レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術と医療保険

 

レーシック手術の費用は自由診療となるため、
高額になります。

 

そこで、医療保険に加入されている方は、
手術給付金が出るのか気になるところでしょう。

 

過去にはレーシック手術が
医療保険の対象になる場合もありました。

 

ですが、今は医療保険の対象外になっています。

 

理由は、過去にレーシック手術の
手術給付金を目的に医療保険に加入する人が
増えたためと言われています。

 

そして、中には手術後に契約を解約する人が、
多くなったために2007年4月に
各保険会社が契約内容を改定しました。

 

ですから、現在はレーシック手術が
医療保険の保障対象外になっていることがほとんどです。

 

仮に今でも保障対象になっている場合は、
保険料が高額になっている可能性があるので、
加入されない方が賢明です。

 

もし、医療保険の契約日が
2007年4月1日以前の場合は、
契約内容により手術給付金の
支払い対象となる可能性があります。

 

また、2010年より前に
加入している医療保険だと、
支払い対象となる可能性があります。

 

自分が加入している医療保険に
感覚器又は視器の手術に関する特約』という
特約を付帯している場合は
給付対象になることもあります。

 

また、過去にJA共済の
医療保険に加入されている方は、
手術共済金の対象になることもあります。

 

ただし、新しい医療保険では
公的医療保険制度の対象外のため、
手術共済金は支払われません。

 

手術給付金の金額は
各保険会社によっても違いますが、
約3万円〜10万円程度だと言われています。

 

保険会社に確認される場合は
以下のいずれかの手術名でお問い合わせ下さい。

 

「レーザー近視矯正術」

 

「レーシック手術(LASIK)」

 

「エキシマレーザー角膜屈折矯正術」

 

手術給付金を申請する場合は、
診断書が必要になります。

 

診断書の作成には、
数千円程度の費用がかかります。

 

病院によって作成費用は違うので、
自分が手術した病院で確認しましょう。

 

診断書と保険会社の申請書を提出すると、
後日指定の口座に手術給付金が振り込まれます。

 

手術給付金の申請に時効はありません。

 

そのため、医療保険に加入されていて
過去にレーシック手術を受けた人は、
保険会社に確認してみましょう。

 

レーシック手術をした病院で
診断書を作成してもらえば、
手術給付金を受け取ることが可能です。

 

また、先進医療特約が付いている
医療保険に加入していても
レーシックはほとんど支払対象外になっています。

 

先進医療とは、厚生労働省が
認めている医療制度になります。

 

例えば白内障の水晶体再建術は、
先進医療に指定されています。

 

【レーシック手術における手術給付金の支払い対象表】

 

アクサ生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「医療保険プライム60」
「医療保険プライム120」
「医療保険プライム120ゴールド」
アクサダイレクト生命 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
定期医療
日本生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
総合医療保険
アフラック(アメリカンファミリー生命)の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「EVER(エバー)」
「レディースEVER(エバー)」
「やさしいEVER(エバー)」
チューリッヒ生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「終身医療保険プレミアムDX」
「終身医療保険プレミアムDX Lady」
メットライフ生命(旧アリコジャパン)の医療保険 支払い対象

<支払い対象の医療保険>
「終身医療保険 フレキシィ」

※2007年4月2日以前の契約の場合は、
手術給付金の支払対象となる可能性があります。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険 (旧:損保ジャパンひまわり生命)
(旧:NKSJひまわり生命)

2007年4月1日以前:支払い対象
2007年4月1日以降:支払い対象外

(旧:日本興亜生命の医療保険「ホッとメディカル」)

2007年4月1日以前:支払い対象外
2007年4月1日以降:支払い対象外

(旧:日本興亜生命の医療保険「ホッとメディカル」以外)

