レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術はいつ受ければいいの?

 

レーシック手術を受ける場合、
適切な時期やタイミングがあります。

 

仕事や日常生活で支障が出ないためにも、
レーシック手術をする前に確認しておきましょう。

 

年齢について

 

レーシック手術は18歳未満の方は、
成長期ということで受けることが出来ません。

 

また、老眼が始まっている人や
60才以上ですでに老眼になっている人は、
レーシック手術が出来ません。

 

レーシック手術で近視は矯正できるのですが、
老眼は矯正できないためにそうなっているのです。

 

現在、近視が進んでいる人について

 

すでに近視が進んでいる場合は、
進行が止まってからレーシック手術を
受けた方がいいでしょう。

 

というのもレーシック手術では、
近視の進行を止めることが出来ないためです。

 

そのため、近視が進んでいる状態で
レーシック手術をすると、
しばらくしてまた物が見えにくくなります。

 

10代や20代の方は近視が進みやすいため、
30代まで待った方がいいでしょう。

 

一般的にはレーシックに適した年齢は、
30歳からと言われています。

 

これは、近視の進行が
25歳前後まであるためです。

 

もちろん、近視の進み具合には、
個人差がありますので、
最終的には眼科で検診するといいでしょう。

 

また、最近メガネや
コンタクトレンズの度数を変えた人は、
視力が安定するまで待った方がいいでしょう。

 

レーシック手術後の視力回復について

 

レーシックをすれば術後すぐに視力が上がると、
勘違いされている方も多いようです。

 

術後すぐは視界が白くぼんやりとしています。

 

大抵の場合は、手術の翌日から視力が回復していき、
裸眼で生活できるようになります。

 

ですが、視力が安定するまで時間がかかります。

 

個人差はありますが、
完全に視力が安定するまでには、
3〜6ヶ月ほどかかると言われています。

 

後遺症や合併症のことを考えると、
1年間は不安定だと思っておきましょう。

 

レーシック手術後の仕事について

 

術後すぐは角膜が不安定な状態です。

 

そのため、視力が回復したからと言って油断していると、
視力に異変を感じたり、フラップがずれたり、
感染症を引き起こす可能性もあります。

 

術後の翌日の検診後に仕事はできますが、
目を酷使するような仕事は避けましょう。

 

また、目を掻いたりこすったり出来ないため、
ほこりや粉塵が舞っている職場や
汗を大量にかくような仕事の場合は、
1週間程度は休んだ方がいいでしょう。

 

術後は一時的に
夜間に見えにくくなることがあるので、
車の運転は控えるようにしましょう。

 

また、ハードに体を動かすような仕事をしている人は、
術後検診で医師の許可が出るまで待ちましょう。

 

仕事でメイクをする場合も注意が必要です。

 

目の周り以外のメイクは術後の翌日から可能ですが、
アイメイクは術後1週間は控えた方がいいでしょう。

 

また、仕事の付き合いや接待で、
飲みに行く人もいるでしょう。

 

ですが、術後1週間ぐらいまでは、
飲酒や喫煙を控えましょう。

 

仕事でコンタクトレンズを使ってる人も
注意が必要です。

 

レーシックの適性検査を受ける前には、
角膜を戻すために2〜3週間程度、
コンタクトレンズの使用が禁止されます。

 

また、術後1週間程度は外出時に
保護用ゴーグルやメガネの使用が推奨されています。

 

このようにレーシック手術を受ける前や後は、
仕事にも影響が出るため、
予め仕事の予定を調整しておきましょう。

 

レーシック手術と季節について

 

次に季節性ですが、目に影響がある季節は、
避けるほうが無難です。

 

例えば花粉症の方は花粉が多く飛ぶ春先や、
汗が目にしみる夏場は避けるようにしましょう。

 

レーシックの術後は絶対に目を掻いたり、
こすったりしてはいけません。

 

レーシックの術後に
目に汗やほこりなどが入って、
目をこするとフラップがずれたり、
目に細菌が入って感染症になることもあります。

 

そうなると、再手術が必要になる
可能性もあります。

 

フラップが安定する術後1ヶ月までは、
目を掻いたり、こすったりしないようにしましょう。

 

特に夏場は暑いので毎日シャワーや
お風呂に入られる方が多いと思います。

 

入浴は翌日の検診後から可能ですが、
術後1週間は目に水やお湯が
入らないようにしましょう。

 

また、プールや海水浴に行く場合は、
施術後1ヶ月が経過してからにしましょう。

 

ちなみに、温泉やサウナも
施術後1ヶ月が経過してからにしましょう。

 

秋や冬はレーシック手術に適していますが、
乾燥する季節のため注意が必要です。

 

術後は乾燥や刺激から目を守るために、
保護用メガネを装着しましょう。

 

レーシック手術後のスポーツについて

 

レーシック手術後1週間ほどすれば、
ジョギングやゴルフなどの軽い運動は可能です。

 

ですが、趣味で草野球やフットサルなどの
激しいスポーツをされている方は、
術後1ヶ月程度は避けましょう。

 

