケア しっとり感が続くタイプ
アイボンマイルド 瞳にしみないタイプ
アイボンWビタミン 目に入ったアイメイクの洗浄をしたい人向け
アイボンAL 花粉症の人向け
アイボンメディカル 1日疲れた目を回復したい人向け
アイボンうるおいケア 目の乾燥が気になる人向け

 

アイボンは目的別に使用することが出来ます。

 

アイボンには使用期限があります。

 

使用期限を過ぎると、
雑菌が繁殖する恐れがあるため、
必ず使用期限を守りましょう。

 

開封後は雑菌が入りやすいので、
なるべく早く使い切りましょう。

 

保存状態にもよりますが、
1〜2ヶ月を目安に使い切りましょう。

 

もし、雑菌が入った状態で使用すると、
眼の病気になる可能性があるため危険です。

 

また、使用時に使うカップも清潔にしないと、
洗浄液に菌が繁殖する可能性があります。

 

そのため、使用前と使用後に
カップを綺麗に洗いましょう。

 

特に家族と一緒に住んでいる人は、
家族間でアイボンを共有しないようにしましょう。

 

アイボンを使いまわすことで、
誰かの菌が移る可能性があります。

 

そして、片目を洗浄した後は、
一度カップを洗ってから、
もう片方の目を洗浄しましょう。

 

同じ洗浄液で洗うと、
目に雑菌が入る可能性があります。

 

また、アイボンの使い過ぎは危険です。

 

アイボンの使い過ぎで目を痛めた人もいます。

 

アイボンには使用限度があるため、
正しく使いましょう。

 

アイボンの1日の使用回数は、
3〜6回です。

 

もし、アイボンを使用後に目が充血したり、
痒みが出たり、眼球が腫れたりした場合は、
使用を中止しすぐに眼科を受診しましょう。

 

レーシック手術前からアイボンで
目を洗浄している人もいると思います。

 

レーシック手術後にアイボンを使う場合は、
1ヶ月以上経ってからにしましょう。

 

アイボンは全品防腐剤フリーですが、
似たような目の洗浄液を使う場合も
防腐剤フリーの物を選びましょう。

 

アイボンを使用する際は、
必ず医師の許可を得てからにしましょう。

 

眼科医によっては角膜に傷をつける可能性があるため、
アイボンの使用を禁止することもあります。

 

また、涙液も一緒に流してしまうため、
ドライアイになる可能性もあると言われています。

 

レーシック手術後は角膜の神経が回復するまで、
ドライアイになりやすくなります。

 

アイボンを使用することで、
ドライアイの症状が酷くなるかも知れません。

 

そして、アイボンを使うことで、
目の周りの雑菌も一緒に目に入る
可能性があります。

 

そのため、アイボンなど洗浄液は
なるべく使用しない方がいいでしょう。

 

術後は病院から処方される薬を使いましょう。

 

 


このページのトップへ戻る