レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術の症例数を確認する

 

レーシック手術を受ける場合に、
クリニックの症例数について
チェックするようにしましょう。

 

そのクリニックが今までどれだけの
レーシック手術をしてきたのか
確認することは、心臓や脳の手術において
症例数が重要視されるのと全く同じです。

 

レーシックの症例数が多いということは、
多くの人に信頼されているということです。

 

それだけ多くの人の視力を
回復させてきた事実にもなります。

 

ですから、レーシック手術を検討しているなら、
クリニックの症例数を確かめることは大切です。

 

ですが、クリニックの症例数だけが、
全てではありません。

 

症例数は、クリニックの規模によっても
大きく左右される数値です。

 

比較的小規模のクリニックの場合は、
院長自らが執刀するため、
1日にできる手術件数は限りがあります。

 

そのため、クリニックの症例数は、
少なくなります。

 

一方、全国に支店などがある
大規模なクリニックの場合は、
医師の数も多いわけですから、
当然、クリニックの症例数も多くなります。

 

例えば、症例数のみで比較すると、
品川近視クリニックが断トツの数です。

 

すでに120万件以上の症例があります。

 

これは日本ではトップの症例数です。

 

全国展開しているということもありますし、
紹介者の来院数が多いことも要因です。

 

ですが、クリニック全体の症例数だけでなく、
執刀医の実績も重要となります。

 

 

仮に同じ病院に在籍していて、
1万件の症例数のある医師と、
1,000件の症例数のある医師なら、
どちらを選びますか?

 

当然、経験が豊富な1万件の症例数のある
医師を選ぶと思います。

 

レーシックの手術で使用する機器は、
ほとんどが自動化されています。

 

ですが、フラップをめくったり被せたり、
洗浄するのは執刀医が行います。

 

そのため、症例数の多い医師と
症例数の少ない医師では
合併症の発生率が違います。

 

アメリカのデータによれば、
症例数の多い医師程、
合併症の発生率が少ない傾向にあります。

 

また、手術件数が多い医師ほど、
スキルが着実に上がっていきます。

 

特にレーシック手術は医師によって
仕上がりに差が出やすい
手術とも言われています。

 

たくさん患者さんを受け持った医師の方が、
仕上がりが綺麗になりやすい傾向にあります。

 

また、症例数が多い医師の場合、
合併症に対する知識や経験も豊富にあります。

 

そのため、万が一のトラブル時も
適切、迅速に処置を行ってもらえます。

 

クリニックの症例数だけで選ぶと、
品川近視クリニックになりますが、
ベテランの医師に当たることもあれば、
経験の浅い若手の医師に当たることもあります。

 

そのため、クリニックの症例数だけではなく、
執刀医の症例数も確認しましょう。

 

目安として1万件以上の症例数がある医師は、
手術の手際がよくて腕も確かだと言えます。

 

ちなみに、SBC新宿近視クリニックや
東京近視クリニック、銀座近視クリニックなどには、
5万症例以上のベテラン医師が在籍しています。

 

大抵の場合、医師の症例数は
各クリニックの公式サイトで確認できます。

 

もし、医師の症例数が
掲載されていなかった場合は、
メールや電話で確認しましょう。

 

この時に明確な答えが返ってこなかった場合は、
他のクリニックを選びましょう。

 

また、クリニックによっては、
患者が医師を指名できないこともあります。

 

そのため、患者が医師を
指名できるのかも確認しましょう。

 

レーシック手術のクリニックを選ぶ際は、
クリニック全体の症例数が多いところを
選んでしまいがちです。

 

ですが、手術を多数経験している医師を
選ぶことが重要です。

 

特に角膜移植、白内障、緑内障などの
眼科手術を多数経験している医師を
選ぶのが理想的です。

 

もちろん、気さくで性格が良くて、
しっかり話を聞いてくれ、
術後のアフターケアも
万全な医師を選ぶことも重要です。

 

仮に手術が上手くいったとしても、
その後のアフターフォローが
おろそかになると視力や目に
影響が出ることもあります。

 

クリニックによっては、
執刀医が術後のフォローをしてくれなかったり、
接する機会が少ない所もあるので注意しましょう。

 

また、術後検診の担当医の指名が
できないクリニックもあるので
事前に確認しておきましょう。

 

こういった事実もふまえて、
レーシック手術を受けるクリニックを
選ぶようにしましょう。

 

 


このページのトップへ戻る