レーシック手術で失敗しない為の予備知識

Zレーシック

 

Zレーシックとは?

 

従来のレーシックと言えば、
マイクロケラトームと呼ばれる金属刃で
フラップを作成する手術が普及していました。

 

フラップとは角膜の表面を
金属刃やレーザーで削って作る蓋のことです。

 

 

ですが、手動でフラップを作成するため、
経験の浅い医師だと稀にトラブルが
起こることもありました。

 

例えば、不完全フラップやフリーフラップが
発生することがありました。

 

そこで、コンピューター制御で
フラップの作成が出来る
フェムトセカンドレーザーが開発されました。

 

フェムトセカンドレーザーは、
「Femtosecond Laser」の頭文字を取って、
FSレーザーとも呼ばれています。

 

フェムトセカンドレーザーを使うことで、
正確で均一な厚みのフラップ作成が可能になりました。

 

【マイクロケラトームの切断面】

 

 

【フェムトセカンドレーザーの切断面】

 

 

【フェムトセカンドレーザーのイメージ】

 

 

最近のレーシックはフェムトセカンドレーザーで
フラップを作成するのが主流になっています。

 

従来のマイクロケラトームと比べて、
より安全で精度の高い手術が可能になりました。

 

Zレーシックはイントラレーシックや
アイレーシックと同じく、
フェムトセカンドレーザーにより
フラップを作成します。

 

Zレーシックと他のレーシックの違いは、
フラップを作成するために使う機器にあります。

 

Zレーシックでは、
「FEMOTO LDV」という機器を使います。

 

 

スイスのZiemer社が開発しました。

 

ちなみに、Zレーシックの「Z」は、
Ziemer社の頭文字です。

 

フェムトセカンドレーザーの種類

 

フェムトセカンドレーザーには、
以下の4種類の機種があります。

 

【IntraLase(イントラレース)】

 

 

もとはアメリカのイントラレース社が
開発したFSレーザーです。

 

現在はアメリカのAMO社が
開発、販売を行っています。

 

世界的に広く普及してるFSレーザーです。

 

イントラレーシックやアイレーシックで
使用されています。

 

フラップがピッタリとはまるため、
ズレにくく安全性が高いのが特徴です。

 

また、個人の角膜の形状に合わせた
オーダーメイドのフラップ作成ができます。

 

ちなみに、レーシックだけでなく、
角膜移植にも使用されています。

 

「IntraLase」は
FDA(米国食品医薬品局)や
厚生労働省に承認されています。

 

「IntralaseFS60」は、
古い機種になります。

 

最新の機種は、2009年に発売された
「Intralase iFS」になります。

 

 

【VisuMax(ビジュマックス)】

 

 

ドイツのカールツァイス社と日本企業の
アイシンが共同開発したFSレーザーです。

 

従来のFSレーザーより細かく
ハイスピードな照射が可能になりました。

 

フラップの切断面が直角になるため、
フラップのズレやシワの発生が軽減されます。

 

従来のFSレーザーの欠点が大幅に改善されて、
より安全かつクオリティの高いフラップ作成が可能です。

 

また、「IntraLase」には、
エキシマレーザーが搭載されていないため、
フラップ作成後に歩いて移動する必要がありました。

 

ですが、「VisuMax」には「MEL90」という
高性能エキシマレーザーが搭載されています。

 

従来の「MEL80」より、
さらに精度が高い手術が可能になりました。

 

「VisuMax」と「MEL90」は、
ともに厚生労働省が承認しています。

 

【「VisuMax」と「MEL90」のアニメーション】

 

【VICTUS(ビクタス)】

 

 

アメリカのボシュロムとドイツのTPV
(Technolas Perfect Vision)が、
共同開発した高性能FSレーザーになります。

 

安全で精密なフラップ作成ができるため、
世界で高い評価を得ています。

 

3Dで行なうため、
均一で正確なフラップ作成ができます。

 

また、他の機種に比べて高周波で、
2倍以上の早さで手術が終わります。

 

従来より患者の負担も軽くなり、
感染症のリスクも下がりました。

 