散髪について

 

髪が気になる場合は、
レーシック手術の前に
美容院や床屋さんに行きましょう。

 

レーシック手術後だと散髪時の髪の毛や
パーマ液が目に入る可能性もあります。

 

そのため、レーシック手術の前に
髪をカットしておく方が無難です。

 

レーシック手術と二重瞼の手術について

 

レーシック手術で裸眼生活を手に入れた方の中には、
二重にしたいと思っている方も多いようです。

 

ちなみに、レーシック手術後に
自然と二重になったという方もおられるようです。

 

ですが、これは全くの偶然で、
レーシック手術をすることで、
二重まぶたになる効果は全くありません。

 

レーシック手術は角膜の手術のため、
まぶたには何もしません。

 

一重まぶたの人と二重まぶたの人の違いは、
まぶたの脂肪の量と眼輪筋(がんりんきん)の違いにあります。

 

一重まぶたの人は二重まぶたの人に比べて、
まぶたの脂肪量が少なく、眼輪筋が強い状態です。

 

眼輪筋とは、目を開けたり閉じたりするための、
目の周りの筋肉です。

 

眼輪筋が衰えると二重まぶたが奥二重になったり、
目元がたるんだり、くまができたり、
ドライアイになったりする原因にもなります。

 

逆に眼輪筋を鍛えることで、
一重だった人が二重になったケースもあります。

 

そのため、二重瞼の整形手術をすることなく、
二重まぶたになる方法として有名です。

 

眼輪筋の筋トレのやり方は、
以下の動画を参考にして下さい。

 

 

 

<レーシック手術前の二重瞼の手術について>

 

レーシック手術前の方が、
先に二重瞼の手術を受ける場合は、
二重瞼の手術後1ヶ月以上経過していないと、
レーシック手術を受けることが出来ません。

 

ちなみに、レーシックと
二重瞼の両方の手術を希望している場合、
先にレーシックをしてから、
二重瞼の手術をする方がいいでしょう。

 

レーシック手術中は、まぶたが閉じないように
開眼器という器具が装着されます。

 

この時に、二重にしている糸が切れたり、ズレたり、
二重の幅が変わったりすることが稀にあります。

 

そうすると、二重まぶたの
再手術が必要になります。

 

当然、術後に二重まぶたに異常があっても、
レーシック手術をした病院では、
何の保証もしてくれません。

 

また、二重まぶたの切開法をした後は、
まぶたがかなり腫れるために、
ダウンタイムが長くなります。

 

そのため、レ―シック手術後に
二重まぶたの手術をする方が望ましいと言えます。

 

もちろん、どちらの手術をする際にも
問診票には隠さずに記入しましょう。

 

<レーシック手術後の二重瞼の手術について>

 

レーシック手術後に埋没法や切開法などの
二重まぶたの手術を検討している方もおられるでしょう。

 

一般的には、レーシック手術後、
3〜6ヶ月ほど経過していれば、
二重まぶたや眼瞼下垂などの手術が、
可能だと言われています。

 

ただし、レーシック手術にはいくつか種類があって、
病院によって使っている機器も違っています。

 

また、レーシック手術後の
回復には個人差があります。

 

そのため、二重瞼などの
目の周りの手術を受けたい場合は、
美容整形外科ではなく、
レーシック手術をした病院に確認しましょう。

 

レーシック手術の費用について

 

肝心な費用について、
一番悩むところかもしれません。

 

ちょっと前までは50万円以上もしたのですが、
最近では10〜20万円ほどで
レーシック手術ができるようになりました。

 

それでも、自由診療のため健康保険が使えないので、
手術代はある程度かかります。

 

また、レーシックの種類やクリニックによっても、
費用に大きな違いがあります。

 

ちなみに、レーシック手術は、
片目だけでも可能です。

 

片目だけの場合だと、
両目の半額になることが多いようです。

 

これから技術の向上やクリニック間の競争もあって、
どんどん費用が安くなることが予想されます。

 

待てば待つほど費用が安くなる可能性もあります。

 

最近では、様々な割引制度や特典を設けている
クリニックも多くなってきました。

 

自分の予算を考えて、それ以下だったら
手術をするという考え方もあります。

 

メガネやコンタクトのいらない生活を
すぐにでもしたいと考えているなら、
今がまさにそのタイミングだと言えます。

 

また、最近ではレーシック手術が
医療保険の対象となるケースもあります。

 

そのため、医療保険に加入する際に
レーシック手術で手術給付金が出るのかを
確認しておくといいでしょう。

 

まとめ

 

レーシック手術自体は1年間通して
いつでも可能ですが、ご自身の仕事環境や
生活環境をよく考えて手術をする時期を決めましょう。

 

最終的には自分の考え方で、
レーシック手術をいつ受ければいいのか、
判断するようにしましょう。

 

その前に、まず無料の適応検査を受けて、
自分の目の状態を把握しておくといいでしょう。

 

 


このページのトップへ戻る