レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術と保険適応

 

レーシックの手術費用は高額なため、
手術に保険が適用されるのか
気になっている人もいると思います。

 

もし、レーシックに健康保険が使えれば、
金銭的な負担を減らすことが出来ます。

 

 

残念ながらレーシックによる視力回復手術は、
自費診療という扱いになるので、
手術費用は健康保険の対象外です。

 

つまり、実費10割負担ということです。

 

レーシックが自由診療になるのは、
手術しなくても日常生活に支障がないと
考えられているからです。

 

近視は、厚生労働省が認めていない病名のため、
医療機関が自由に治療費を決めることができます。

 

近視は病気として扱われていないため、
近視を手術する場合も健康保険の対象外になります。

 

レーシックは全額自己負担になるため、
レーシックするのをためらっている人もたくさんいます。

 

その他の保険についてはどうでしょうか?

 

昔は生命保険や医療保険によっては、
レーシックの手術給付金が
支給される場合もありました。

 

しかし、2007年4月に
給付内容が変更されました。

 

理由としては、レーシック手術のために保険に加入し、
レーシック後にすぐ保険を解約する人が続出したためです。

 

保険会社は慈善事業で保険サービスを
提供しているわけではありません。

 

手術給付金が支払われた後すぐに解約されると、
保険自体が成り立たなくなってしまいます。

 

そのため、2007年4月1日以降に新規加入した
生命保険や医療保険ではレーシックが手術給付金の
対象外になっているケースが多いです。

 

2007年4月1日以前の契約に関しては、
レーシックの手術給付金は受け取れます。

 

途中から手術給付金が支給されなくなる
保険に変わることはないので安心して下さい。

 

また、手術給付金の支払対象になっている保険の場合、
経過期間やクリニックに関係なく給付されます。

 

詳しくは約款に記載されていますので、
確認して下さい。

 

レーシックに該当する保険かどうか、
自分が加入している保険会社に、
一度問い合わせをして
確認しておくといいでしょう。

 

実際に問い合わせる場合は、
レーシックの正式名称である
「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えて下さい。

 

もし、加入している生命保険や医療保険が
レーシックの手術給付金を対象としていた場合、
病院での診断書と申請書を提出することにより、
3万円から10万円ほどの給付金が受け取れます。

 

尚、手術給付金の金額は、
保険会社や保険内容によって違ってきます。

 

余談ですが、今でもレーシックで
給付金が支払われる保険が
少なからずあるのも事実です。

 

ですが、保障内容が古くなっていたり、
保険料が高めに設定されているために、
レーシック目的で保険に加入するのは
得策とは言えないでしょう。

 

ただし、レーシックをした後に医療保険に加入すると、
目が医療保険の対象外になってしまうことがあります。

 

そのため、もし医療保険の加入を検討している場合は、
レーシックをする前に加入する方がいいでしょう。

 

ちなみに、レーシック手術の費用は、
医療控除の対象になっています。

 

1月〜12月までの間に、
ご自身や同世帯のご家族の医療費を合計して
10万円を超える場合は確定申告をする時に、
医療控除として申請すれば還付金が受け取れます。

 

また、確定申告をする際には、
手術代の領収書が必要になります。

 

病院によっては、領収書の再発行が
出来な場合もあります。

 

そのため、確定申告が終わるまで、
領収書は大切に保管しておきましょう。

 

ですが、レーシックなどを含む全ての医療費が、
全額戻ってくるわけではありません。

 

還付金の計算方法は以下の通りです。

 

(医療費−10万円)×所得税率=所得税額

 

所得税率は、国税庁のHP『所得税の税率』で
確認することが出来ます。

 

仮に年間の医療費が30万円で
所得税率が10%だった場合、
所得税額2万円が還付されます。

 

所得税率が高い人ほど、
還付金額は高くなります。

 

ちなみに、住民税の場合は、
年間の医療費合計が10万円を超えると、
確定申告すれば翌年の住民税が減額されます。

 

減額の計算方法は以下の通りです。

 

(医療費−10万円)×住民税率(10%)=住民税額

 

※住民税は、税率が一律10%に決まっています。

 

仮に年間の医療費が30万円だとしたら、
住民税額が翌年2万円減額されます。

 

ただし、税務署によってはレーシックによる
医療費控除ができないこともあります。

 

そのため、確定申告する時は、
事前にお住まいの税務署に確認して下さい。

 

最近のレーシック手術の費用は、
かなり安くなってきました。

 

両眼で20万円で行うことも可能です。

 

また、利用者の多いクリニックでは、
眼科医の経験や知識も豊富で、
割安の価格設定になっていることが多いようです。

 

さらに、各クリニックで色々な割引制度がありますので、
レーシック費用を可能な限り安くしてお得に手術をしましょう。

 

 


このページのトップへ戻る