レーシック手術で失敗しない為の予備知識

ラセック(LASEK)

 

ラセック(LASEK)とは?

 

ラセックは、以下の頭文字を取り
「LASEK」と書きます。

 

Laser(レーザー照射)

 

Assisted(〜による)

 

Sub−Epithelial (角膜上皮下)

 

Keratectomy(角膜切除術)

 

日本での呼び方は、は「ラセック」、「ラゼック」、
「レーゼック」、「ラーゼック」等バラバラですが、
ここではラセックとしておきます。

 

ラセックは1999年に
イタリア人の医師によって考案されました。

 

イントラレーシックはフラップを作成する際に、
レーザーを使用します。

 

ですが、ラセックはエタノールなどの
アルコールを角膜上皮に点眼し、
角膜上皮を柔らかくして剥がすようにめくって、
非常に薄いフラップを作成します。

 

その後はイントラレーシックと同様に、
エキシマレーザーで視力を矯正します。

 

ラセックのフラップは、
角膜上皮層だけで作られます。

 

よって、ラセックのフラップは
通常のレーシックの
半分以下の薄さになります。

 

通常のレーシックでは、
角膜上皮層とボーマン膜、
角膜実質層の一部で作られます。

 

 

通常のレーシックで作るフラップの厚さは、
約0.15〜0.18ミリです。

 

ですが、ラセックのフラップの厚さは、
エピケラトームと同様で、
約0.05ミリの極薄です。

 

そのため、角膜の薄い人や
強度近視の方に適している手術です。

 

ラセックはエピレーシックと同様に
時間が経てば角膜の再生により、
フラップが剥がれ落ちます。

 

その結果、眼球が強化されるので
眼球に強い衝撃を受けるスポーツをする人や
目に圧力がかかる人にも適しています。

 

ラセックの特徴は薄いフラップですが、
薄いフラップを作るためには、
医師の熟練した技術が必要です。

 

また、ラセックはレーザーで角膜を矯正する際に、
ボーマン膜と呼ばれる角膜の層を全て取り除きます。

 

一度取り除いたボーマン膜は、
二度と再生することはありません。

 

そのため、術後に角膜混濁のリスクが
高くなると言われています。

 

また、ボーマン膜が無くなることで、
角膜の強度が落ちます。

 

ただし、ボーマン膜が無くなっても
視力に影響が出るという研究報告は、
今のところありません。

 

フラップが非常に薄いため、
術後数日間は保護用の
コンタクトレンズを使用します。

 

このコンタクトレンズは、
角膜上皮が再生するまでの約1週間、
連続して装用します。

 

角膜上皮が再生するまでは異物感があったり、
痛みがあったりします。

 

そして、角膜上皮が再生するまで、
眩しくて目が開けられない症状が
出ることもあります。

 

また、視力はすぐには戻らず、
完全に回復するまでに時間がかかります。

 

もちろん、個人差もありますが、
ラセックの場合は目標視力に達するまで、
1週間から1ヶ月くらいかかると言われています。

 

そのため、ラセックではなく、
術後すぐに視力が回復する
通常のレーシックを選ばれる人が多いようです。

 

また、ラセックの場合は、
フラップが非常に薄いため、
通常のレーシックよりも
術後のアフターケアが重要になります。

 

ラセックの費用としては、
15万円から25万円が相場のようです。

 

使用するエキシマレーザーの種類や
保障期間、人件費などの違いなどもあるため、
手術費用は病院によって違います。

 

ラセックの詳しい価格は、
各病院でご確認下さい。

 

ラセックの手術方法

 

1.洗浄後に点眼麻酔をさします。

 

2.角膜にマーキングをします。

 

3.アルコールで30秒ほど角膜表面を柔らかくして、
非常に薄いフラップを作成します。

 

4.柔らかくなった角膜表面をめくります。

 

5.適応検査のデータを基にして、
エキシマレーザーを照射し屈折矯正します。

 

6.マーキングに従ってフラップを戻します。

 

7.全体を洗浄・消毒します。

 

8.角膜表面を保護するために
保護用コンタクトレンズを着用します。

 

9.別室で30分程度目を閉じて安静にします。

 

ラセックの手術時間は、
両目で約20分ほどです。

 

ラセックのメリット

 

通常のレーシックに比べて、
フラップ形成不全が起こりにくい。

 

