レーシック手術で失敗しない為の予備知識

ICL(アイシーエル)

 

ICLとは?

 

ICLとは、以下の略になります。

 

implantable(移植可能な)

 

Collamer(コラマー)

 

lens(レンズ)

 

Collamer(コラマー)というのは、
ハイドロキシエチルメタクリレート(HEMA)と、
豚由来のコラーゲンの共重合体からなる素材です。

 

Collamer(コラマー)は、
生体適合性の高い素材のため、
異物として認識されにくいという特徴があります。

 

ICLは20年以上も臨床実績があり、
1997年にはヨーロッパで、
CEマークを取得しました。

 

その後、2005年には
アメリカのFDAより認可を受けています。

 

日本では2010年2月に
厚生労働省より認可されました。

 

ICLは眼内に人口レンズを入れることで、
視力を矯正する術式の一つになります。

 

 

すでに世界70ヶ国で、
60万件以上の症例実績があります。

 

 

ICLは中国や韓国でも認可されており、
世界だけでなく日本でも症例数が伸びています。

 

レーシックやPRKのように、
エキシマレーザーで角膜を削ることはないため、
角膜が薄い人や強度近視の方でも施術が可能です。

 

また、ICLはレーシックでは矯正ができない
最強度近視や極度近視の方でも矯正が可能です。

 

似たような視力矯正手術に、
フェイキックIOLがあります。

 

ICLはフェイキックIOLで使う
人口レンズのうちの一つです。

 

大きな違いは使用する人口レンズと、
人口レンズをインプラントする位置が違います。

 

フェイキックIOLに使われるレンズは、
「前房型レンズ」です。

 

一方、ICLに使われるレンズは、
「後房型レンズ」です。

 

フェイキックIOLは角膜と虹彩の間に
レンズを入れるのに対して、
ICLは水晶体と虹彩の間にレンズを入れます。

 

【フェイキックIOLのレンズの位置】

 

【ICLのレンズの位置】

 

そのため、外からは人口レンズが見えません。

 

【ICLを入れた状態の目】

 

ICLはコラーゲンを含んだ
人口素材で出来ています。

 

ソフトコンタクトレンズのような素材のため、
目の中で割れたり、破れたりすることはありません。

 

また、生体に適合しやすいため、
炎症が起こりにくくなっています。

 

フェイキックIOLの国内シェア率は4%に対し、
ICLは96%という高いシェア率になっています。

 

世界のシェア率を比較してもICLは、
68%という高いシェア率になっています。

 

そして、日本眼科学会のデータによると、
ICLを受けた方の98.1%が、
6ヶ月後に両目1.0以上に回復されています。

 

また、68.5%の方が、
両目1.5以上に回復されています。

 

レーシックの場合は、
術後に近視に戻ることがあります。

 

ですが、日本眼科学会のデータによれば、
ICLは術後の視力が安定しています。

 

ホールICLとは?

 

ICLには通常のICLと
ホールICL(穴あきICL)の2種類があります。

 

ホールICLは最新のICLになります。

 

ホールICLは、レンズの中央部分に
小さな穴が開いています。

 

 

これにより、レンズを入れた時に
目の中の水(房水)が、
スムーズに流れるようになりました。

 

従来のICLは緑内障の予防のために
虹彩に小さな穴を開ける必要がありました。

 

しかし、ホールICLを使うことで、
この手術が不要になりました。

 

以前は稀に虹彩に開けた小さな穴から、
光が入ってきて不快な見え方が
することがありました。

 

ですが、ホールICLを使うことで、
術後にこのような不快症状が
出ることは無くなりました。

 

また、眼圧上昇が軽減されて、
白内障の発生率も下がりました。

 

ホールICLは従来のICLの欠点を克服し、
より安全性と信頼性が高まりました。

 

ちなみに、初のホールICLは、
日本で開発されました。

 

ホールICLの考案者は、
北里大学医学部眼科学教室主任教授の
清水公也先生になります。

 

