レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術の視力回復効果とは?

 

レーシック手術を考えている人は、
視力回復効果について
かなり興味があると思います。

 

基本的にレーシック手術の視力回復効果は、
かなり期待していいと思います。

 

レーシック手術は即効性があって、
劇的に視力回復出来るのが魅力的です。

 

ですが、当然、人によって差が出てきます。

 

目安としては、メガネやコンタクトレンズを利用して、
矯正できる範囲までと考えておけばいいでしょう。

 

仮にメガネやコンタクトを使って、
視力が1.5まで矯正できる人ならば、
レーシック手術の視力回復効果も
視力1.5まで可能だということです。

 

ですが、術後しばらくすると、
視力は1.2程度で安定すると言われています。

 

一般的にレーシック手術は、
メガネが必要な視力0.7以上に
回復するようにしています。

 

そのため、術後には裸眼で生活することが
可能になっています。

 

ちなみに、レーシック手術を受けた方の9割以上は、
視力が1.0以上に回復したというデータもあります。

 

レーシック手術を行っているほとんどのクリニックでは、
事前に適応検査や手術前検査を無料で行っています。

 

この検査によって、レーシック手術の
視力回復効果がわかるようになっています。

 

また、検査によってレーシック手術に向いていない人や
手術が出来ない人もわかります。

 

例えば、以下のような方は、
レーシック手術を受けることが出来ません。

 

18歳未満の人

 

60歳以上の人

 

角膜の厚さが不足している人

 

角膜に炎症や外傷などがある人

 

角膜ヘルペスになったことがある人

 

コンタクトレンズを長期利用している人

 

カラーコンタクトを長期利用している人

 

白内障や緑内障、網膜はく離、結膜炎などの目の疾患がある人

 

極度の乱視の人

 

糖尿病や肝炎、膠原病などの持病持ちの人

 

老眼の症状が出ている人

 

近視が進んでいる人

 

妊娠中や授乳中の人

 

夜間の視野が仕事などに影響がある人

 

精神安定剤などの向精神薬を飲まれている人

 

これらの人がレーシック手術を受けると、
視力が回復しなかったり、
後遺症や合併症が出る可能性が高くなります。

 

適応検査の結果、レーシック手術に
向いていないことがわかれば、
手術を受けるのは諦めましょう。

 

また、近視が酷い人も注意しましょう。

 

近視が酷い人ほど角膜を多く削る必要があるのですが、
角膜の厚さは個人差がありますし、厚さに限りもあります。

 

そのため、近視が強い場合は、
視力が1.0以上回復しない可能性が高くなります。

 

ですが、一般的には0.8以上は回復しますので、
裸眼で生活するには問題はありません。

 

特に近視が強い方は、
医師に相談するようにしましょう。

 

自分が希望している視力まで回復できない時は、
レーシックをしないのも一つの判断です。

 

また、レーシック手術には、
イントラレーシックや
エピレーシックなどの種類があります。

 

そのため、レーシックの種類によって、
視力回復度合いも変わってきます。

 

イントラレーシックの方が比較的早く視力が回復し、
エピレーシックなど特殊な手術は視力が回復するまで、
1〜3ヶ月程度かかると言われています。

 

また、レーシック手術後、
視力回復効果があったにもかかわらず、
しばらくすると視力が低下するケースもあるようです。

 

特に近視の進行が止まっていない状態で、
手術を受けると近視に戻るリスクが
高いと言われています。

 

また、長時間パソコンを使ったような
目を酷使するような作業をすると、
近視に戻ってしまうケースもあります。

 

当然、目に悪い環境で生活していれば、
レーシックをしても視力が低下します。

 

悩んだ末に大金をつぎ込んで、
ようやく手術を受けたのに、
再び視力低下はがっがりです。

 

そのため、こういった可能性に対して、
保証を付けているクリニックが多いようです。

 

ちなみに、レーシック手術は角膜の状態によって、
再手術が可能です。

 

やはり、レーシック手術をしたら、
それで終わりということではなく、
その後の定期的なケアや日常生活も含めて
考えていく必要があるようです。

 

ですから、レーシック手術の視力回復効果は、
短期的には考えないようにしましょう。

 

日本ではまだ歴史が短いので、
長い目で見ていく必要性があります。

 

 


このページのトップへ戻る