術後の仕上がりも綺麗で、
より見え方がクリアになります。

 

ちなみに、レーシックだけでなく、
角膜移植や白内障の手術、
老視矯正にも使用されています。

 

【FEMTO(フェムト) LDV】 

 

 

スイスのZiemer(ジーマ)社が、
2007年に発売したFSレーザーになります。

 

従来は「DA VINCI(ダヴィンチ)」
という名前で販売されていました。

 

「Leonardo Da Vinci」の頭文字を取って、
「LDV」と名づけられました。

 

ヨーロッパのCEマークを取得し、
アメリカのFDAに承認されています。

 

世界で200万人以上の方が、
「FEMTO LDV」で施術を受けています。

 

「FEMTO LDV」は、
イントラレースFSの欠点を克服した
フェムトセカンドレーザーになります。

 

「FEMTO LDV」を使用した
レーシックをZレーシックと言います。

 

「フェムトLDVクリスタルライン」を使用した
レーシックをクリスタルZレーシックと言います。

 

「IntraLase」は機器が大きいため、
フラップを作成後に別室に移動する必要がありました。

 

ですが、「FEMTO LDV」は小型で可動できるため、
別室に移動することなく、そのままエキシマレーザーの
照射が行えるようになりました。

 

そのため、手術時間も短くなって、
患者の負担も軽減されました。

 

また、レーザー照射のスポットサイズが
「IntraLase」に比べて小さくなるため、
角膜への負担が小さくなっています。

 

現在、「FEMTO LDV」には、
以下の機種があります。

 

「フェムトLDVクリスタルライン」

 

「FEMTO LDV Z2」

 

「FEMTO LDV Z4」

 

「FEMTO LDV Z6」

 

「FEMTO LDV Z8」

 

最新の機種は2014年6月に発売された
「FEMTO LDV Z8」になります。

 

 

2016年現在、世界最高性能の
FSレーザーになります。

 

従来に比べて照射1回あたりのエネルギー量が
少ないため角膜に与える負担が少なくなりました。

 

イントラレースと比べると約15分の1になり、
より小さいエネルギーで済みます。

 

他のFSレーザーと比べても
照射1回あたりのエネルギー量が、
約50分の1に抑えられています。

 

また、昔のFSレーザーは
照射スポットが大きいため、
角膜へのダメージが大きくなりました。

 

ですが、最近機種の「FEMTO LDV Z8」は、
照射スポットが小さくて世界一精密なため、
角膜へのダメージが大幅に軽減されました。

 

従来の「FEMTO LDV」のエネルギー量が、
ミクロン単位であるのに対して、
ミクロンの1000分の1の単位である
ナノレベルでのレーザー照射が可能です。

 

Zレーシックでは、低エネルギーで
緻密な高周波数でのレーザー照射が可能なため、
角膜切開面や周囲組織への影響が少なくなります。

 

そして、より正確にレーザー照射することで、
限りなく誤差が小さくなって角膜を残すことが出来ます。

 

「FEMTO LDV Z8」は、
個々の角膜状態に合わせたオーダーメイドの
フラップ作成ができる機能が搭載されました。

 

また、ラップのエッジ角度を様々に調整できて、
立体的なフラップ作成ができます。

 

 

これにより、フラップの収まりが良くなり、
従来よりフラップ強度が上がりました。

 

そして、照射スピードは、従来の60KHzから、
5000KHzになりました。

 

「FEMTO LDV Z8」を使うことで、
術後の回復が早く手術痕も残らず綺麗に仕上がります。

 

また、術後の炎症の発生率も低く抑えられます。

 

Zレーシックのリスク・安全性は?

