レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術のデメリット

 

レーシック手術を受けたいけれど、
デメリットが気になっている人もいるでしょう。

 

レーシック手術には、
いくつかのデメリットがあります。

 

ここでは、主なレーシック手術の
デメリットについて紹介します。

 

保険適応外なので手術代が高額になる

 

レーシック手術の一番のデメリットとして、
多くの人が思っているのが、
手術費用が高いということでしょう。

 

レーシック手術は
健康保険の適用外となりますので、
実費での支払いとなります。

 

平均的なレーシック手術の費用は、
両目で20万円ほどになります。

 

最新のレーシック手術で
保障期間も長いコースだと、
両目で40万円以上になることもあります。

 

また、クリニックによっても
手術費用は違っています。

 

ですが、一度手術してしまえば
メガネやコンタクトレンズが必要なくなります。

 

これから先のメガネ代やコンタクト代を考えれば、
それほど高いと思わない方もいるようです。

 

レーシック手術は誰でも受けることができない

 

レーシック手術を受けるためには、
いくつかの条件があります。

 

そのため、誰でも無条件で、
レーシック手術が出来るわけではありません。

 

クリニックにもよりますが、
以下の方はレーシック手術が出来ません。

 

適応検査の結果でダメだった人。

 

18歳未満の人。

 

40歳以上で老眼の症状がある人。

 

近視が進行している人。

 

近視や乱視の度数が強すぎる人。

 

角膜が薄い人。

 

妊娠中や授乳中の人。

 

白内障や緑内障になっている人。

 

体に疾患を患っている人。

 

パイロット希望者や現役パイロットの人。

 

残念ながらこれらの人達は、
レーシック手術が出来ません。

 

どんな人でもレーシック手術を受ける前に、
適応検査を受ける必要があります。

 

適応検査でレーシック手術が出来るか、
否かの判断がされます。

 

適応検査はほとんどのクリニックで、
無料で行われています。

 

レーシック手術には合併症や後遺症がリスクある

 

レーシック手術だけのことではありませんが、
100%安全な手術はありません。

 

そのため、レーシック手術をすることで、
合併症や後遺症が出る可能性もあります。

 

ですが、昔に比べて症例数も多くなり、
医療機器も改良されているために、
合併症や後遺症のリスクは低下しました。

 

現在、主流のレーシック手術は、
角膜にレーザーを照射して
フラップを作成します。

 

そのため、器具が目に触れることはないので、
感染症にかかる心配はありません。

 

また、レーシック手術のガイドラインも
改善されました。

 

具体的には講習会の実施回数を増やしたり、
講習会の再受講が義務化されました。

 

仮に合併症や後遺症、
感染症があったとしても、
一過性のものがほとんどです。

 

術後にドライアイを発症したり、
光がにじんで見えたり ブレて見えたり、
夜間に視力が低下することもありますが、
大抵は数ヶ月程度で症状が治まります。

 

また、多くのクリニックでは、
術後の保障を付けています。

 

そのため、もし術後に異常があった場合でも
適切な治療をしてもらえます。

 

近視に戻る可能性もある

 

レーシック手術後に
半年から1年以上経過すると、
再度近視に戻るケースがあります。

 

個人差はありますが、
視力が0.7未満の
軽い近視になることがあります。

 

これは、リグレッションと呼ばれていて、
特に近視の強度が強い人に起こる可能性が
高いと言われています。

 

また、レーシック手術をして
視力が回復しても
目に悪い生活習慣が続くと、
再び視力が低下することもあります。

 

さらに、術後にフラップがずれたり、
角膜の形が変形すると屈折率も変わるため、
視力が落ちることもあります。

 

視力が落ちると再手術が
必要になる場合もあります。

 

ですが、角膜が薄くて、
再手術が出来ないこともあります。

 

過矯正

 

過矯正とは、角膜を削り過ぎて、
近くの物を見る時に
ピントが合わせずらくなり、
遠視になる状態を言います。

 

仮にレーシック手術後に
裸眼で1.5まで視力が回復しても、
遠くはよく見えても近くを見る時に
目に負担がかかるようになります。

 

