レーシック手術で失敗しない為の予備知識

スタンダードレーシック

 

スタンダードレーシックとは?

 

スタンダードレーシックとは、
マイクロケラトームと呼ばれる電動カンナを使って、
角膜を切り開いてフラップを作成する視力矯正手術です。

 

 

均一の厚さで綺麗なフラップを作成するために、
マイクロケラトームはダイヤモンドや
サファイア、ステンレスなどで作られています。

 

マイクロケラトームの相場は、
1枚1〜2万円だと言われています。

 

マイクロケラトームは
手術後に滅菌消毒されていましたが、
最近は感染症予防のために使用する度に、
使い捨てになっています。

 

そのため、昔に比べて
感染症にかかるリスクは
低くくなりました。

 

マイクロケラトームは医師が手動で操作するため、
フラップの精度は医師の技術に左右されます。

 

フラップの精度が低いと、
術後に合併症や後遺症が出たり、
思ったほど視力が回復しないこともあります。

 

そのため、マイクロケラトームを
扱う医師は熟練を要します。

 

スタンダードレーシックを受ける場合は、
マイクロケラトームの操作の経験が多く、
熟練した医師を選ぶことが重要です。

 

熟練した医師がスタンダードレーシックを行うと、
イントラレーシックと同じぐらいの効果が
得られることもあります。

 

最近はマイクロケラトームの精度が上がり、
イントラレーシックと同じぐらいの厚さの
フラップを作成できるものもあります。

 

そして、日本人の眼球のサイズに合わせた
マイクロケラトームも開発されています。

 

そのため、従来のマイクロケラトームに比べて、
危険性も減って安全性が高くなっています。

 

また、角膜を矯正する時に使うエキシマレーザーは、
厚生労働省承認のものを導入している病院もあります。

 

スタンダードレーシックの費用は、
10万円〜15万円ほどが相場です。

 

使用するマイクロケラトームの種類や
保障期間、人件費などの違いなどもあるため、
手術費用は病院によって違います。

 

スタンダードレーシックの詳しい価格は、
各病院でご確認下さい。

 

また、マイクロケラトームを使った手術は、
スタンダードレーシックの名称以外にもあります。

 

そのため、マイクロケラトームを使って
手術を希望する場合は各病院で確認して下さい。

 

スタンダードレーシックの手術方法

 

1.洗浄後に点眼麻酔をさします。

 

2.マイクロケラトームを使って、
フラップを作成します。

 

3.フラップを起こします。

 

4.適応検査のデータを基にして、
エキシマレーザーを照射し屈折矯正します。

 

5.フラップを洗浄・消毒します。

 

6.フラップを戻します。

 

7.フラップが接着するまで、
数分ほどしばらく待ちます。

 

スタンダードレーシックの手術時間は、
両目で約20分ほどです。

 

スタンダードレーシックのメリット

 

他のレーシックに比べて手術費用が安い。

 

角膜への負担が少ない。

 

角膜の回復が早い。

 

術後の痛みが少ない。

 

術後に炎症が起こりにくい。

 

軽度近視の人に向いている。

 

メガネやコンタクトレンズと
同じ見え方を希望する人に向いている。

 

スタンダードレーシックのデメリット

 

医師の技術によって術後の見え方に差が出る。

 

術後に合併症が起こることがある。

 

術後にハローやグレアの症状が多少出ることがある。

 

40歳以上の方は受けれないことがある。

 

近視や乱視が強い方は受けれないことがある。

 

角膜の厚さが足りない方は受けれないことがある。

 

フラップ形成不全が起こりやすい。

 

フラップがずれたりシワになりやすい。

 

稀に乱視になることがある。

 

夜間の視力が落ちることがある。

 

感染症にかかるリスクがある。

 

網膜に負担がかかる。

 

スポーツ選手のように
激しい運動をする人には向いていない。

 

高次収差を矯正できない。

 

※高次収差とは角膜、
水晶体の細かな歪みのことです。

 

スタンダードレーシックのできる病院

 