 

Zレーシックは極めて安全性の高い手術ですが、
稀に合併症が起こるリスクもあります。

 

手術直後はしばらく物が
ぼやけて見えることがあります。

 

ですが、時間が経てば
症状は治まることが多いです。

 

また、夜間に街灯や車のライトを眩しく感じたり、
霞んで見えることもあります。

 

ただ、マイクロケラトームよりも
フラップ切断面が綺麗なので、
このような症状が起こることは稀にです。

 

仮にこのような症状が出ても症状は軽く、
日常生活には大きな影響は出ないと言われています。

 

そして、術後3〜6ヶ月で、
ほとんど気にならない状態に落ち着きます。

 

この他、Zレーシックに限らずレーシックをした人は、
術後約1〜3ヶ月はドライアイになりやすくなります。

 

ドライアイの主な原因はフラップを作成する時に、
涙液が不足することだと言われています。

 

ただ、FSレーザーを使用した場合は、
角膜への負担が軽くなるので、
ドライアイの症状も軽いようです。

 

また、近視度数が強い方は
術後にコントラスト感度が
低下することもあります。

 

どんなレーシック手術も近視や乱視を
完璧にない状態にすることは出来ません。

 

そのため、近視や乱視が強い方は、
術後に乱視が少しだけ残ることもあります。

 

これにより、暗い場所での視力が
若干落ちることもあります。

 

そして、Zレーシックを含めて、
レーシック手術をした人は、
一年以内に近視に戻ることもあります。

 

術後は角膜が薄くなるため、
眼内圧の影響で近視の戻りが
起きると言われています。

 

特に強度近視で40代以降の場合は、
近視の戻りが出やすいと言われています。

 

また、「FEMTO LDV」は切り込みの角度と、
フラップの厚みがパターンで固定されています。

 

そのため、細かな微調整ができなく
エッジ角は約30〜40度になります。

 

このため、イントラレースと比較して
フラップがズレやすくなります。

 

また、1スポットあたりの
エネルギー量は小さいですが、
照射回数が多いため、
トータルで目にかかる負担は、
イントラレースより
大きくなるというデータもあります。

 

Zレーシックやイントラレーシック、
アイレーシックの中でどれが安全かは、
単純に比較することはできません。

 

施術する病院の設備や執刀医の技術、
個人の角膜の状態などにも左右されます。

 

使用しているエキシマレーザーの種類によっても
手術方法が異なるため比べることは出来ません。

 

適応検査をすることで、
自分に最適な術式がわかります。

 

Zレーシックの手術代は?

 

Zレーシックの手術費用は、
20万円から30万円が相場のようです。

 

使用する医療機器の種類や保障期間、
人件費などの違いなどもあるため、
手術費用は病院によって違います。

 

Zレーシックの詳しい価格は、
各病院でご確認下さい。

 

生命保険に加入されている場合は、
契約内容によって手術代金の一部が
支払われる場合があります。

 

詳細につきましては加入されている
生命保険会社にご確認下さい。

 

Zレーシックの対象者

 

20歳以上の方。

 

※病院によっては18歳以上でも可。

 

近視・遠視・乱視の方。

 

近視度数が−10D以内の方。

 

※病院によっては−14D以内でも可。

 

乱視度数が−6D以内の方。

 

遠視度数が+6D以内の方。

 

角膜の厚さが十分にある方。

 

※500マイクロメートル以上が望ましい。

 

角膜内皮細胞数が十分にある方。

 

※1500個以上が望ましい。

 

Zレーシックができない人

 

20歳未満の方。

 

近視の進行が進んでいる方。

 

角膜の厚さが基準値以上ない方。

 

アレルギー性結膜炎の方。

 

円錐角膜の方。

 

妊娠中や授乳中の方。

 

目の病気がある方。

 

白内障や緑内障の症状が出始めている方。

 

糖尿病、膠原病など重篤な病気のある方。

 

屈折矯正手術ができない職業の方。

 

格闘技など激しいスポーツをする方。

 

医師が不適当と判断した方。

 

Zレーシックの適応検査

 

適応検査は約2〜3時間ほどかかります。

 

主な検査項目は以下の通りです。

 

視力検査

 

屈折検査

 

眼圧検査

 

眼底検査

 

涙液検査

 

角膜曲率半径

 

角膜厚検査

 

角膜知覚検査

 

角膜形状解析

 

角膜内皮細胞検査

 

細隙灯顕微鏡検査

 

