レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術代の相場

 

レーシック手術の相場について、
知りたい方も多いと思います。

 

ですが、レーシック手術は、
健康保険の適用外で自由価格となります。

 

ですから、相場といっても
クリニックによって価格設定がバラバラです。

 

幅にして10万円代から、
50万代とかなり違いが見られます。

 

大手のレーシック専門病院と
個人経営の眼科医院でも、
相場に違いがあります。

 

大手のレーシック専門病院は手術件数が多いため、
比較的リーズナブルな価格設定になっています。

 

大手だと10〜30万円が、
相場になっています。

 

一般的な眼科医院は
大手に比べて手術件数が少ないため、
値段が高めに設定されています。

 

そのため、眼科医院の相場は、
25〜40万円になっています。

 

ちなみに、大学病院の場合は、
40〜50万円が相場になっています。

 

また、適応検査の結果、
角膜に十分な厚みがある場合は
安いコースで手術ができますが、
角膜が薄かった場合は、
より精巧な機器で行う必要があります。

 

そのため、相場よりも
値段が高くなります。

 

また、レーシックには、
色々な手術方法があります。

 

どんな方法で手術するかによっても、
費用が大きく違ってきます。

 

例えば、ある大手クリニックの場合、
普通のレーシック手術の費用が10〜18万円、
イントラレーシックだと18〜25万円、
エピレーシックだと18〜25万円が相場です。

 

また、これにウェーブフロント技術を加えると、
プラス5〜10万円が相場のようです。

 

現在は、18〜25万円代の
コースを受けてる人が多いようです。

 

安すぎず、高すぎない
中間コースが人気のようです。

 

より安全性が高くてこだわりたい場合は、
一番高いコースを選べば良いでしょう。

 

手術前の事前検査の費用の相場は無料〜3万円、
術後検査は無料〜5千円となっています。

 

ですが、検査を含めて手術費用として、
まとめているところも多いです。

 

この他に保障期間の長さや
アフターケアの内容によっても
価格が違ってきます。

 

相場よりも随分と値段が安い場合は、
保障が無かったり、保障期間が短かったり、
再手術の費用がかかることもあります。

 

もし、相場よりも安い値段でレーシックをしても
その後、視力が低下して再手術が必要になったら、
トータルの手術代が割高になって、
本末転倒になってしまいます。

 

そのため、保障内容やアフターケアの内容を
十分に確認しておきましょう。

 

また、最近では、
数万円でレーシック手術ができる
クリニックもあるようです。

 

ですが、クリニックによっては
手術代だけを安く設定し、
適応検査やアフターケアなどは
有料の場合もあります。

 

そのため、トータルの料金を
事前に確認することも大切です。

 

昔に比べてキャンペーンや
割引制度、友人紹介制度がある
クリニックも増えてきました。

 

相場よりも少しでも安く抑えたい場合は、
これらを上手く活用するといいでしょう。

 

相場よりもあまりにも安い値段の場合は、
使用している機器が古かったり、
担当医師の経験が浅くて技術に
問題があったりする場合があります。

 

仮に相場より高くても安くても、
内容についてしっかりと説明を聞いて納得してから、
レーシック手術を受けるようにしましょう。

 

また、患者さんの口コミや体験談などを参考に
レーシックを受ける病院を決めましょう。

 

 


このページのトップへ戻る