レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術のメリット

 

レーシック手術の
メリットについて知っていれば、
手術を受けるかどうか
検討する時の判断材料になります。

 

レーシック手術のメリットは、
いくつかあります。

 

即効性のある視力回復方法

 

視力を回復するために、
視力回復教室に通っている方も
おられるでしょう。

 

視力回復教室では様々な機材を使って、
視力や動体視力を上げる
トレーニングが行われます。

 

ですが、視力回復教室で
アイトレーニングを行っても、
すぐに視力が回復することはありません。

 

どの程度の視力かにもよりますが、
通常は数ヶ月間継続することで、
わずかに視力が上がることがあります。

 

ただし、視力回復教室は国家資格がなくても、
開業するこが可能です。

 

そのため、視力回復教室に通えば、
必ず視力回復の効果があるとは言えません。

 

また、自宅で視力回復トレーニングを
行っている方もおられるでしょう。

 

個人差はありますが、
1ヶ月ほど毎日継続して訓練することで、
視力が良くなることがあります。

 

ですが、視力回復トレーニングを止めると、
視力が元に戻ってしまうこともあります。

 

レーシック手術は約9割以上の人が、
手術後の翌日から視力の回復を
実感することが出来ます。

 

もちろん、手術前の視力や
手術の方法によっても違いますし、
個人差もあります。

 

ですが、遅くても数日で、
裸眼で物が見えるようになります。

 

また、術後2〜3ヶ月で
視力が1.5まで回復することが
多いと言われています。

 

高い視力矯正の効果が期待できる

 

個人差はありますが、
レーシック手術をすると、
裸眼で1.0以上の
視力になると言われています。

 

ちなみに、手術後90%以上の人が
裸眼視力1.0以上になるという
データもあります。

 

このようにレーシック手術には、
劇的な視力回復効果があります。

 

手術後1日程度で視力が回復し、
以降は長期的に高い視力が
安定すると言われています。

 

裸眼で生活できる

 

レーシック手術の大きなメリットは、
日々の生活でメガネやコンタクトレンズが
必要なくなることに尽きるでしょう。

 

寝る時やお風呂に入る時のメガネや
コンタクトレンズの付け外しは面倒です。

 

レーシック手術をすれば、
コンタクトレンズ特有の
目がゴロゴロするような感じもありません。

 

眼鏡やコンタクトレンズで
不自由に感じたことから全て解放されます。

 

そして、裸眼で生活できる喜びを
実感することが出来ます。

 

裸眼で生活できるため、
地震や火事などの災害時に
メガネやコンタクトレンズを無くしても、
瞬時に避難することが出来ます。

 

ちなみに、2011年3月11日に起こった
東日本大震災以降にレーシック手術を受ける人が、
多くなったと言われています。

 

また、目への負担が減るために、
眼精疲労や肩こり、頭痛といった症状から
解放される方も多くいます。

 

ランニングコストがかからない

 

メガネやコンタクトレンズだと、
購入するたの費用がかかります。

 

値段はピンキリですが、
メガネの場合は安いので3千円から、
高級なメガネになると数万円以上します。

 

コンタクトレンズの値段は、
2千円から3万円ぐらいです。

 

仮に1箱2千円の1日使い捨ての
コンタクトレンズを1年間使用した場合は、
4万8千円かかる計算になります。

 

1箱2千円×2(両目)×12ヶ月=4万8千円

 

また、2週間タイプのコンタクトレンズの場合は、
洗浄液や保存液なども必要です。

 

コンタクトレンズの種類にもよりますが、
年間の維持費用は2〜5万円ほどかかると、
言われています。

 

当然ですが、コンタクトレンズの場合は、
メガネより維持費用が高くなります。

 

レーシック手術するとメガネや
コンタクトレンズのランニングコストが、
かからないために経済的です。

 

レーシック手術はお財布にも家計にも優しくて、
浮いたお金を貯蓄に回すことも出来ます。

 

レーシック手術は初期費用として、
平均20万円(両目)ほど必要になります。

 

ですが、長期的に考えれば、
レーシック手術の方が安くつきます。

 

向こう数十年間のメガネや
コンタクトレンズの費用と比べてみれば、
むしろ割安だとも言えます。

 

まとめ

 

このようにレーシック手術をすることで、
様々なメリットがあることが、
お分かり頂けたと思います。

 

手術ということで、その言葉に
ちょっと不安になる人もいるようです。

 

ですが、レーシック手術は、
安全性と有効性について、
厚生労働省が認可しています。

 

手術時間も30分ほどで終わり、
入院する必要もなく、
体への負担もほとんどありません。

 

術後に多少目に痛みを感じることはありますが、
ほとんどが数日すれば治まります。

 

このように、レーシック手術は、
生活面、安全面、費用面、
それぞれにメリットがあると言えます。

 

 


このページのトップへ戻る