適応検査の前には、コンタクトレンズの
装用中止期間があります。

 

ソフトコンタクトレンズ:1週間装用中止

 

乱視用ソフトコンタクトレンズ:2週間装用中止

 

ハードコンタクトレンズ:3週間装用中止

 

1ヶ月連続装用タイプ:1ヶ月

 

コンタクトレンズの装用中止期間は
病院や使用しているコンタクトレンズの
種類によっても違いますので、
詳細は各病院で確認して下さい。

 

適応検査で瞳孔を開く目薬を使うため、
車やバイク、自転車等で行かないようにしましょう。

 

適応検査と同時に診察やカウンセリング、
手術についての説明などが行われます。

 

検査の結果をもとに医師が適否を診断します。

 

適性検査で適応であれば手術が可能です。

 

※検査時間や検査項目は、
病院によって違います。

 

Zレーシックの手術方法

 

1.洗浄後に点眼麻酔をさします。

 

2.フェムトセカンドレーザーを使い、
正確で均一なフラップを作成します。

 

3.フラップを起こします。

 

4.エキシマレーザーを照射し屈折矯正します。

 

5.フラップを洗浄・消毒します。

 

6.フラップを戻します。

 

【Zレーシックの手術の様子】

 

 

Zレーシックのメリット

 

イントラレースに比べて目の負担が軽い。

 

イントラレースに比べて術後の炎症を起こしにくい。

 

イントラレースに比べて術後の回復が早い。

 

イントラレースに比べてフラップの切断面が滑らか。

 

イントラレースに比べて施術時間が短い。

 

イントラレースに比べて照射時間が短い。

 

イントラレースに比べて照射エネルギーが小さい。

 

高次収差が最小限に抑えられるので、
術後の見え方の質が高い。

 

夜間に光を眩しく感じたり、にじむことが少ない。

 

トップビューカメラにより、
操作画面上で確認しながらフラップ作成ができる。

 

強度近視(−6.25D)以上の方でも
手術できることがある。

 

申請すれば運転免許証の眼鏡等の条件が外れる。

 

Zレーシックのデメリット

 

「FEMTO LDV」は、
厚生労働省に認可されていない。

 

フラップのエッジ角度の調整ができない。

 

フラップの強度が弱い。

 

イントラレースに比べて照射エネルギーの量が高い。

 

イントラレースに比べて世界中での症例数が少ない。

 

イントラレースと違いフラップの厚みや
大きさを細かく設定できない。

 

角膜の薄い人は手術できないことがある。

 

稀に過矯正になることがある。

 

老眼の症状は抑えることが出来ない。

 

新しい技術のため、将来何が起こるかわからない。

 

Zレーシックのできる病院

 

>>>品川近視クリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

スタンダードZレーシック 料金(両目・税抜き):20.4万円
保証期間:8年間
術後の定期検診:翌日、1週間後、3ヶ月後

【特徴】
※近視、遠視、乱視の方に適している。
※Zレーシック症例数世界一。
※イントラレーシックに比べ安全。
※最高級のエキシマレーザーを使用。
※フラップ作成時の照射エネルギーが小さい。
※術後の炎症が少ない。
※日帰り手術可能。
※サポート会員になると無料相談や老眼治療が割引価格になる。
※紹介割引(3万円)
※無料提携託児所あり。
※東京院、札幌院でのみで実施。
クリスタルZレーシック 料金(両目・税抜き):23.2万円
保証期間:8年間
術後の定期検診:翌日、1週間後、3ヶ月後

【特徴】
※近視、遠視、乱視の方に適している。
※Zレーシック症例数世界一。
※イントラレーシックに比べ安全。
※エキシマレーザーはアレグレットを使用。
※フラップ作成時の照射エネルギーが小さい。
※術後の炎症が少ない。
※フェムトLDVクリスタルラインを使用。
※術後の早期回復が可能。
※日帰り手術可能。
※サポート会員になると無料相談や老眼治療が割引価格になる。
※紹介割引(3万円)
※無料提携託児所あり。
アマリス750Zレーシック 料金(両目・税抜き):29.7万円
保証期間:10年間
術後の定期検診:翌日、1週間後、3ヶ月後