日本で開発されたホールICLは
「KS−AquaPORT」というデザインになります。

 

このホールICLは、スター・ジャパンが
開発、販売しています。

 

このホールICLを使用するには、
スター・ジャパンが発行する
認定の取得が必要になります。

 

ホールICLは2011年にCEマークを取得し、
2014年3月に厚生労働省から薬事承認されています。

 

また、2016年9月にはアメリカの
Staar Surgical社が
最新型の「EVO+ Visian ICL」という
ホールICLの発売を開始しました。

 

 

ICLはレーシックやPRKとは
全く違った技術の習得が必要になります。

 

また、ICLの手術はレーシックやPRKよりも、
難易度の高い手術になります。

 

ICLの術後は医師の腕によって、
違ってきます。

 

そのため、熟練した医師に
施術してもらいましょう。

 

ちなみに、「神戸神奈川アイクリニック」は、
国内におけるICL手術の
38%のシェアを獲得してます。

 

ICLの手術の症例数も
国内トップクラスの件数になります。

 

ICLのリスク・安全性は?

 

レーシック同様にICLにも
合併症のリスクがあります。

 

ICLは目の中に直接手術器具や
人口レンズを入れるため、
細菌に感染するリスクがあります。

 

万が一、眼内炎を発症すれば、
失明の危険性もあります。

 

病院がどんなに感染症防止策を行っていても
リスクをゼロにすることはできません。

 

ICLの手術代は?

 

ICLの手術費用は、
60万円から70万円が相場のようです。

 

使用する人口レンズの種類や
保障期間、人件費などの違いなどもあるため、
手術費用は病院によって違います。

 

また、乱視の矯正が必要な場合は、
別途費用がかかることもあります。

 

ICLの詳しい価格は、
各病院でご確認下さい。

 

生命保険に加入されている場合は、
契約内容によって手術代金の一部が
支払われる場合があります。

 

詳細につきましては加入されている
生命保険会社にご確認下さい。

 

ICLの特徴

 

 

ICLとフェイキックIOLの比較

 

術式
比較項目
ICL フェイキックIOL
切開幅 約3mm 約3mm
レンズを入れる位置 虹彩と水晶体の間(後方) 角膜と虹彩の間(前方)
手術後の外観 肉眼で見えない 肉眼で見える
虹彩切開 不要 必要
白内障のリスク 低い 高い
角膜内皮障害のリスク 低い 高い
レンズのずれ 少ない 多い
手術 両眼同時 片目ずつ
手術時間 両目約10分〜30分 片眼約20分
手術費用 60〜70万円(両目) 40〜70万円(両目)
認可 厚生労働省とアメリカのFDAが認可。 厚生労働省の認可はない。
FDAは認可。

 

ICLとレーシック、PRKとの比較

 

 

ICLの対象者

 

21歳以上で45歳ぐらいまでの方。

 

近視の度数が−6.0D以上の強度近視の方。

 

※−15Dを超える強度近視の方は慎重対応。

 

乱視の度数が2.5D以下の方。

 

角膜内皮細胞密度最低値が以下の方。

 

21〜25歳:2800個/mm2以上

 

26〜30歳:2650個/mm2以上

 

31〜35歳:2400個/mm2以上

 

36〜40歳:2200個/mm2以上

 

ICLができない人

 

21歳未満の方。

 

前房深度(角膜と水晶体の距離)が2.8mm未満の方。

 

散瞳不良の方。

 

妊娠中や授乳中の方。

 

目の病気がある方。

 

角膜内皮ジストロフィーの方。

 

糖尿病、膠原病など重篤な病気のある方。

 

屈折矯正手術ができない職業の方。

 

医師が不適当と判断した方。

 

ICLの適応検査

 

適応検査は約2〜3時間ほどかかります。

 

主な検査項目は以下の通りです。

 

視力検査

 

眼底検査

 

眼圧検査

 