通常のレーシックに比べて、
角膜の厚みを多く残せる。

 

通常のレーシックに比べて、
合併症が起きにくい。

 

通常のレーシックに比べて、
再手術がしやすい。

 

PRKに比べて術後の痛みが少ない。

 

角膜が薄い人でも
手術できることがある。

 

近視の度数が高い人でも
手術できることがある。

 

エピケラトームが適さない人でも
手術できることがある。

 

眼にキズのある人や目の小さい人でも
手術できることがある。

 

網膜に異常がある人でも
手術できることがある。

 

網膜に障害が起きる危険が少ない。

 

術後にドライアイになりにくい。

 

術後に炎症になりにくい。

 

フラップを削らないので、
術後に眼圧が上昇することがない。

 

格闘技など激しいスポーツをする人に向いている。

 

ラセックのデメリット

 

通常のレーシックに比べて、術後の痛みが激しい。

 

医師の技術によって術後の視力に差が出る。

 

角膜上皮が再生するまで時間がかかるため、
視力回復までに時間がかかる。

 

視力が安定するまで時間がかかるので、
両目同時に手術ができない。

 

手術後1週間程度は仕事ができない。

 

手術後1週間程度は
コンタクトレンズを装着する必要がある。

 

ボーマン膜が消失してしまう。

 

稀に角膜のにごり(ヘイズ)が起こることがある。

 

アルコールの使用が長期的に
どのように影響するかわからない。

 

ラセックのできる病院

 

>>>品川近視クリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

ラゼック 料金(両目・税抜き):16.5万円
保証期間:3年間
フラップの作成方法:アルコール
術後の定期検診:翌日、3日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後
※角膜の薄い方に適している。
※格闘技などの激しいスポーツをする方に適している。
※エピケラトームができない方に適している。

 

>>>神戸神奈川アイクリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

スタンダード・ラセック 料金(両目・税込み):25万円
保証期間:3年間
フラップの作成方法:アルコール
術後の定期検診:翌日、2日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後
※近視度数に対して角膜が薄い方に適している。
※軽度・中等度の近視の方に適している。
※格闘技などの激しいスポーツをする方に適している。
※厚生労働省やFDA承認済のエキシマレーザーを使用。
※術後のドライアイが少ない。
※オーダーメイドプラン:なし
※1Dayレーシック対象外
カスタム・ラセック 料金(両目・税込み):37万円
保証期間:15年間
フラップの作成方法:アルコール
術後の定期検診:翌日、2日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後
※近視度数に対して角膜が薄い方に適している。
※格闘技などの激しいスポーツをする方に適している。
※厚生労働省やFDA承認済のエキシマレーザーを使用。
※術後のドライアイが少ない。
※ハロー・グレア現象を軽減し、夜間視力を大幅に改善できる。
※同じ1.2の視力でも、よりクッキリはっきりとした見え方になる。
※オーダーメイドプラン:あり
※1Dayレーシック対象外
アイデザイン・カスタム・ラセック 料金(両目・税込み):40万円
保証期間:15年間
フラップの作成方法:アルコール
術後の定期検診:翌日、2日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後
※近視度数に対して角膜が薄い方に適している。
※格闘技などの激しいスポーツをする方に適している。
※厚生労働省やFDA承認済のエキシマレーザーを使用。
※術後のドライアイが少ない。
※ハロー・グレア現象を軽減し、夜間視力を大幅に改善できる。
※同じ1.2の視力でも、よりクッキリはっきりとした見え方になる。
※オーダーメイドプラン:あり
※1Dayレーシック対象外

 

>>>新宿近視クリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

プラチナLASEK(ラゼック)

料金(両目・税込み):23.8万円
保証期間:1年間
フラップの作成方法:アルコール
術後の定期検診:翌日、2日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後
※角膜の強度が高い。
※角膜の薄い方に最適。
※格闘技などの激しいスポーツをする方に適している。
※通常のレーシックができない方でも可能。
※強度の近視・乱視の方でも可能。
※日帰り可能。

 

※施術名称や施術金額は、
予告なく変更されることがあります。

 

※詳細は必ず公式サイトでご確認下さい。

 

ラセックの口コミ・体験談

 


(男性 30代)

 

私は小学生の頃から目が悪くなって、
眼鏡をかけていました。

 

20代になってからはさらに視力が落ちて、
0.1以下になってしまいました。

 

