レーシック手術で失敗しない為の予備知識

アイレーシック(iLASIK)

 

アイレーシック(iLASIK)とは?

 

アイレーシックは通常の
レーシックのデメリットを解消した
より精度の高い視力矯正手術です。

 

アイレーシックは、個人の眼に合わせた
カスタムメイドの視力矯正手術ができます。

 

私達の眼の形は、それぞれ個体差があり、
角膜の形や厚み、水分量などは細かく違います。

 

アイレーシックでは、こういった細かい数値を
ウェーブスキャンという装置で正確に測定します。

 

そのデータに基づいた精密なレーザー照射を行い、
厚さが均一で正確なフラップを作り出します。

 

アイレーシックでは、従来のレーシックで
矯正できなかった歪みを矯正できます。

 

そのため、より見え方の質が高まり、
とても鮮明な視界を得ることが出来ます。

 

また、アイレーシックでは、
薄いフラップを安全に作成できるので、
近視や遠視、乱視の人も矯正することが可能です。

 

そして、マイクロケラトームを使わず、
完全にコンピューター制御された
精密なレーザー機器で手術するため、
医師の技術による差が出にくいと言われています。

 

実際に使用する機器としては、
以下のようなものがあります。

 

【アイデザイン】

 

 

目の解析を行い個人のデータに基づいた
照射プログラムを作成する機器です。

 

【イントラレースiFS】

 

 

コンピューター制御により、
安全で滑らかなフラップを作成する機器です。

 

【ウェーブスキャン】

 

 

一人一人の角膜の歪みや形状を解析して、
オリジナルのデータを作成する機器です。

 

【ビジックスSTAR S4IR】

 

 

プログラムされたデータにより、
エキシマレーザーで精密な照射を行い
角膜の屈折率を矯正する機器です。

 

また、フラップ作成用レーザーのAMO社の
「iFSフェムトセカンドレーザー」は、
FDA(米国食品医薬品局)や
厚生労働省の承認を受けています。

 

 

アイレーシックは
アメリカ国立航空宇宙局(NASA)や
国防省のパイロットが
唯一できるレーシック手術です。

 

つまり、アイレーシックは、
過酷な宇宙空間やパイロットでも
耐えられると認められた
最高レベルのレーシックとも言えます。

 

アイレーシックは安全性と
信頼性が高いレーシックとして、
アメリカで広く普及しています。

 

アメリカの臨床試験データによると、
98%の患者が術後12ヶ月の視力が、
1.0以上回復しています。

 

ただし、アイレーシックに使用する
エキシマレーザーは、レーザーを照射する場合、
カードキーによって1回ごとにメーカーへ
使用料を払うシステムになっています。

 

その分、どうしても
手術代が高額になってしまいます。

 

アイレーシックの手術費用は
使う機器によっても違いますが、
25万円〜35万円が相場のようです。

 

アイレーシックの詳しい価格は、
各病院でご確認ください。

 

アイレーシックの手術方法

 

1.洗浄後に点眼麻酔をさします。

 

2.イントラレースレーザーを使い、
正確で均一なフラップを作成します。

 

3.フラップを起こします。

 

4.個人に合わせたデータで
エキシマレーザーを照射し屈折矯正します。

 

5.フラップを洗浄・消毒します。

 

6.フラップを戻します。

 

アイレーシック(iLASIK)のメリット

 

アメリカの臨床試験において、
安全で有効な視力矯正治療であると確認されている。

 

瞳孔の中心が動いても
正確にレーザー照射ができる。

 

通常のレーシックより手術時間が短い。

 

通常のレーシックができない人でも、
アイレーシックならできることがある。

 

角膜表面の温度を一定に保ち、
角膜への負担を最小限にする。

 

マイクロケラトームよりも
精度が高く安全性や安定性も高い。

 

マイクロケラトームよりも
感染症にかかる確率が低い。

 

レーシック後のフラップのズレや
歪みがほとんどない。

 

合併症や不正乱視の発生率が低い。

 

視力回復が早くできる。

 

強度近視の人でも手術ができる。

 

オーダーメイドのレーシックが可能。

 

高次収差も矯正できるので、
個人それぞれに最も適した見え方になる。

 

夜間のグレア・ハロ現象が起きにくくなる。

 

夜間の視力が良くなる。

 

アイレーシック(iLASIK)のデメリット

 

医療機器が高額なため、手術費用が高くなる。

 

医療機器が高額なため、
一部の病院でしか手術ができない。

 

高度な医療機器のため使いこなせる医師が少ない。

 

見え過ぎによる過矯正になることがある。

 

角膜の切除量が多くなるため、
角膜の薄い人は手術できないことがある。

 

強度近視で角膜が薄い人は、
合併症や後遺症が出ることもある。

 

全ての患者が同じ見え方になるとは限らない。

 

アイレーシック(iLASIK)のできる病院

 

>>>新宿近視クリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

iFSイントラレーシック 【料金】
両目の場合は、198,000円(税込み)
片目の場合は、109,800円(税込み)