【特徴】
近視、遠視、乱視の方に適している。
※Zレーシック症例数世界一。
※見え方の質が非常に高い。
※イントラレーシックに比べ安全。
※フラップ作成に最高級のアマリス750を使用。
※7次元で眼の動きを認識する機能を搭載。
※レーザー照射の精度が向上し、照射時間が短縮された。
※フラップ作成時の照射エネルギーが小さい。
※ウェーブフロントにも対応。
※術後の炎症が少ない。
※術後のハロ・グレアを大幅に減少。
※日帰り手術可能。
※サポート会員になると無料相談や老眼治療が割引価格になる。
※紹介割引(3万円)
※無料提携託児所あり。

 

※施術名称や施術金額は、
予告なく変更されることがあります。

 

※詳細は必ず公式サイトでご確認下さい。

 

Zレーシックとイントラレーシックの比較

 

術式
比較項目
Zレーシック イントラレーシック
症例数 少ない 多い
レーザー機器 フェムトLDV イントラレース
エネルギー量 1000KHz/0.2マイクロジュール 60KHz/1.5マイクロジュール
照射スポット 小さい 大きい
照射途中の位置調整 不可能 可能
角膜へのダメージ 小さい 大きい
フラップのエッジ角度 約30度 約90度
フラップの強度 弱い 強い
フラップのカスタマイズ 不可能 可能
フラップの形状 円形のみ 円形・楕円の選択が可能
フラップによる合併症 多い 少ない
認可 FDAのみ認可 厚生労働省とFDAが認可
屈折矯正 エキシマレーザー エキシマレーザー
矯正機器 アレグレット、 ビジックス、 テクノラス アレグレット、 ビジックス、 テクノラス
強度近視の矯正 可能 可能
手術費用(両目) 20〜30万円 15〜25万円
手術時間(両目) 10〜15分 10〜30分

 

Zレーシックの口コミ・体験談

 


(男性 30代)

 

私は建築関係の仕事をしています。

 

普段は外の現場が多く、
強風の時は目に埃が入って
いつも苦労していました。

 

また、コンタクト長時間つけていると、
乾燥が酷くなってしょっちゅう
目薬をささないとダメでした。

 

私と同じような症状で悩んでいた
職場の同僚がレーシックをしたと聞きました。

 

実際にレーシックの体験者が身近にいたため、
色々な話を聞けて安心できました。

 

同僚の紹介でレーシックをすることにしました。

 

適応検査の結果、目の負担や後遺症の少ない
Zレーシックというのを勧められました。

 

値段は25万円でしたが、
同僚の紹介割引があって、
少し安くなりました。

 

手術は15分ほどで終わりました。

 

痛みなどは全くなかったのですが、
手術直後は視界がぼやけていました。

 

このまま本当に見えるのか不安でした。

 

視界が不安定なまま家に帰りました。

 

でも翌日になると、
裸眼でしっかりと見えていました。

 

ただ、ドライアイと
夜間は少し光を眩しく感じました。

 

先生に質問したら、数ヶ月すれば
症状は落ち着くと言われました。

 

今まで仕事中はコンタクトを使用していましたが、
今は必要なくなりました。

 

視力は両目0.03から1.5になって、
コンタクトの時より良く見えます。

 

このまま視力が落ちないか不安ですが、
私の場合は1回だけ再手術ができると言われました。

 

今までより快適に仕事ができるようになって、
とても良かったと思っています。

 


(女性 30代)

 

今までレーシックには興味があったものの
費用面や術後の後遺症などを考えたら、
なかなか踏み切れませんでした。

 

でもある日テレビを見ていたら、
ある女性タレントがレーシックをした話を聞いて、
とても羨ましく思いました。

 

そこで、とりあえず話だけでも聞きに行こうと思い、
無料説明会に行ってみました。

 

説明会では、自分が不安に
思っていたことが解消できました。

 

そして、その日のうちに
適応検査の予約を入れました。

 