>>>品川近視クリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

スタンダードレーシック 料金(両目・税抜き):8.6万円
保証期間:3年間
フラップの作成方法:マイクロケラトーム
※イントラレーシック最安値。
※40歳以上の方は受けられません。
※近視・乱視が強い方、角膜厚不足の方は他の手術を勧められることもあります。

 

>>>神戸神奈川アイクリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

スタンダードレーシック 料金(両目・税込み):15万円
保証期間:3年間
フラップの作成方法:マイクロケラトーム
対象者:軽度の近視の方
オーダーメイドプラン:なし

 

>>>新宿近視クリニックの公式サイトはコチラ<<<

 

SBKレーシック 料金(両目・税込み):9.4万円
保証期間:なし
フラップの作成方法:SBKウルトラマイクロケラトーム
※40歳未満の方のみ可能。
※再手術は有料。
※術後の炎症が軽い。

 

※スタンダードレーシックは各クリニックによって、
名称が異なる場合があります。

 

※施術名称や施術金額は、
予告なく変更されることがあります。

 

※詳細は必ず公式サイトでご確認下さい。

 

スタンダードレーシックの口コミ・体験談

 


(男性 40代)

 

6年ほど前にレーシック手術を受けました。

 

当時の手術費用は確か8万円ほどでした。

 

術後は両目0.4だった視力が、
1.5になりました。

 

でも今は両目で1.0です。

 

視力は下がりましたが、
裸眼で十分生活できるので、
特に問題はありませんね。

 

眼鏡やコンタクトレンズなしで
生活できるので快適です。

 

数年前から夜間に遠方の光が
ギラついて見えるようになりましたが、
あまり気にはなりません。

 

最近はドライアイ気味で毎日目薬をしていますが、
加齢によるものなので気にしていません。

 

お風呂好きの私にとって、
裸眼で大浴場に入れるなんて夢のようです。

 

個人的にはレーシック手術をして
良かったと思っています。

 

でも、ドライアイや、夜間の見え方に
不満が残る人もいると思います。

 


(男性 30代)

 

35歳の時に施術しました。

 

地方に住んでいるため近所の眼科で受けましたが、
レーシック手術で有名な眼科のため、
特に不安はありませんでした。

 

適応検査の結果、マイクロケラトームでも
手術が出来ると言われてすることにしました。

 

手術後は、右目0.3、左目0.4だったのが、
両目1.5になりました。

 

私は眼鏡とコンタクトを使っていた期間が長かったので、
それらから開放された感動は言葉では表せません。

 

コンタクトによる目のトラブルとも
さよならできたことが本当に嬉しいです。

 

手術後は眼精疲労も軽減され、
長時間の車の運転も楽になりました。

 

3年たった今でも視力は落ちていません。

 


(女性 30代)

 

親戚がレーシックをしたことを聞いて、
私も興味が出てやってみることにしました。

 

手術後は無事に視力が回復し、
1ヶ月経った今では両目ともに1.5です。

 

もともとは、両目0.4でした。

 

ただ、手術後間もないので、
まだ完全には傷が治りきっていません。

 

なので、目が疲れてきた時など、
不安定に感じることはあります。

 

現在は処方された目薬(3種類)を
きちんと使用して様子を見ている感じです。

 

手術当日は半端なく怖かったです。

 

今ではいい体験にはなりましたが・・・。

 


(女性 20代)

 

私は中学生からずっとメガネと
コンタクトを併用していました。

 

これから先のコンタクトの煩わしや
それにかかる経費を考えて、
思い切って去年の年末に
レーシックを受け半年が経ちました。

 

手術直後は、しばらく目薬を
手放せませんでした。

 

でも、今はドライアイも全くなく、
視界も細部までクリアです。

 

右1.2、左1.5まで回復しました。

 

手術する前は両眼とも0.3程度でした。

 

今の感想は本当にやって良かったと思います。

 

ただ、レーシックはあくまで手術です。

 

100%の成功はないので、
納得出来ないのなら、
絶対にやるべきではないと思います。

 

 


このページのトップへ戻る