屈折検査

 

角膜検査

 

前房深度検査

 

角膜内皮細胞検査

 

立体視検査

 

瞳孔径検査

 

適応検査の前には、コンタクトレンズの
装用中止期間があります。

 

ソフトコンタクトレンズ:1週間装用中止

 

乱視用ソフトコンタクトレンズ:2週間装用中止

 

ハードコンタクトレンズ:3週間装用中止

 

1ヶ月連続装用タイプ:1ヶ月

 

コンタクトレンズの装用中止期間は病院や
使用しているコンタクトレンズの
種類によっても違いますので、
詳細は各病院で確認して下さい。

 

適応検査で瞳孔を開く目薬を使うため、
車やバイク、自転車等で行かないようにしましょう。

 

適応検査と同時に診察やカウンセリング、
手術についての説明などが行われます。

 

検査の結果をもとに医師が適否を診断します。

 

適性検査で適応であれば手術が可能です。

 

レンズはオーダーメイドです。

 

近視用レンズは約2週間ほどかかります。

 

近視+乱視用は約1〜3ヶ月ほどかかります。

 

※検査時間や検査項目、
コンタクトの装用中止期間は病院によって違います。

 

ICLの手術方法

 

1.洗浄後に点眼麻酔をさします。

 

2.開瞼器を装着します。

 

3.角膜を約3mm切開します。

 

4.切開した部分からICLを挿入します。

 

5.虹彩と水晶体の間にICLを固定します。

 

6.全体を洗浄・消毒します。

 

7.別室で30分程度目を閉じて安静にします。

 

ICLの手術時間は、
両目で10分から30分ぐらいです。

 

切開した角膜は自然に再生されます。

 

術後は入院する必要はありません。

 

【ICLの手術の様子】

 

 

 

 

ICLのメリット

 

レーシックに比べて高次収差がなく見え方の質が高い。

 

レーシックに比べて再手術がしやすい。

 

レーシックに比べて眼圧の上昇が起きにくい。

 

レーシックに比べて近視に戻りにくい。

 

レーシックに比べて切開幅が小さい。

 

※レーシックの切開幅は約15mmほどですが、
ICLの切開幅は約3mmです。

 

レーシックに比べてドライアイになりにくい。

 

レーシックに比べて術後の視力が安定する。

 

レーシックに比べて光を眩しく感じない。

 

フェイキックIOLに比べてレンズがずれることが少ない。

 

フェイキックIOLに比べて角膜内皮への影響が少ない。

 

レーシックと違い角膜を削らない。

 

レーシックと違い角膜の強度を保てる。

 

レーシックと違いフラップによるトラブルがない。

 

厚生労働省やFDAに認可されている。

 

老眼や白内障になっても手術が可能。

 

目に入れたレンズを外せば元の状態に戻せる。

 

目に入れたレンズは交換不要。

 

−6D以上の強度近視の方に適している。

 

角膜拡張症の発症リスクがない。

 

難治性イングロースの発症リスクがない。

 

術後に度数が変わっても対応可能。

 

永続的に近視や遠視、乱視を矯正できる。

 

レーシックやPRKが適応外の方でも手術できることがある。

 

強度の近視や遠視、乱視の方でも手術できることがある。

 

角膜の薄い方でも手術できることがある。

 

円錐角膜の方でも手術できることがある。

 

レーシックが不安な方に向いている。

 

手術後の視力回復スピードが早い。

 

※個人差はありますが、
翌日には1.5や2.0の視力を得ることも可能。

 

ハロ・グレアが起こりにくい。

 

コンタクトレンズのような違和感がない。

 

UVカットレンズのため紫外線から目を守れる。

 

申請すれば運転免許証の眼鏡等の条件が外れる。

 

ICLのデメリット

 

レーシックに比べて矯正精度が低い。

 

レーシックに比べて感染症にかかるリスクが高い。

 

レーシックに比べて高度な技術が必要になる。

 

