レーシック手術で失敗しない為の予備知識

人気のあるレーシック手術

 

レーシック手術には、いくつも種類があり、
種類によって人気も違います。

 

基本的にレーシック手術と言えば、
レーザーを使って角膜を削り、
屈折率を調整することで、
視力を回復させる手術です。

 

しかし、最近は技術の向上もあって、
より高度なレーシック手術の方法が出てきて、
人気を呼んでいます。

 

まず、従来のレーシック手術は、
マイクロケラトームという手法が
人気がありました。

 

レーシック手術の初期段階で、
角膜の表面を薄く削って、
フラップと呼ばれる
円形の蓋のようなもの作ります。

 

 

このフラップを作る時に使われたのが、
マイクロケラトームという電動カンナです。

 

このマイクロケラトームのおかげで、
短時間で視力が回復出来て、
痛みも少なくなりました。

 

そのため、急速に
世界で普及するようになりました。

 

ですが、マイクロケラトームの操作は手動で行うために、
熟練した医師しか扱うことが出来ません。

 

経験の浅い医師だと不均一な厚さになったり、
途中で穴が開いたりといったトラブルが起こっていました。

 

その後、マイクロケラトームが、
さらに高度になったのがイントラレーシックです。

 

今、最も普及していて人気のレーシック手術です。

 

マイクロケラトームとは違って、
イントラレーシックではレーザー照射により、
フラップを作成します。

 

マイクロケラトームよりも
フラップを均一に作成できるため、
より綺麗な仕上がりになります。

 

 

イントラレーシックは、コンピュータ制御で
機器をコントロールするために、
医師の技術に影響を受けません。

 

そのため、手術の精度も高く、
安全性も高いという特徴があります。

 

ただし、角膜が極端に薄い人や
激しい運動をする人は適さない場合があります。

 

次に、ウェーブフロントレーシックも
人気のレーシック手術です。

 

ウェーブフロントレーシックでは、
「高次収差」を矯正することで、
焦点がくっきりとして見えやすくなります。

 

「高次収差」とは、角膜の微妙な歪みが原因となって、
焦点が合いにくくなる現象です。

 

「高次収差」が多い状態になると、
視点がぼやけて見にくくなります。

 

同じ視力の人でも「高次収差」によって、
見え方が全く違ってきます。

 

「高次収差」はメガネや
コンタクトレンズでも矯正できません。

 

ウェーブフロントレーシックでは、
ウェーブフロントアナライザーという機器を使って、
角膜の解析を行ない「高次収差」の測定や
データ分析をします。

 

 

その結果、最適なレーザー照射を行います。

 

専用レンズで術後の視力をシミュレーションした後に、
手術が行われます。

 

ウェーブフロントレーシックでは、
近視や遠視、乱視などの角膜形状の解析データをもとに、
機械がガイドすることによって手術を行います。

 

乱視や不正乱視の矯正や強度の近視の方、
角膜が薄い方などでも効果が高いレーシック手術です。

 

また、レーシックの術後の起こるまぶしさや
ブレも軽減されるようになりました。

 

手術時間も約5分で手術後の痛みもほとんどなく、
術後の視力が安定するのも早いのが特徴です。

 

ですが、従来のレーシック手術より
手間や費用がかかります。

 

さらに、エピレーシックという
レーシック手術も人気があります。

 

こちらは、エピケラトームという機器を使い、
通常のレーシック手術よりも
薄く角膜を削ることができるので、
フラップがずれたりすることはありません。

 

 

元々角膜の薄い人やスポーツ選手などの
激しい運動をする人に人気です。

 

エピレーシックは安全性の高い手術ですが、
失敗することも稀にあります。

 

一番多い失敗例が近視が戻ってしまう
リグレッションというものです。

 

エピレーシックでは通常のレーシックよりも
角膜上皮を薄く削るのですが、
角膜上皮は再生能力が高いため、
術後に角膜上皮が再生することで、
屈折率が元に戻ってしまうことがあるのです。

 

ですが、エピレーシックは角膜を薄く削るため、
再手術が受けやすい手術になっています。

 

最近ではアイレーシックという
オーダーメイドのレーシックも人気で、
かなり症例数も伸びています。

 

 

従来のレーシックとは違って、
アイレーシックでは患者一人一人の
角膜の状態に合わせて行う
完全オーダーメイドの手術です。

 

角膜の形状や屈折率、眼球の大きさなどを
専用のコンピューターで解析します。

 

完全オーダーメイドの手術のため、
術後の見え方の精度が非常に高いと言われています。

 

アイレーシックは、
NASAが唯一宇宙飛行士に認めている
安全性の高い視力回復手術です。

 

今まで失敗例は1件も報告されていません。

 

ただし、術後にドライアイや
ハロ・グレア現象などの後遺症が出ることがあります。

 

ですが、一時的なもので術後3ヶ月程度で
症状が治まることが多いと言われています。

 

アイレーシックは最新のレーシックのため、
受けられる病院も限られています。

 

また、通常のレーシックに比べると、
治療費が高くなります。

 

クリニックにもよりますが、
約30〜40万円ぐらいが相場と言われています。

 

アイレーシックはアメリカの
AMO社製(アボットグループ)の
レーザー機器のみを利用したレーシック手術です。

 

そのため、開発元のアボット社に
高額なライセンス使用料を払う必要があるため、
治療費が高くなるのです。

 

このように、レーシック手術には、
色々な種類があります。

 

当然、手術を受ける人によって使い分けられますので、
まずは事前検査をしてみて、自分に合った
レーシック手術の方法を見つけましょう。

 

 


このページのトップへ戻る