普段からコンタクトに頼っていたため、
適応検査までのメガネ生活がとても大変でした。

 

適応検査は待ち時間を入れて、
3時間ほどかかりました。

 

最後にレーシックについての説明と、
医師による診察を受けました。

 

医師からレーシック可能だと言われたので、
3日後に手術の予約を入れました。

 

私が選んだのは、
クリスタルZレーシックです。

 

手術当日は少し緊張しましたが、
スムーズに終わりました。

 

フラップを作っていると思われた時は、
目を押される感覚がありましたが、
痛いとは思いませんでした。

 

レーザー照射は片目10秒くらいで、
両目で10分程度で手術が終わりました。

 

手術後は薄暗い部屋に移動し、
リクライニングシートで20分ほど安静にしてました。

 

その後、医師が目の状態を確認して、
OKだったので4種類の点眼薬と、
保護用のメガネをもらって帰りました。

 

家へ帰る途中に裸眼でも景色が見えました。

 

裸眼で物が見えたのは約20年ぶりだったので、
本当に感激しました。

 

家に帰ると沁みるような痛みが出ましたが、
もらった薬を使えば症状は治まりました。

 

手術後は目に異物感がありましたが、
それほど気にはなりませんでした。

 

翌日の検診で左目1.0、右目1.5でした。

 

1週間後の検診では両目1.5でした。

 

手術前は恐怖心が先行していたのですが、
きちんとした説明を受けて、疑問が解消できれば
不安もある程度はなくなりました。

 

ただ、痛みや術後の症状は人それぞれなので、
やってみないと分からないと思います。

 

ちょっと高い買い物でしたが、
この先のコンタクト生活を考えると、
やる価値は十分にあると思います。

 


(女性 20代)

 

私は普段から使い捨ての
ワンデーアキュビューを使用していました。

 

洗浄の手間もなく楽なので、
面倒くさいのが嫌いな私には
一番合っていました。

 

少し割高ですが、
便利で止めれませんでした。

 

ただ、終日連続装用をすると、
夜になって目が真っ赤に充血して、
人と目を合わせるのが辛くなりました。

 

特に花粉症の季節は、
異常なほど目が真っ赤になって、
恥ずかしい思いをしました。

 

極度の近視のため眼鏡をかけると
頭がしばしば痛くなりました。

 

社会人になってそれなりに
お給料をもらえるようになったので、
レーシックを受けることにしました。

 

手術前の検査で裸眼視力は
両目で0.04でした。

 

検査で異常は無かったので、
1週間後に手術することになりました。

 

手術前に代金の支払いを済ませました。

 

その後、再度簡単な検査が行われ、
手術室に入りました。

 

最初は点眼麻酔をたっぷりとかけられました。

 

麻酔が効くまでしばらく待って、
その後にフラップを作る機械が
目の前に来て真っ暗になりました。

 

フラップができたら、
レーザーで角膜の矯正が行われます。

 

手術は片方ずつ行われます。

 

時間にして片目5分程度です。

 

手術後はぼんやりですが裸眼で見えました。

 

となりの部屋で少し休んでから、
薬とサングラスをもらって帰宅しました。

 

術後はコンタクトをつけているような
違和感が少しだけありました。

 

家に帰って鏡を見たら、
目が内出血していました。

 

でも、1週間ほどで無くなりました。

 

翌日の検査で右0.7、左1.2でした。

 

1ヶ月後の検査で右1.2.、左1.5でした。

 

レーシックを受けた人は、
術後に必ずと言っていいほど、
ハロー・グレアという症状が出るようです。

 

ですが、私の受けたZレーシックでは、
この症状がかなり抑えられるそうです。

 

確かに術後2週間ほどは、
車のライトが光の輪のように見えたり、
ギラギラ見えることがありました。

 

でも、1ヶ月後には全く感じなくなりました。

 

気になるドライアイは、
ほとんどありませんでした。

 

術後しばらくは日常生活で気をつける点がありますが、
裸眼で生活できる喜びに比べると大したことではないです。

 

 


このページのトップへ戻る