レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術当日にタバコを吸えますか?

 

愛煙家の人達はレーシック手術当日から、
タバコを吸いたいと思っている人もいるでしょう。

 

ですが、レーシック手術当日は、
タバコは吸わないようにしましょう。

 

ほとんどのクリニックで、
レーシック手術当日の喫煙は禁止されています。

 

 

クリニックによっても違いますが、
レーシック手術当日から3日程度は、
禁煙するように指導されます。

 

何故なら、タバコの煙が目に入ると、
フラップの傷口に刺激を与え、
傷口の治りが遅くなるからです。

 

また、タバコの煙が目に入ると沁みますし、
目を擦りたくなるでしょう。

 

術後はフラップが安定するまで、
絶対に目を擦ってはいけません。

 

もし、目を擦るとフラップが外れたり、
シワになったりする可能性もあります。

 

そうなれば、視力に影響が出ることもあります。

 

レーシック手術当日は麻酔が切れると、
目が痛くなることもあります。

 

そんな状態でタバコの煙が目に入ると、
さらに刺激となって痛みが増します。

 

また、タバコの煙が目に入ることで、
ドライアイの症状が出やすくなります。

 

特にレーシック手術後は
ドライアイになりやすいため、
さらに目が乾燥しやすくなります。

 

目が乾燥すると、
角膜に傷がつきやすくなります。

 

すると、傷口から細菌やウィルスが侵入して、
感染症を起こすこともあります。

 

仮に自分が禁煙していても、
他人のタバコの煙が
目に入ることも良くありません。

 

そのため、分煙されていない飲食店には、
行かないようにしましょう。

 

また、焼き肉店など煙が充満しているお店なども、
しばらくは行かないようにしましょう。

 

喫煙ルームのない会社に勤務されている場合は、
保護用のサングラスをかけるか、
1週間程度会社を休職した方がいいでしょう。

 

もし、クリニックの指導を無視して、
勝手にタバコを吸って目にトラブルが起こると、
術後の保障対象外になる可能性もあります。

 

そのため、絶対に医師の指示に従いましょう。

 

ちなみに、タバコを吸う人は吸わない人に比べて、
視力が落ちやすいと言われています。

 

アメリカのハーバード大学の研究によると、
1日25本以上毎日タバコを吸っている女性は、
視力が低下したという報告がされています。

 

また、タバコには、
失明のリスクもあると言われています。

 

喫煙者は非喫煙者に比べて、
2.4倍も失明になる確率が高くなるそうです。

 

そして、タバコの影響で
加齢性黄斑変性症になる危険性が高くなります。

 

喫煙者は非喫煙者に比べて、
3倍も高くなるそうです。

 

加齢性黄斑変性症とは、
網膜の中心にある黄斑という組織が、
老化により衰え視力が低下する病気です。

 

加齢性黄斑変性症は日本で失明原因の
第3位となっています。

 

何故、タバコを吸うと、
視力が落ちるのでしょうか?

 

タバコを吸うことで、
血流の流れが悪くなります。

 

すると目が酸素不足になり、
網膜の神経細胞が死んでしまいます。

 

また、タバコの煙には、
有害物質がたくさん含まれています。

 

タバコの煙に含まれる有害物質が、
目に必要なビタミンAやビタミンCを
壊してしまうのです。

 

さらにタバコの煙が角膜上皮細胞を傷つけて、
それが原因で視力低下を招きます。

 

タバコを吸うと近視や遠視になるのではなく、
弱視になります。

 

弱視になると見る力が衰えるため、
メガネやコンタクトでの矯正はできません。

 

また、タバコを吸う人は白内障の発生率が、
20%近く上がると言われています。

 

タバコを吸うことで、
ビタミンCが不足します。

 

すると、水晶体のビタミンCが不足して、
白内障を発生しやすくなります。

 

せっかくレーシック手術をして視力が良くなっても、
タバコの影響で視力が落ちたら意味ないですよね?

 

タバコは目だけでなく健康上も良くありません。

 

ですから、レーシック手術をきっかけに、
タバコを止めてはどうでしょうか?

 

ニコチン依存症の方は、
健康保険で禁煙治療を受けることができます。

 

ヘビースモーカーの方は、
禁煙外来に行かれてはどうでしょうか?

 

 


このページのトップへ戻る