そのため、眼精疲労や頭痛、首や肩の凝り、
めまい、吐き気、全身倦怠感、
うつ症状を引き起こす可能性があります。

 

過矯正になると近くを見る時はメガネや
コンタクトレンズを使用する必要があります。

 

過矯正の治療は再手術で、
更に角膜を削らなければなりません。

 

過矯正にならないためには、
事前に医師と相談して、
どの程度の視力回復を希望しているのか
しっかりと伝えることが大切です。

 

例えば普段からパソコンを
長時間使用している人は、
レーシック手術後に
1.5まで視力が回復すると、
過矯正になる可能性があります。

 

 

一度削った角膜は戻せない

 

レーシック手術は
角膜にレーザー照射をすることで、
屈折率を変えて視力を回復します。

 

 

一度削ってしまった角膜は、
二度と同じ状態に戻すことは出来ません。

 

そのため、角膜を削り過ぎると、
角膜の厚みがなくなり、
再手術できないこともあります。

 

レーシック手術後に視力が落ちて、
再手術を希望しても
出来ない可能性もあります。

 

レーシック手術後にコンタクトレンズが使えないことも!?

 

レーシック手術後に
コンタクトレンズが使えない
可能性もあります。

 

手術により角膜を削ることで、
角膜の形が変わってしまうので、
コンタクトレンズが
使えなくなることもあります。

 

角膜の形が変わると、
目にコンタクトレンズが
くっつきにくくなります。

 

すると見えずらくなります。

 

特にハードコンタクトレンズの場合は、
使えなくなることが多くあります。

 

ソフトコンタクトレンズの場合は、
装着可能な場合もありますが、
術式や角膜の厚みや形によっては
使えないケースもあります。

 

個人差があるので、レーシック手術後でも
コンタクトレンズが使えるという人の話は、
信用しない方がいいでしょう。

 

レーシック手術後に
コンタクトレンズが使えるかどうかは、
手術前に執刀医に確認しておきましょう。

 

レーシック手術後にカラコンを使いたい場合は、
1ヶ月検診で医師の許可をもらってからにしましょう。

 

医師の診察を受けてから、
安全性の認められたカラコンであれば、
使用可能な場合があります。

 

感染症にかからないためには、
ワンデイの使い捨てタイプの
カラコンを選ぶといいでしょう。

 

また、カラコンには着色料が含まれているので、
通常のコンタクトに比べて、
目が乾燥しやすくなります。

 

そのため、ドライアイ予防の目薬で
しっかりとケアしましょう。

 

もし、カラコンを装着して
何かの異常を感じた場合は、
すぐに眼科を受診しましょう。

 

自分勝手な自己判断をすると、
重篤な目の病気になる可能性もあります。

 

まとめ

 

レーシック手術は安全性が高くて、
画期的な視力回復方法ですが、
ここで紹介したようなデメリットも
いくつかあります。

 

レーシック手術は、
眼というデリケートな部分の手術です。

 

そのため、デメリットも十分承知した上で、
レーシック手術を検討しましょう。

 

そして、レーシック手術で失敗しないためにも
デメリットをしっかり把握しておきましょう。

 

レーシック手術の歴史はまだ浅く、
長期的な安全性については、
はっきりとしたことはわかっていません。

 

5年後、10年後、15年後には
レーシック手術後と同じ視力を
安定しているのかもわかりません。

 

また、クリニックによっては
医師の技術が未熟な場合もありますので、
クリニック選びは慎重に行いましょう。

 

特にレーシック手術の場合は、
担当医師の技術力の違いにより、
術後の結果に差が出るとも言われています。

 

術後のトラブルも防ぐためにも
説明会に参加したり、
担当医師と納得いくまで話をしましょう。

 

現在、主流のイントラレーシックは、
従来のレーシックよりも
人為的な部分が少なくなるため、
術後の合併症や後遺症などの発生率が、
低いと言われています。

 

そのため、どの術式を選ぶかも大切です。

 

 


このページのトップへ戻る