レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術の費用

 

レーシック手術を受ける前に
費用がいくらになるか
気になっている人も多いかと思います。

 

そこで、レーシック手術の
費用について説明します。

 

 

高度な医療機器を使うということもあって、
昔からレーシックは高いというイメージを
持っている人も多いようです。

 

昔は50万円くらいしていましたが、
最近では価格競争が激しくなり、
20万円を切っている
レーシックも多くあります。

 

中には10万円を下回る
レーシックもあるようです。

 

レーシック手術は、
美容整形と同じで自由診療のため、
健康保険の適用外になります。

 

自由診療には料金の上限設定がなく、
各病院が自由に施術料金を決めることが出来ます。

 

そのため、かなり高額な費用になりがちです。

 

そして、レーシックの適正費用や
適正価格というものは存在しません。

 

自由に値段を決めることが出来るため、
クリニックよっても大きな差があります。

 

仮に全く同じ機器を使っていても、
AクリニックとBクリニックでは、
全く違う値段になっていることもあります。

 

そして、術後の保障期間が過ぎると、
その後のアフターフォローも自費となります。

 

また、レーシック手術の費用は大手のクリニックや
個人経営の眼科などによっても大きく違ってきます。

 

大手のクリニックは、
知名度があって全国展開しているので、
患者数が多いためある程度価格が低くても
十分に採算が取れます。

 

大手クリニックのレーシック費用は、
以下の通りです。

 

【品川近視クリニックの料金(両目)】

 

品川近視 料金
(税抜き)
保障期間 内容
スタンダードレーシック 7万円 1年間 マイクロケラトーム(眼球専用カンナ)を使用した手術
スタンダードイントラレーシック 8.6万円 3年間 コンピューター制御された機器を使用した手術
品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円 5年間 マイクロシステムを使いフラップ作成の誤差を極限に抑えた手術
スタンダードZレーシック 20.4万円 8年間 角膜切開面が非常に綺麗に仕上がり、安全で質の高い手術

 

【新宿近視クリニックの料金(両目)】

 

新宿近視 料金
(税込み)
保障期間 内容
SBKレーシック 9万円 なし フランス製最新式SBKウルトラマイクロケラトームで極薄のフラップが作成可能な手術
iFSイントラレーシック 19.8万円 1年間 厚生労働省承認済の機器を使用した安全かつ効果的に視力を矯正する手術
Custom Fitイントラレーシック 27.8万円(税抜き) 2年間 最新型イントラレーザーiFSにて、一人ひとりの眼の状態にカスタマイズドさせたフラップを作成する手術
Max Vario Designレーシック 39.8万円(税抜き) 3年間 次世代のフェムトセカンドレーザーVisuMaxでフラップを作成し、角膜へのダメージを最小限に抑えることが可能な手術

 

【神戸神奈川アイクリニックの料金(両目)】

 

神戸神奈川 料金
(税込み)
保障期間 内容
スタンダード レーシック 15万円 3年間 厚生労働省やFDA(アメリカ食品医薬品局)が安全性と効果を認めた機器を使用した手術
iFSイントラレーシック 25万円 3年間 厚生労働省承認済の機器を使用した安全かつ効果的に視力を矯正する手術
プレミアムアイレーシックR 30万円 3年間 一人ひとりの角膜に合わせたオーダーメイドの手術
プレミアム アイデザインレーシック 40万円 15年間 見え方の質、夜間視力、最新の術式全てにこだわりたい方の手術

 

しかし、個人経営の眼科などで、
レーシック専門ではない場合は、
施術費用も高くなりがちです。

 

ちなみに、個人経営の眼科の場合、
イントラレーシックの相場は、
30万円前後が一般的です。

 

また、個人経営の眼科の場合は、
機器代金の回収が困難なために、
高額な医療機器を備えることはできません。

 

そのため、大手と違って、
高度な手術を行うことが出来ません。

 

また、レーシック手術の費用は、
使用する機器によって大きく変わってきます。

 

つまり、使用するレーザー機器が高ければ、
手術費用も高くなるということです。

 

さらに、レーシック手術と一言で言いますが、
実際にはいくつかの術式があります。

 

高度な術式になるほど費用も高くなります。

 

レーシック手術の費用は、
手術方法も含めて
事前検査で決まることになります。

 

基本的に事前検査の費用は無料です。

 

ちなみに、大抵のクリニックでは、
片目だけレーシック手術をすることも可能です。

 

片目だけの場合は、
両目の半額になることが多いようです。

 

レーシック手術の費用は窓口で現金一括払いや
指定金融機関への振込み等で支払います。

 

また、費用を分割して支払うこともできますし、
分割の金利・手数料が無料のところも多いです。

 

この他に各種クレジットカード払いが
出来るところも多くあります。

 

さらに、レーシック手術は、
長期保証を付けるのが普通です。

 

レーシック手術後、もし何かあっても、
費用面での心配は少なくなります。

 

具体的なレーシック手術の費用は、
各クリニックに問い合わせたり、
ホームページを見たりして確認しておきましょう。

 

ちなみに、加入されている
生命保険や医療保険の契約内容によっては、
給付金が受け取れる場合があります。

 

ただし、加入してから2年以上経過していないと、
支給対象外になる場合が多いようです。

 

詳しくはご自身が加入されている
保険会社に確認して下さい。

 

まとめ

 

レーシック手術を検討中の方にとっては、
費用はかなり重要なポイントと言えます。

 

もちろん、費用は安ければ安いほど、
良いにこしたことはありません。

 

ですが、費用が安いクリニックが、
良いクリニックとは限りません。

 

逆に費用が高いクリニックが、
良いクリニックとも限りません。

 

クリニックを選ぶ時は費用も大切ですが、
クリニックの評判や医師の技術や対応、
実績や院内の雰囲気、
アフターケアなども大切です。

 

もちろん、人それぞれによって
判断基準は違いますが、
値段の安さだけに魅力を感じて、
レーシック手術をしないようにしましょう。

 

中には客寄せ目的で激安価格に設定している
クリニックもあるので注意しましょう。

 

そして、低価格につられて、
安くレーシックが出来ると思ったら、
高額なレーシックを勧めてくる
悪徳クリニックもあります。

 

実際に7.5万円で受けれると思った手術が、
色々な理由を付けられて、
手術代が50万円を超えた例もあります。

 

価格の安さを餌にしてお客をおびき寄せ、
言葉巧みにマインドコントロールして、
値段の高いレーシックを選ばせる
悪質なクリニックもあります。

 

また、中には検査後に
手術不適合者だったにも関わらず、
患者に危険性も伝えずに手術する
クリニックもあるので注意が必要です。

 

病院選びに失敗して、
レーシック難民になっている方も
多数おられるようです。

 

値段だけにとらわれず、
自分が安心してレーシック手術が
出来る病院を選びましょう。

 

 


このページのトップへ戻る