レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術前のインフォームドコンセントを確認する

 

他の手術と同様にレーシック手術においても、
インフォームドコンセントは大切なことです。

 

インフォームドコンセントの言葉の意味を
知らない方もいるでしょう。

 

そこで、簡単に説明します。

 

インフォームドコンセントとは?

 

医師が患者に対して手術の内容を説明し、
もし、副作用や合併症、後遺症の可能性がある等の
リスクがある場合は、そのリスクを患者へ
伝えなければいけないという意味です。

 

その後、患者がリスクについて十分に納得した上で、
手術へ同意し、ようやく実際の手術が行われます。

 

当然、医療行為であるレーシック手術の場合も、
インフォームドコンセントが必要です。

 

医療界では術後のトラブルを避けるために、
インフォームドコンセントが重要視されています。

 

インフォームドコンセントは、
眼科専門医によって行われたのか確認しましょう。

 


(※写真はイメージです。)

 

眼科専門医は眼に関して、
全般的に幅広い知識と経験があります。

 

ただし、眼科専門医なら、
誰でも良いというわけでありません。

 

レーシック手術に精通している
眼科専門医か確認しましょう。

 

レーシック手術についての
知識や経験が豊富にあれば、
それだけ信頼性や安全性が高まると言えます。

 

レーシック手術における
インフォームドコンセントでは、
主に以下の内容が伝えられます。

 

適応検査の結果と説明。

 

レーシック手術のメリットとデメリットについての説明。

 

レーシック手術における合併症や後遺症のリスク。

 

レーシック手術後の視力回復度合い。

 

再手術が可能な場合の説明。

 

レーシック手術前と手術後の注意点。

 

患者の目に適した術式の説明。

 

レーシック手術後にトラブルがあった場合の対処法。

 

定期検診の内容や薬の副作用についての説明。

 

レーシック手術に掛る費用についての説明。

 

レーシック手術の内容だけを説明し、
合併症や後遺症についてのリスクを説明せずに、
積極的に手術を勧めてくる病院で、
レーシック手術をしないようにしましょう。

 

インフォームドコンセントが曖昧な場合は、
その病院でレーシック手術を受けるのを
止めた方がいいでしょう。

 

インフォームドコンセントがいい加減な病院は、
トラブルがあった時に責任逃れをする
可能性があるので要注意です。

 

インフォームドコンセントは
医師からの一方的な説明ではなく、
患者側から手術に対する疑問や不安などについて、
積極的に質問することも出来ます。

 

眼というデリケートな手術ですので、
小さいなことでもわからないことがあったら、
医師に質問して不安を解消しましょう。

 

できれば、事前にレーシック手術について調べて、
質問事項を用意しておきましょう。

 

マニアックな質問にも答えてくれるのかも
確認するといいでしょう。

 

マニアックな質問にも丁寧に答えてくれる医師は、
信頼できると言えるでしょう。

 

仮にインフォームドコンセントで、
疑問が解消出来なかったり、不安を感じた場合は、
第三者の意見を参考にするようにしましょう。

 

通常、適応検査後に
インフォームドコンセントが行われます。

 

レーシック手術を受ける場合は、
複数のクリニックで適応検査を受けてみて、
インフォームドコンセントについて
信用できる病院を選びましょう。

 

インフォームドコンセントは、
医師からの一方的な説明に対して、
ただ患者が同意するのではありません。

 

患者自身が医師からされる説明を理解して
納得した上で同意することで、
医師と患者がお互いに信頼を深めることが大切です。

 

そのため、インフォームドコンセントを
しっかり行ってくれる病院を選ぶようにしましょう。

 

レーシック手術は、命に関わるような
外科手術や内科手術と違って、
緊急を要する手術ではありません。

 

ですから、時間をかけて、
じっくりと病院を選ぶようにしましょう。

 

 


このページのトップへ戻る