レーシックに比べて手術までに時間がかかる。

 

レーシックに比べて手術代が高額。

 

レーシックに比べて手術後の定期検診が長くなる。

 

緑内障が起こる可能性がある。

 

日本では歴史が浅く症例数が少ないため、
長期的なリスクについては分からない。

 

ライセンス制のため誰でも手術できない。

 

術後1週間ほどはかすんだり、
ぼやけたり、充血したりすることがある。

 

軽度の近視の方には適していない。

 

角膜内皮細胞が減少する。

 

老眼の症状は防げない。

 

眼底検査などがやりにくくなる。

 

稀に眼内炎が発症することがある。

 

※発症率は0.0016%

 

稀に白内障や緑内障になることがある。

 

※従来のICLで発症率は0.4%以下。

 

ICL注文後の返品はできない。

 

ICLのできる病院

 

>>>品川近視クリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

後房型レンズ(ICL) 料金(両目・税抜き):64.5万円
保証期間:3年間
術後の定期検診:翌日、3日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後
※術後の定期検診は、状態によって増える場合があります。
※3年目以降の定期検診は1回5千円になります。(点眼薬代含む)

【特徴】
※角膜の薄い方に適している。
※強度近視の方に適している。
※レーシックができない方に適している。
※レーシックと比べて、見え方の質が非常に高い。
※厚生労働省が認可したレンズを使用。
※UVカット率90%。
※レンズの交換不要。
※乱視用レンズの場合でも無料。
※日帰り手術可能。
※同日両目の手術が可能。
※サポート会員になると無料相談や老眼治療が割引価格になる。
※紹介割引(3万円)
※無料提携託児所あり。
※東京院のみで実施。

 

>>>神戸神奈川アイクリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

ホールICL(穴あきICL) 料金(両目・税込み):68万円(乱視なし)、78万円(乱視あり)
保証期間:3年間
術後の定期検診:翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、2年後、3年後

【特徴】
※角膜の薄い方に適している。
※強度近視の方に適している。
※レーシックと比べて、見え方の質が非常に高い。
※厚生労働省が認可したレンズを使用。
※UVカット率90%。
※レンズの交換不要。
※日帰り手術可能。
※同日両目の手術が可能。
※国内トップクラスの症例数
※遠方割引1万円
※一括払い割引3千円

 

>>>新宿近視クリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

ICLホールタイプ 料金(両目・税込み):49.8万円(−7.5D未満)、63.5万円(−7.5D以上)、+10.8万円(乱視用)
保証期間:1年間
術後の定期検診:翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後
※1年目以降の定期検診は1回5千円(税別)になります。(点眼代別途)

【特徴】
※角膜の薄い方に適している。
※強度近視の方に適している。
※レーシックと比べて、見え方の質が非常に高い。
※厚生労働省が認可したレンズを使用。
※UVカット率90%。
※レンズの交換不要。
※日帰り手術可能。
※同日両目の手術が可能。
※グループ割引(最大1万円)
※学生割引(最大1万円)
※法人割引(最大4万円)
※モニター割引(最大5千円)
※託児所補助(最大1万円)
※交通費補助(最大1万円)

 

※施術名称や施術金額は、
予告なく変更されることがあります。

 

※詳細は必ず公式サイトでご確認下さい。

 

ICLの口コミ・体験談

 


(女性 30代)

 

私の視力は両眼0.03とかなり悪く、
コンタクトとメガネを併用していました。

 

コンタクトを長時間使用していると、
夜になると目に不快感が出て、
苦痛に思っていました。

 

レーシックをするために、
3ヶ所病院に行きましたが、
角膜が薄いため全ての病院で
不適合だと言われました。

 

最後に行った病院で、
ICLという手術を紹介されました。

 

ICLなら角膜が薄い私でも
手術ができると言われました。

 

ただ、手術代を聞いて驚きました。

 

レーシックの2倍以上もするのです。

 