2007年4月1日以前:支払い対象
2007年4月1日以降:支払い対象

※自動更新後に送られてくる
保険証券に記載があるので確認して下さい。
三井生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「大樹セレクト」
三井住友海上あいおい生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「&LIFE 新医療保険A(エース)プラス」
楽天生命の医療保険 支払い対象外
プルデンシャル生命の医療保険 感覚器・視器の手術は支払い対象

<支払い対象となる手術名>
レーザー光凝固術
レーシック手術・ LASIC手術
レーザーによる近視手術

※手術給付倍率10倍
※施術の開始日から60日の間に
1回の給付を限度とします。
朝日生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「保険王プラス 医療保険」
「ハハの幸せ コの幸せ 医療保険L」
「こども医療保険L」
「保険王プラス かなえる医療保険」
ジブラルタ生命の医療保険 2013年4月1日以前の申込による契約は支払い対象。

<以下は支払い対象外>

2013年4月1日以降の申込による新契約。
2013年4月1日以降に中途付加された特約。
2013年4月1日以降に更新された主契約、特約。
AIG富士生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「無解約返戻金型医療保険」(2009年2月に販売開始)
「引受基準緩和型終身医療保険」(2010年3月に販売開始)
SBI生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「終身医療保険」
オリックス生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「医療保険 新キュア」
「医療保険 新キュア・レディ」
「引受基準緩和型医療保険 新キュア・サポート」
「死亡保障付医療保険リリーフ・ダブル」
フコク生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「医療大臣プレミアエイト」
「自由診療保険メディコムプラス」
フコクしんらい生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「解約返戻金抑制型医療保険
住友生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「ドクターGO(ジーオー)終身タイプ」
「ドクターGO(ジーオー)定期タイプ」
「千客万頼」
メディケア生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「メディフィットA医療終身保険」
「メディフィットA(女性向け)医療終身保険」
「メディフィットRe医療終身保険」
「メディフィット医療定期」
東京海上日動あんしん生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「メディカルKit NEO」
「メディカルKit R」
「メディカルKitラヴ」
「メディカルKitラヴR」
ソニー生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「総合医療保険(無配当)」

※屈折矯正手術を除くレーザー冷凍凝固による
眼球手術は支払い対象になります。

ただし、施術の開始日から60日間の間に
1回の給付を限度とします。

「低解約返戻金特則付総合医療保険(無配当)」
ソニー損害の医療保険 現在販売中の商品は支払い対象外です。

過去に販売していた商品で、
一部は支払い対象になります。

<支払い対象の医療保険>
「ガン重点医療保険SURE(シュア)」

2007年10月31日以前の契約は対象。

「ガン重点医療保険(10年更新型)」
第一生命保の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「メディカルエール(定期型・終身型)」
「なでしこエール」
ネオファースト生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「無解約返戻金型終身医療保険」
「引受基準緩和型医療保険」
大同生命保険の医療保険 支払い対象

2005年1月2日以降に
更新をされていない契約のみ
支払い対象になります。

施術の開始日から60日の間に
1回の給付を限度とします。
マニュライフ生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「こだわり医療保険 with PRIDE」
太陽生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「保険組曲Best 医療保障重視コース」
明治安田生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「メディカルスタイル」
「かんたん告知医療保険」
ライフネット生命の医療保険 支払い対象外

<支払い対象外の医療保険>
「終身医療保険」
かんぽ生命 支払い対象外
県民共済 支払い対象外

※県民共済は37都道府県にあります。
※医師が治療目的にレーシックをした場合、
手術給付金の支払対象になることがあります。
府民共済 支払い対象外
JA共済 支払い対象外

 

【備考】

 

2016年11月14日にAIG富士生命保険は、
日本での生保事業から撤退すると発表しました。

 

現在、多くの医療保険では、
公的医療保険制度が利用できない手術は、
手術給付金が支給されません。

 

そのため、レーシック手術で手術給付金は
もらえないと思っておいた方がいいでしょう。

 

ですが、将来公的医療保険制度が変更された場合、
各医療保険でも契約条項が変更される可能性があります。

 

 


このページのトップへ戻る