20代からはコンタクトを使用していて、
30代になった頃には
目の乾燥や充血に悩んでいました。

 

そのため、イントラレーシックを受けたくて、
病院へ検査に行きました。

 

すると、あなたの角膜は日本人の平均より薄いために、
イントラレーシックはできないと言われました。

 

その代わりにラセックという術式なら
手術ができると言われました。

 

イントラレーシックができると思っていたので、
がっかりしてその日は手術を決めずに帰りました。

 

家に帰ってラセックについて調べていると、
イントラレーシックよりも安全ではないかと思いました。

 

イントラレーシックでは角膜を厚く削りますが、
ラセックでは角膜を薄く削るため、
手術後にもし視力が落ちても再手術できます。

 

色々悩んた末にラセックをすることにしました。

 

最初は目にレーザーを入れるということに、
すごく不安を感じていました。

 

ですが、あっという間に手術が終わって、
ホットしました。

 

ただ、手術した当時は、
目が痛くて仕方がなかったです。

 

でも、処方された目薬と飲み薬で
何とかなりました。

 

翌日には痛みも大分治まっていました。

 

でも、目に違和感があったので、
電話をしてたらすぐに診察してくれて、
症状は治まりました。

 

眼鏡やコンタクトで
20年以上生活をしてきましたが、
今では一切必要なくなりました。

 

両目1.5まで視力が回復できました。

 

景色もくっきりはっきり見えます。

 

眼鏡やコンタクトの煩わしさがなくなり、
裸眼での生活はとても快適です。

 


(男性 20代)

 

治療後すぐは焦点がぼやけて
見えずらかったです。

 

定期健診の時に質問したら、
徐々に見えるようになるので、
気にしなくてもいいと言われました。

 

術後しばらくするまで、
視力は安定しませんでした。

 

でも、手術してから視力は
0.1から1.0になりました。

 

手術から9ヶ月経過しましたが、
キープしています。

 

たまにドライアイ気味になって
目がゴロゴロしますが、
目薬をさすことで改善されます。

 


(女性 30代)

 

私は妊娠する前に手術しました。

 

適応検査でコンタクトの使用方法に
問題があったみたいで、
ラセックを勧められました。

 

手術前は不安でしたが、
すぐに手術が終わって安心しました。

 

手術後は視力が安定するまで
しばらく時間はかかりましたが、
今では両目で1.5になりました。

 

それまでは左0.02、
右0.03しかなかったので、
裸眼でよく見えることに感動しました。

 

子供を産む前に手術したので、
今は寝起きにすぐに子供をしっかり見れます。

 

お風呂ではコンタクトもメガネもなしで
一緒に入れるので手術して良かった思っています。

 

手術後、痛みはありましたが、
事前に説明は聞いていたし、
我慢できな程の痛みではなっかたです。

 

保険が使えないので
手術費用は高いと思いましたが、
何年間も視力が低いことに悩まされてきたので、
それを考えると納得できました。

 

術後はしばらく痛みがありましたし、
目の渇きがしばらく続きました。

 

でも徐々に和らいでいき、
1週間もしたらほとんど違和感がなくなりました。

 

今はやってよかったと心から思っています。

 

コンタクトの付け外しが無くなって、
毎日楽です。

 

コンタクトが目に合わず、
痛い思いをすることもなくなりました。

 


(女性 30代)

 

同じ会社の同僚が何人もレーシックをしていて、
快適な裸眼生活を送っていたので、
羨ましく思っていました。

 

私も勇気を出して、
レーシックしたいと思いました。

 

実際にクリニックに行って
手術の流れや事前の検査を確認し、
疑問に思っていることも
丁寧に説明してもらえました。

 

その後、仕事が終わってから
検査を受けに行ったのですが、
平日にも関わらずたくさんの人がいました。

 

その日に手術の予約をして帰りました。

 

手術前は体調を整えて早めに寝ました。

 

手術室に入ると緊張しましたが、
あっけなく終わってしまいました。

 

手術から約1ヶ月経ちましたが、
視力は両目とも1.5に回復しました。

 

仕事でパソコンを使う時間が長いので、
今後視力が落ちないか心配ではあります。

 

でも、仕事から疲れて帰宅した時に
コンタクトを外さなくてよいのはとても楽です。

 

 


このページのトップへ戻る