【特徴】
※1年間の再手術無料保障付き。
※厚生労働省承認済みの最新型イントラレーザーiFSを使用。
※薄くて滑らかで立体的なフラップ作成が可能。
※フラップ作成時の誤差を最小限する。
※照射径がたった5.5mmで角膜の切除量が少ない。
※強度の近視・乱視の方でも手術が可能。
※激しいスポーツをする人に向いている。
※日帰り手術が可能。
iFSイントラレーシックオプティマイズ 【料金】
両目の場合は、238,000円(税込み)
片目の場合は、129,800円(税込み)

【特徴】
※1年間の再手術無料保障付き。
※厚生労働省承認済みの最新型イントラレーザーiFSを使用。
※薄くて滑らかで立体的なフラップ作成が可能。
※フラップ作成時の誤差を最小限する。
※照射スピードが早い高性能エキシマレーザーを使用。
※アイトラッキングシステムにより、精度の高い矯正が可能。
※術後のハロー・グレア現象が軽減される。
※強度の近視・乱視の方でも手術が可能。
※激しいスポーツをする人に向いている。
※日帰り手術が可能。
Custom Fit(カスタムフィット)イントラレーシック 【料金】
両目の場合は、278,000円(税込み)
片目の場合は、149,800円(税込み)

【特徴】
※2年間の再手術無料保障付き。
※厚生労働省承認済みの最新型イントラレーザーiFSを使用。
※薄くて滑らかで立体的なフラップ作成が可能。
※フラップ作成時の誤差を最小限する。
※照射スピードが早い高性能エキシマレーザーを使用。
※アイトラッキングシステムにより、精度の高い矯正が可能。
※術後の見え方の質が向上する。
※術後の不正乱視が軽減される。
※術後のハロー・グレア現象が軽減される。
※強度の近視・乱視の方でも手術が可能。
※激しいスポーツをする人に向いている。
※日帰り手術が可能。
Vario Design(バリオデザイン)レーシック 【料金】
両目の場合は、329,000円(税込み)
片目の場合は、175,300円(税込み)

【特徴】
※3年間の再手術無料保障付き。
※厚生労働省承認済みの最新型イントラレースiFSレーザーを使用。
※角膜へのダメージを最小限に抑えることが可能。
※角膜中心部と瞳孔中心部のズレを補正して照射が可能。
※最新の角膜形状解析装置を使い2万2千ヶ所の測定が可能。
※術後の高次収差を大幅に軽減する。
※術後の見え方の質が向上する。
※術後の不正乱視が軽減される。
※術後のハロー・グレア現象が軽減される。
※強度の近視・乱視の方でも手術が可能。
※激しいスポーツをする人に向いている。
※日帰り手術が可能。
Max Vario Design(マックスバリオデザイン)レーシック 【料金】
両目の場合は、398,000円(税込み)
片目の場合は、209,800円(税込み)

【特徴】
※3年間の再手術無料保障付き。
※新宿近視クリニックで最高品質のレーシック。
※厚生労働省承認済みの最新型エキシマレーザーを使用。
※次世代のフェムトセカンドレーザーを使用。
※従来よりレーザー照射スピードが3倍以上速い。
※角膜へのダメージを最小限に抑えることが可能。
※角膜中心部と瞳孔中心部のズレを補正して照射が可能。
※最新の角膜形状解析装置を使い2万2千ヶ所の測定が可能。
※術後の高次収差を大幅に軽減する。
※術後の見え方の質が向上する。
※術後の不正乱視が軽減される。
※術後のハロー・グレア現象が軽減される。
※強度の近視・乱視の方でも手術が可能。
※激しいスポーツをする人に向いている。
※日帰り手術が可能。

 

>>>神戸神奈川アイクリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

iFS イントラレーシック 【料金】
250,000円(税込み・両目)

【特徴】
※3年間の再手術無料保障付き。
※厚生労働省承認済みの最新機器を使用。
※フラップ作成時間が短い。(約10秒)
※フラップの角度や形状はオーダーメイドで作成が可能。
※角膜へのダメージを軽減。
※術後の見え方の質が向上する。
※術後の視力回復が早い。
※術後のハロー・グレア現象が軽減される。
※軽度・中等度の近視の方の矯正が可能。
※日帰り手術が可能。
プレミアムアイレーシック 【料金】
3年保証プラン:300,000円(税込み・両目)
15年保証プラン:370,000円(税込み・両目)

【特徴】
※3年間か15年間の再手術無料保障付き。
※厚生労働省承認済みの最新機器を使用。
※NASAや米国国防総省承認のレーシック。
※アイレーシックでは症例数国内トップクラス。
※眼の状態に合わせたオーダーメイドのレーシック。
※同じ視力でもよりはっきりとした見え方になる。
※夜間の視力が向上する。
※フラップ作成時間が短い。(約10秒)
※角膜へのダメージを軽減。
※術後の見え方の質が向上する。
※術後の視力回復が早い。
※術後のハロー・グレア現象が軽減される。
※軽度〜強度の近視、乱視の方の矯正が可能。
※日帰り手術が可能。
プレミアム アイデザインレーシック 【料金】
400,000円(税込み・両目)

