レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術の病院選びのポイント

 

レーシック手術を受けようと決めても
どの病院で受けようか
悩んでいる人もいると思います。

 

インターネットで検索すると、
レーシック手術が出来る病院が
たくさん出てきます。

 

大手のクリニックもあれば、個人経営の眼科や
大学病院でもレーシック手術ができます。

 

単に値段が安いという理由だけで
安易に病院を選ぶのは危険です!

 

レーシック手術をする場合は、
慎重に病院を選びましょう。

 

 

レーシック手術をする際は、
どんな基準で病院を選べば良いのでしょうか?

 

レーシック手術をする時の
病院の選び方については、
いくつかポイントがあります。

 

日本眼科学会認定専門医がいる!

 

日本眼科学会のガイドラインでは、
レーシック手術は日本眼科学会が認める
日本眼科学会認定専門医(眼科専門医)が
行うものとされています。

 

日本眼科学会認定専門医とは、
眼科に関する医療技術や知識が十分にあると、
日本眼科学会が認定した眼科医になります。

 


(※写真はイメージです。)

 

眼科専門医になるには、
年1回行われる専門医認定試験を受験し、
合格しなければなりません。

 

認定試験は筆記試験と実技試験があり、
他の学会の試験より難易度が高いと言われいます。

 

資格は5年ごとに更新されるため、
永久資格でありません。

 

認定専門医に認定されると、
日本眼科学会のホームページに登録されます。

 

日本眼科学会:専門医一覧」で
全国の認定専門医を検索できます。

 

レーシック手術を行う時は、
認定専門医がいる病院を選びましょう。

 

認定専門医はレーシック手術だけなく、
目の疾患や他の病気との関連などの知識が豊富なため、
適切なアドバイスや治療を行うことが出来ます。

 

ただし、日本眼科学会のガイドラインには、
法的な拘束力はありません。

 

あくまでもガイドラインなので、
守った方が望ましいという程度です。

 

そのため、病院の中には、
認定専門医でない医師が、
レーシック手術を
行っていることも多くあります。

 

そして、各病院の基準や
「レーシック専門医」という肩書を掲げて、
レーシック手術を行っている病院もあります。

 

最新鋭の医療機器と医療設備がある!

 

レーシック手術の医療機器は、
年々新しくなっています。

 

最新の医療機器を使うことで、
合併症や後遺症のリスクが減って、
より安全、安心に手術を行うことが出来ます。

 

そして、最新の医療機器は、
精度が高く手術後の見え方の質も違ってきます。

 

主に以下のメーカーの機器を使用している病院は、
最新の医療機器を導入していると言えます。

 

WaveLight社

 

VISX社

 

Bausch&Lomb社

 

WaveLight社は、
近視−7D以下、乱視−3D以下の場合、
視力が0.5以上回復する可能性は100%です。

 

そして、視力が1.0以上回復する可能性は、
93.4%になっています。

 

VISX社は、近視−6Dから−11D、
乱視−3D以下の場合、視力が0.5以上
回復する可能性は98.3%です。

 

そして、視力が1.0以上回復する可能性は、
84.3%になっています。

 

Bausch&Lomb社は、
近視−7D以下、乱視−3D以下の場合、
視力が0.5以上回復する可能性は99.4%です。

 

そして、視力が1.0以上回復する可能性は、
91.5%になっています。

 

近視、乱視の数値が全く同じではないので、
完全な比較にはなりませんが、
上記3メーカーの機器を導入している病院なら、
手術後に比較的安定して視力が回復できると言えます。

 

また、厚生労働省承認の
最新鋭機器を導入している病院を
選んでもいいでしょう。

 

ちなみに、以下の機器は厚生労働省承認済の
最新鋭機器になります。

 

イントラレースiFS

 

 

<特徴>

 

高性能コンピュータ制御による
レーザー照射により、
薄くて精密なフラップの作成が可能。

 

一般的なレーシックよりも、
角膜組織へのダメージが少なくて、
強度近視や強度乱視、
角膜が薄い人の矯正が可能。

 

また、医師が機器に触らないために
感染症が起きにくい。

 

 

VISX STAR S4 IR

 

 

<特徴>

 

目の解析データを基にレーザー照射を行うことで、
最適な見え方が可能になります。

 

補正機能が付いているため、
レーザーの照射位置がずれるのを防ぎます。

 

また、手術中に目が動いても
眼球自動追尾装置があるため、
正確なレーザー照射が可能です。

 

もし、目が大きく動いた場合は、
レーザー照射が自動停止するので、
安全性が高い機器です。

 

そして、レーザー照射中の
角膜の温度を一定に保つ機能があるため、
角膜への負担を最小限に抑えます。

 

適応検査をしっかり行ってくれる!

