レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術と生命保険

 

レーシック手術は保険適応外のため、
手術費用が全額自己負担になるので
高額になります。

 

そこで、生命保険を利用して
少しでも手術費用の負担を
軽くしたいと考える人もいるでしょう。

 

レーシック手術は生命保険の医療特約などで
給付金の支給が受けられる場合があります。

 

実際の例としては5万円から10万円位の
手術給付金が支払われるようです。

 

支給される金額は、「入院日額×10」
になっていることが多いようです。

 

仮に入院日額5,000円であれば、
5,000円×10=5万円が支払われます。

 

仮に入院日額10,000円であれば、
10,000円×10=10万が支払われます。

 

また、片目だけの手術の場合にも
給付対象になります。

 

生命保険に加入している人は、
加入している保険内容について
問い合わせをしてみるといいでしょう。

 

確認する内容としては、
主に以下の項目です。

 

「レーシック手術が給付金の対象となっているか?」

 

「実際に支払われる金額はいくらか?」

 

「請求方法や手術給付金を受け取る方法は?」

 

もし、手術給付金の対象になっている場合は、
医療機関で診断書を作成してもらう必要があります。

 

診断書の作成には、
別途数千円〜数万円程度の
費用がかかります。

 

ちなみに、大手クリニックの
診断書作成費用は以下の通りです。

 

品川近視クリニック:9,000円

 

神戸神奈川アイクリニック:5,000円

 

新宿近視クリニック:10,000円

 

作成してもらった診断書と請求書を
加入している保険会社に送付します。

 

すると1ヶ月ほどしてから、
手術給付金が支払われます。

 

ただし、生命保険に加入していれば、
必ずしもレーシック手術に対して
手術給付金が支払われるわけではありません。

 

最近ではどの保険会社の生命保険も
レーシック手術は給付対象外になっています。

 

過去に生命保険を利用して
レーシック手術をする人が増えたため、
各保険会社が約款を改定しました。

 

また、過去に給付金目当てで
生命保険に加入する人も
増えたと言われています。

 

古い生命保険に加入されている人は、
給付の対象になっている可能性があります。

 

過去にレーシック手術で給付金が受け取れた
生命保険を紹介します。

 

【手術給付金実績のある生命保険会社】

 

日本生命、朝日生命、三井生命

 

アクサ生命(旧:ウインタートウル・スイス生命)

 

明治安田生命、住友生命、第一生命、JA共済

 

アメリカンファミリー(アフラック)

 

メットライフ生命(旧:アメリカンライフインシュアランス)

 

太陽生命(旧:太陽生命保険相互会社)

 

大同生命(旧:大同生命保険相互会社)

 

ジブラルタ生命(旧:AIGエジソン生命、AIGスター生命)

 

ソニー生命(旧:ソニー・プルコ生命)、ソニー損害

 

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(旧:損保ジャパンひまわり生命)

 

三井住友海上あいおい生命(旧:三井住友海上きらめき生命、あいおい生命)

 

東京海上日動あんしん生命(旧:東京海上あんしん生命)

 

AIG富士生命保険株式会社(旧:富国生命)

 

プルデンシャル生命、エキスパートアライアンス

 

SBI生命(旧:ピーシーエー生命)

 

ちなみに、新規に生命保険の加入をしても
ある一定期間は手術給付金の対象外になっています。

 

各保険会社によっても違いますが、
多くは手術後2年以上経過している必要があります。

 

そのため、もし生命保険に加入される場合は、
保険の対象期間を確認しておきましょう。

 

また、すでにレーシック手術をした人は、
生命保険に加入できないこともあります。

 

生命保険を契約する際には、
告知義務があります。

 

健康状態や過去の病歴、手術歴などを
保険会社に告知しないといけません。

 

レーシック手術は医療行為になるため、
告知事項に該当します。

 

各保険会社によっても違いますが、
手術後3〜5年以内は告知する必要があります。

 

また、住宅ローンを組む時に加入する
団体信用保険にも告知義務があります。

 

そのため、レーシック手術を検討している人は、
保険の加入に影響がないかを確認しておきましょう。

 

 


このページのトップへ戻る