【特徴】
※15年間の再手術無料保障付き。
※厚生労働省承認済みの最新機器を使用。
※NASAや米国国防総省承認のレーシック。
※アイレーシックでは症例数国内トップクラス。
※眼の状態に合わせたオーダーメイドのレーシック。
※同じ視力でもよりはっきりとした見え方になる。
※夜間の視力が向上する。
※フラップ作成時間が短い。(約10秒)
※角膜へのダメージを軽減。
※プレミアムアイレーシックより精度と安全性が高い。
※高次収差の測定ポイントが従来の5倍。
※術後の見え方の質が向上する。
※術後の視力回復が早い。
※術後のハロー・グレア現象が軽減される。
※軽度〜強度の近視、乱視の方の矯正が可能。
※日帰り手術が可能。

 

※アイレーシックは各クリニックによって、
名称が異なる場合があります。

 

そのため、事前に電話などで
アイレーシックができるか
確認すると良いでしょう。

 

※施術名称や施術金額は、
予告なく変更されることがあります。

 

※詳細は必ず公式サイトでご確認下さい。

 

アイレーシックの口コミ・体験談

 


(男性 20代)

 

就職する前にレーシックをしたいと思い、
色々調べていたらアイレーシックというのが
あることを知りました。

 

早速、適応検査に行った結果、
少し角膜は薄いけど手術が可能だと言われました。

 

手術前は恐怖心がありましたが、
手術自体は本当に一瞬で終わりました。

 

手術は全て含めて10分程度で終わりました。

 

手術が終わった後は視界がぼやけていました。

 

術後の数時間後に目がしみて痛みが出てきました。

 

タマネギを切った時のような感じで、
痛みが出て涙も出てきました。

 

でも処方された痛み止めでなんとか対処できました。

 

手術当日は本当に見えるようになるのか不安でした。

 

でも、翌朝目が覚めた時は、
はっきりと見えるようになっていました。

 

その時の感動と安心感は、
今でもはっきりと覚えています。

 

手術代は高くつきましたが、
手術したことは後悔していません。

 

手術翌日の検診では異常なども見られませんでした。

 

視力検査では、右0.04から1.5、
左0.05から1.2まで回復していました。

 

その後は、両目で1.5まで回復しました。

 

今まではコンタクトやメガネを使っても
1.0くらいが限界でした。

 

手術後1週間経った頃には、
すっかり裸眼生活に慣れていました。

 


(男性 30代)

 

値段は高かったですが、
術後の結果に満足しています。

 

アイレーシックをしてから
両目0.06だったのが、
1.5まで回復しました。

 

術後半年以上経過していますが、
今のところ視力は落ちていません。

 

手術後はドライアイの症状が出ましたが、
1週間ほどで治まりました。

 

コンタクトを付けていた時より、
鮮やかで鮮明に見えます。

 

また、肩こりや頭痛もなくなりました。

 


(女性 30代)

 

私は中学生から視力が落ちだして、
その後は左0.03、右0.04しか
視力がありませんでした。

 

仕事はデスクワークのため、
パソコンを使う時間が多くあり、
いつも目が乾燥して大変でした。

 

私の友達がレーシックをしたことを聞いて、
詳しく話を聞いているうちに、
レーシックをしたいと思うようになりました。

 

色々調べたところ、
アイレーシックに興味がわきました。

 

でも、最初は値段が高めだなと感じました。

 

友達に相談したところ、
安全性や術後のリスクを考えて、
アイレーシックをすることにしました。

 

手術室に入って瞼を固定する器具が
装着された時はドキドキでしたが、
手術はものの数分程度で終わりました。

 

手術中は麻酔をするので痛みなどはなかったですが、
焦げたようなくさ〜い臭いがしまた。

 

手術が終わると看護師さんに案内されて、
薄暗い部屋でしばらく休憩していました。

 

手術を受けたばかりですが、
コンタクトをつけている時のように見えました。

 

家に帰ってからは目に痛みが出ましたが、
病院でもらった目薬をさすと痛みは治まりました。

 

翌朝起きたころには痛みもなく、
コンタクトをしていた時よりも綺麗に見えました。

 

検診のため病院に行って視力検査をしたところ、
両目ともに1.5になっていました。

 

仕事に復帰して毎日パソコンを使っていますが、
視力は全然落ちていません。

 

不安はたくさんありましたが、
コンタクトの面倒さから解放されて、
レーシックのありがたみを改めて感じました。

 

私は花粉症なので花粉の時期に
コンタクトをするのは本当に不便でした。

 

でも、これからは不便さも解消されて、
花粉の時期も随分と楽になると思います。

 

 


このページのトップへ戻る