 

レーシック手術をする前には、
適応検査を行う必要があります。

 


(※写真はイメージです。)

 

適応検査のやり方は、
各病院によって違います。

 

2時間で終わる病院もあれば、
4時間かかる病院もあります。

 

レーシック手術を安全に受けるために検査するので、
検査の数が少ない病院は注意が必要です。

 

いい加減な適応検査を行った場合、
術後に合併症や後遺症が出ることもあります。

 

できれば、視能訓練士といった
国家資格を持っている人に
適応検査をしてもらうといいでしょう。

 

適応検査は無料の病院が多いので、
複数の病院で適応検査を行うことで、
比較することができます。

 

ですが、連続して適応検査を
受けることは出来ません。

 

適応検査の時に点眼薬を使用します。

 

この点眼薬は約5〜6時間ほど、
効果が持続します。

 

そのため、連続して適応検査を受ける場合は、
4,5日以上間隔を開けるようにしましょう。

 

また、適応検査の時に病院の雰囲気や
医師やスタッフの対応もチェックしておきましょう。

 

ちなみに、適応検査の内容は個人情報のため、
他の病院と共有できません。

 

そのため、A病院で適応検査を受けた後に、
医師の説明に納得がいかずに
B病院でレーシック手術をしたいと思っても、
B病院で再度適応検査を受け直す必要があります。

 

また、適応検査を受けた後に
レーシック手術をするかどうか悩み、
数ヶ月経ってしまった場合は、
同じ病院で適応検査済でも
再度やり直す必要があります。

 

ちなみに、仮にA病院で適応検査の結果、
レーシック手術が出来ないと言われても、
他の病院なら出来る可能性もあります。

 

というのも各病院で
置いている機器が違います。

 

そのため、仮にA病院で
角膜の厚みが足りなくて手術を断れても、
B病院の最新機器では手術が可能な場合があります。

 

そのため、適応検査を受けて
手術が出来ないと言われた場合は、
その理由をしっかりと把握しておきましょう。

 

術式数の多い病院を選びましょう!

 

仮にある病院で適応検査を受けて、
レーシック手術が出来ないと言われても
術式の多い病院だと手術が可能な場合があります。

 

適応検査を受けるためには時間もかかりますし、
ある期間コンタクトの使用を中止する必要もあります。

 

せっかく時間と手間をかけて適応検査を受けても、
手術ができないと言われたらがっかりしますよね?

 

また、レーシック手術の種類が豊富にある病院だと、
自分に合った最適の術式を選ぶことが出来ます。

 

感染症対策をしっかりと行っている!

 

過去に感染症対策を怠ったために、
集団感染を起こした銀座眼科が
社会問題になりました。

 

そのため、病院内や手術室、
手術器具などの衛生管理が
徹底されている病院を選びましょう。

 

 

特にレーシック後は角膜の抵抗力が落ちるため、
病院内や手術室の衛生管理がしっかりしているか
確認しておきましょう。

 

例えば、以下のような
感染症対策を行っているのか、
事前に確認しておきましょう。

 

・待合室に空気清浄機を導入している。

 

・高性能フィルターによる除塵、除菌の徹底。

 

・スタッフや出入り業者への消毒の徹底。

 

・ドアノブの滅菌消毒。

 

・検査機器の滅菌消毒。

 

・手術室がクリーンルーム仕様になっている。

 

・レーシック機器の滅菌消毒。

 

・全ての器具を症例ごとに滅菌。

 

・手袋、器具、採血時のグローブ、採血針など
患者に触れるものは全て使い捨て。

 

・手術前後の患者に対する生活・投薬指導。

 

一般的にレーシック手術により
感染症にかかるリスクは
5千人に1人と言われています。

 

人間がやる以上、感染症のリスクを
100%ゼロにすることは不可能ですが、
限りなくゼロに近くすることはできます。

 

感染症対策を徹底してやっている病院では、
感染症患者が一人も出ていません。

 

そのため、感染症対策の意識が高い
病院を選ぶことが重要です。

 

レーシック手術の実績が多い医師がいる!

 

レーシック手術の実績が多い病院は、
数多くの患者から信頼されている証拠でもあります。

 

また、実績が多いと手術経験も豊富にあり、
患者の様々なデータが蓄積されており、
色々な事態に対して適切な対処が可能になります。

 

患者の満足度が低かったり、
何か問題を起こした病院は、
すぐにマスコミや口コミ等で噂が広がり、
実績数が伸びることはありません。

 

特にネット社会の現代では、
ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、
様々な情報が瞬時に拡散されます。

 

ただし、病院全体の実績数と、
執刀医の実績数は違います。

 

執刀医の数が多い病院では、
一人一人の執刀医の実績数も分散します。

 

ベテランの執刀医は人気があり、
自然と実績数も多くなりますが、
経験の浅い若手の執刀医の場合は、
実績数が少ない傾向にあります。

 

特に美容整形グループの病院は、
経験豊かな執刀医もいますが、
若手の執刀医も数多くいます。

 

美容整形グループの病院は実績数も多く、
患者もたくさんいますが、
執刀医の実績数が少ないこともあるので、
注意する必要があります。

 

どんなに高度な医療機器が導入されていても
それを扱う執刀医の経験が不足していると、
意味がありません。

 

