レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術の安全性

 

レーシック手術を受けようと思った際に、
安全性について気になっている人も多いと思います。

 

昔に比べてレーシック手術は、
かなりメジャーなものになってきました。

 

最近は有名スポーツ選手や芸能人、モデルの人達が、
レーシック手術を受けることも多くなりました。

 

世界で見てみると、年間で数百万人が
レーシック手術を受けているというデータもあります。

 

ですが、最も気になるのは、
レーシック手術の安全性ではないでしょうか?

 

 

レーシック手術により失明しないか、
心配される方もおられるでしょう。

 

レーシック手術は角膜の表面を削ることで、
屈折率を変えて視力を回復する手術です。

 

眼球に直接影響が出るような
手術ではありません。

 

レーシック手術では、
眼球で物を映す網膜には何もしません。

 

そのため、レーシック手術により、
失明する危険性はないと言われています。

 

ちなみに、今までレーシック手術を受けて、
失明したという報告は世界中で一件もされていません。

 

また、アメリカの医学誌にもレーシック手術は、
長期的に見ても安全であるという
研究結果が発表されています。

 

そのため、レーシック手術自体は、
安全性の高い手術になっています。

 

レーシック手術によっては、
レーザー機器を使用するものがあります。

 

最新の機器はコンピュータ制御されているため、
機器が不具合でも起こさない限り、
ミスが起きることはまずありません。

 

また、地震などの揺れによって、
レーザー照射がずれることもありません。

 

大きな揺れを感知すると、
自動で機器が停止します。

 

ちなみに、レーシック手術に使われる
エキシマレーザーは、アメリカのFDAや
日本の厚生労働省により使用が認可されています。

 

そのため、エキシマレーザーの安全性は、
高いと言われています。

 

ですが、いくらレーシック手術が安全だとしても、
レーシック手術後の後遺症に不安を抱く方も
おられるでしょう。

 

個人差はありますが、レーシック手術後に
夜間の光やライトをまぶしく感じたり、
ドライアイになったりすることがあります。

 

ですが、これらの軽度の後遺症は、
時間が立てば症状も出なくなります。

 

ただし、稀にフラップがずれたり、
細菌に感染したり、炎症を起こしたりすると、
重度の後遺症が出ることもあります。

 

重度の後遺症が出る確率は、
全体の1〜3%だと言われています。

 

仮に1%だとしたら10,000人が
レーシック手術をした場合、
100人の方に重度の後遺症が出る計算になります。

 

この数字を少ないと考えるか多いと考えるは、
レーシック手術を検討している方次第になります。

 

重度の後遺症が出る主な原因としては、
手術後に目をこすったり、事故などで
目の周辺を強打したりする自己による過失と、
医療機器や医療設備、医師の技術不足などによる
病院側の過失の2つがあります。

 

これらの原因を防ぐためには、術後の過ごし方や
クリニック選びに注意する必要があります。

 

フラップが定着後も
目に軽い衝撃があっただけで、
フラップがずれたり、
はがれかけたりすることがあります。

 

そのため、術後はずっと目周辺を
注意する必要があります。

 

また、可能性としては少ないですが、
原因不明の後遺症もあります。

 

どれほど安全性の高い手術でも、
100%安全な手術や
リスクが0%の手術はありません。

 

そのため、レーシック手術は、
自分の判断だけでなく、
家族や友人の意見なども参考にして、
十分に検討してから行うようにしましょう。

 

また、最近の研究では、
強度近視の方がレーシック手術をすると、
稀に術後に近視が戻ることもあります。

 

確率としては、
全体の3〜5%だと言われています。

 

もちろん、近視の強弱に関係なく
手術後に目を酷使することで、
近視に戻る可能性が高くなります。

 

近視に戻った場合は、
すぐにレーシック手術を行った
クリニックに相談し、
確認してもらいましょう。

 

その後、医師の判断により、
再手術が行われることもあります。

 

ただし、検査後、
角膜の厚みが十分に無かった場合は、
再手術することはできません。

 

また、再手術をしたとしても、
2回もレーザー照射で角膜を削ることにより、
1回目よりもさらに角膜は薄くなります。

 

そのため、乱視が発生したり、
太陽の光がまぶしく感じてサングラスなしでは、
外出できなくなったり、ドライアイが酷くなる
可能性も高くなります。

 

レーシック手術により角膜を削ってしまうと、
二度と元の状態に戻すことは出来ません。

 

つまり、手術後に視力が落ちたり、
後遺症が出ても再手術後には手術ができなく、
その後の生活に影響が出る可能性もあります。

 

まとめ

 

レーシック手術は、
安全性が高いと言われています。

 

ですが、リスクが
0%の手術ではありません。

 

可能性としては低いですが、
術後に近視が戻ったり、
合併症や後遺症が出るケースもあります。

 

レーシック手術をした後に
快適な裸眼生活を送っている人もいますが、
術後の合併症や後遺症に苦しんでいる方もいます。

 

そして、レーシック手術をしたことを
後悔している人がいるのも事実です。

 

また、レーシック手術を受けた患者が、
術後に後遺症が出たとして、
病院側に損害賠償を求める訴えを
裁判所に起こしたケースもあります。

 

 

このようなレーシック手術による
被害情報があるのも事実です。

 

そのため、レーシック手術の安全性を考える時は、
クリニック選びはとても重要になります。

 

手術代金の安さに惹かれて、衛生環境が悪かったり、
担当医師のレベルの低いクリニックでレーシック手術を
受けてしまうと安全性は低くなります。

 

どうしてもレーシック手術をしたい場合は、
眼科専門医に認定された医師に執刀してもらいましょう。

 

そして、世界でもトップクラスの症例と、
実績があるクリニックを選びましょう。

 

また、クリニックの状態を確認したり、
医師と細かいところまで話をして、
リスク説明も十分に伝えてもらった上で、
納得できるクリニックでレーシック手術を
受けるようにしましょう。

 

レーシック手術をすることは肯定も否定もしませんが、
病院側の甘い情報のみに誘導されて、
安易にレーシック手術をしないようにしましょう。

 

 


このページのトップへ戻る