レーシック手術で失敗しない為の予備知識

眼科専門医がいるかを確認する

 

レーシック手術を眼科専門医でない医師が
行っていることもあるという事実を
知らない人がいるかもしれません。

 

日本眼科学会のガイドラインでは、
レーシック手術は、日本眼科学会が認定する
眼科専門医が行うこと。」と書かれています。

 

眼科専門医には、医学部を卒業した後、
最低5年間の眼科の研修を修了し、
日本眼科学会が行う専門医試験に合格しないと、
なることでできません。

 

つまり、眼科専門医というのは、
眼に関する全般的・医療的な知識や
経験を持っている文字通り眼専門の医者です。

 

レーシック手術を受ける場合は、
担当医が眼科専門医かどうかを確認しましょう。

 

レーシック手術を担当する医師が
眼科専門医なのかそうでないのかは、
日本眼科学会のホームページで
確認することができます。

 

日本眼科学会:専門医一覧

 

また、最近では、クリニックのホームページに、
所属する医者の日本眼科学会の認定証を
証拠として載せているクリニックもあります。

 

 

レーシック手術は、手術時間も短く、
比較的安全な手術と言われています。

 

ですが、合併症などが起こる可能性が、
全くないというわけではありません。

 

もし、眼に他の病気が潜んでいた場合など、
予想できない状況にも対応しなければいけません。

 

眼科専門医は目の病気にも詳しいため、
仮に合併症が起こっても、
適切に治療することが出来ます。

 

また、レーシック手術は
レーザー機器を使って行いますが、
100%機器が手術をするわけでありません。

 

フラップ作成は医師による手作業で行われます。

 

眼科専門医は技術や経験が豊富なので、
非眼科専門医よりも上手にフラップを作成できます。

 

フラップの質は、術後の見え方の質や
視力回復に大きく影響します。

 

そのため、確かな技術を持った眼科専門医に
執刀してもらう方が良いでしょう。

 

また、眼科専門医が
手術前の適応検査を行うことで、
円錐角膜や角膜ジストロフィーなど、
目や角膜の病気をしっかりと診察します。

 

もし、目や角膜に病気や異常が見つかれば、
レーシック手術は出来ません。

 

万が一、適応検査で
目や角膜の病気や異常を見落としていた場合、
レーシック手術後に重篤な合併症が起きたり、
後遺症が残ってしまうこともあります。

 

そのため、診察から執刀、
アフターケアを含めて、
眼科専門医に行ってもらう方が安心できます。

 

もちろん、眼科専門医であれば、
100%手術が成功するという保障はありません。

 

しかし、初めてレーシック手術を受ける人にとって、
眼科専門医に施術を担当してもらった方が、
信頼感や安心感はあると言えるでしょう。

 

また、稀にですが術後に近視が残ったり、
矯正のし過ぎで遠視になったり、
術後フラップがずれたりすることもあります。

 

術後に合併症が起こった場合は、
眼科専門医でないと適切な対処が
できない場合もあります。

 

ちなみに、眼科専門医でない非眼科専門医が、
レーシック手術を行っても違法ではありません。

 

「レーシック専門医」を謳って手術を行っている
クリニックも多数存在します。

 

そのため、眼科専門医の資格の有無は、
クリニックを選ぶ時の判断基準の一つになります。

 

万が一のことも考えてレーシック手術をする際は、
日本眼科学会認定の眼科専門医で
受けられることをお勧めします。

 

 


このページのトップへ戻る