最新の機器では全部機器がやるので、
誰が手術しても同じだと思っている人が
いるかもしれません。

 

ですが、レーザー照射のスタート位置を決めたり、
フラップを持ち上げたり、フラップを洗浄するのは、
執刀医によって行われます。

 

最新の医療機器でも全てオートメーションで、
手術が行われるわけではありません。

 

医療機器が行うのはフラップ作成と
角膜矯正の時のみです。

 

あとは執刀医が行うので、
医師の技術力は無視できません。

 

実際にアメリカのレーシック症例数における
合併症の発生率のデータによれば、
症例数が多い医師程、合併症の発生率が
低いことが分かっています。

 

そのため、レーシックが成功するか
失敗するかは執刀医の腕前に関係しています。

 

一般的には4万件の症例実績がある医師は、
名医とされているようです。

 

ちなみに、レーシックの実績数は、
片目でカウントされます。

 

仮に4万件の症例がある場合は、
2万人の方に手術を行ったということです。

 

インフォームドコンセントでの対応がしっかりしている!

 

インフォームドコンセントとは、
医師が患者に手術や治療法、薬などの説明を
しっかりと行い患者から同意を得るという意味です。

 


(※写真はイメージです。)

 

もし、インフォームドコンセントが無かった患者に、
術後に後遺症などが残ると病院側は裁判で負けます。

 

そのため、医療現場では、
必ずインフォームドコンセントが行われます。

 

レーシック手術を受ける前は、
必ず医師から十分な説明があります。

 

適応検査の時もありますし、
手術当日もあります。

 

医師から手術内容や薬の内容、
合併症、後遺症といった説明を
しっかりを受けた上で手術に同意しましょう。

 

もし、不安に思ったことや
少しでも疑問に思ったことがあれば、
迷わず医師に質問しましょう。

 

この時、医師がしっかりと質問に答えてくれて、
親身に相談に乗ってくれるのかも確認しましょう。

 

また、共通の質問事項を用意しておき、
適応検査で複数の病院に行った時に、
同じ質問に対する医師の返答の
比較をしてもいいでしょう。

 

そして、レーシック手術のデメリットも
しっかりと説明してくれるかも
確認しておきましょう。

 

ちなみに、カウンセリングをした医師と
執刀医が違う場合が多いので、
どの先生に手術してもらうのかも
合わせて確認しておきましょう。

 

アフターケアやサポートが充実している!

 

レーシック手術を受けて視力が回復したら、
それで終わりと言うわけではありません。

 

特に術後すぐの角膜は抵抗力が弱いため、
感染症にかかりやすい状態になっています。

 

そのため、術後には定期検診があります。

 

仮に術後に感染症にかかった場合の治療費や
再手術が必要になった場合の手術代に関して、
保障がついてのかを確認しましょう。

 

多くの病院ではレーシック手術後の
保障制度が設けられています。

 

ですが、コースによっては保障制度が無かったり、
保障制度の期間が違うことがあります。

 

一般的にはレーシック手術の費用が高いほど、
保障期間が長い傾向にあります。

 

これは、保障期間のコストが、
手術費用に上乗せされると
考えればいいでしょう。

 

また、保証期間内であっても例外があり、
別途治療代や手術代がかかる場合もあります。

 

レーシック手術後には何が起こるかは、
誰にもわかりません。

 

ですから、アフターケアの内容が、
とても重要になります。

 

ちなみに、レーシック手術ができる病院は、
東京、大阪、名古屋、札幌、福岡に多くあります。

 

そのため、地方在住者の方が
わざわざ遠方から出てきて、
レーシック手術を行う場合は、
術後に何か問題があった際に
お住まいの近くの眼科医院を
紹介してもらえるのかも
確認しておきましょう。

 

レーシック手術の料金体系が明瞭である!

 

平均的なレーシックの手術費用は、
約20万円ほどです。

 

この手術費用の中には、手術代以外に
適応検査代や術後の定期検診代、薬代、
治療や再手術が必要になった時の費用なども
含まれているのか細かくチェックしておきましょう。

 

また、家から病院が遠い場合に、
交通費やホテル代が出るのかなども
確認しておきましょう。

 

病院によっては適応検査代や
定期検診代、薬代などを
別途請求されることもあります。

 

そのため、手術費用以外にトータルで
いくらかかるのかを事前に確認しておきましょう。

 

料金体系が不明瞭な病院は避けましょう。

 

まとめ

 

レーシック手術をする時の病院の選び方として、
ここで紹介したポイントをふまえれば、
大きく失敗することはないでしょう。

 

ここで紹介した条件を満たす病院は、
少ないかも知れません。

 

ですが、レーシック手術は一生に一度の
大切な手術です。

 

そのため、宣伝広告の内容や格安費用、
割引チケットなどに釣られて、
安易に病院を選ばないようにしましょう。

 

料金が安くて家から近い病院を選ぶ、
という考え方もわからなくはないですが、
眼というデリケートな部分の手術です。

 

病院を選ぶ際は慎重に行いましょう。

 

 


このページのトップへ戻る