すぐには返事をせずに
主人と相談することにしました。

 

主人に相談したら、一生使う目のことだから、
生活が少しでも楽になるなら手術した方が
いいと言われました。

 

手術代はローン返済できるとのことでしたので、
毎月のコンタクト代を払う感覚で
無理なく支払えたので、
家計に負担になることはありませんでした。

 

ICLの治療実績のある病院で
経験豊富な医師に執刀してもらったので、
不安はあまりありませんでした。

 

手術中は医師から声をかけてもらったので、
とても安心できました。

 

痛みは全くなくて、短時間で終わりました。

 

手術後は少し霞んで見えましたが、
裸眼でも歩くことが出来ました。

 

翌日に病院で検査を受けた結果、
右1.5、左1.2に回復しました。

 

コンタクトをしていた時の不快感もなくなり、
コンタクトやメガネよりも
クリアに見えるようになりました。

 

手術代は高かったですが、
手術を受けて本当に良かったと思っています。

 


(男性 40代)

 

コンタクトの使用によるドライアイが酷くて、
レーシックを受けようと考えていました。

 

そんな時に新聞でICLのことについて知りました。

 

値段は高いですがレーシックよりも
合併症や後遺症のリスクが低くて、
術後の視力も安定しているため、
ICLをすることにしました。

 

手術前の検査は3時間ほどかかり、
とても疲れました。

 

検査後、医師から説明があり、
ホールタイプのICLをすることにしました。

 

2回目の検査で自分に合った
レンズのサイズを決めました。

 

この時に前金を支払いレンズを注文しました。

 

私の場合は、2週間ほどでレンズが届きました。

 

レンズが届いた後に手術日を決めました。

 

手術中は痛みはありませんでしたが、
術後は目にコロコロとした違和感がありました。

 

でも、1週間ほどで無くなりました。

 

術後はコンタクトをしていた時より、
昼も夜もとてもよく見えます。

 

夜間のハローやグレアもなく、
本当に快適です。

 

夜は星や月も綺麗に見えます。

 

術後の裸眼視力は右0.06から1.5、
左0.05から2.0になりました。

 

少し見え過ぎだと思いますが、
特に困ったことはありません。

 

手術代は自由診療のため
両目で60万円ほどかかりましたが、
生命保険の手術給付金と医療費控除で、
いくらか返ってきました。

 

それでもレーシックに比べて高いので、
誰でも受けれる手術だとは思いません。

 

どうしてもレーシックが出来ない人は、
検討してみる価値はあると思います。

 


(女性 40代)

 

私は長年コンタクトを使用してきたため
ドライアイになってしまいました。

 

コンタクトをつけると目がショボショボになり、
物を見るのがしんどくなりました。

 

何年も前からレーシックを受けようと考えていましたが、
術後の合併症や後遺症が怖くて踏み切れませんでした。

 

ある日、弟がレーシックではなく、
ICLをしたと聞いて興味を持ちました。

 

最初は目の中にレンズを入れることに、
少し抵抗がありました。

 

でもICLなら手術前の状態に戻せるし、
レーシックより安全性も高いので、
早速病院に行って検査をしました。

 

検査の結果は少し近視が強いが、
問題はないと言われました。

 

手術中は目の中に
圧力を感じることがありました。

 

目の中を触れられるので、
なんとも言えない違和感を感じました。

 

でも、痛みは全くなく、
20分ほどで終わりました。

 

手術した当時は少し痛みがあって、
目を開けると眩しく感じました。

 

ですが、2日目から問題は無くなり、
手術前に比べると景色が鮮やかに
見えるようになりました。

 

夜は車のライトや街灯を見ると、
光の輪っぽいものが見えますが、
あまり気になることはありません。

 

手術費用はお高いですが、
手術後の快適さに比べると、
全然惜しくないです。

 

医療費控除を受けれたので、
少しは安くなりました。

 

 


このページのトップへ戻る