レーシック手術で失敗しない為の予備知識

色弱や色盲などの色覚異常でもレーシック手術はできるの?

 

色弱や色盲とは?

 

人間の目は光の三原色によって、
色を識別しています。

 

光の三原色とは「赤」、「青」、
「緑」の3色のことを言います。

 

この3色を組み合わせることで、
ほとんどの色を識別することができます。

 

 

そして、目には赤、青、緑を
それぞれ感じることができる
視細胞があります。

 

視細胞により様々な色を認識できます。

 

 

色弱や色盲の人はその視細胞に
異常がある状態になっています。

 

そのため、正常に色を識別できなくなります。

 

色の区別がしにくい順番に
「異常3色型色覚」<「2色型色覚」<「1色型色覚」
の3つの色覚に分類されます。

 

色弱は、「異常3色型色覚」に分類されます。

 

色弱は光の三原色を
全て感じ取ることができますが、
感じ取り方が正常者とは違います。

 

そのため、色弱は、
よく似た色の区別ができません。

 

感じ取れない色の違いによって、
第1色弱、第2色弱、第3色弱に分類されます。

 

第1が赤色、第2が緑色、第3が青色になり、
それぞれの視細胞が正常に働いていません。

 

色盲は、「2色型色覚」に分類されます。

 

色盲とは、光の三原色のうちの1色が、
ほとんど区別できない状態を言います。

 

そのため、色盲は光の三原色のうちの
2色だけで色を識別しています。

 

正常に働いている色の違いによって、
第1色盲、第2色盲、第3色盲に分類されます。

 

全色盲は、「1色型色覚」に分類されます。

 

全色盲とは、光の三原色のうちの2色が、
ほとんど区別できない状態を言います。

 

色に対する感覚がほとんどなく、
1色だけで色を識別しています。

 

全色盲になると全てが色黒写真のように
見えてしまいます。

 

全色盲は非常に稀な病気で、
視力も極めて悪い状態です。

 

色覚異常とは、「異常3色型色覚」、
「2色型色覚」、「1色型色覚」の
総称になります。

 

色覚異常の原因には、
先天性と後天性の2つあります。

 

先天性の色覚異常の原因とは?

 

先天性とは遺伝によるものです。

 

人間の性染色体には、
「X」と「Y」の2つがあります。

 

男性の遺伝子は、
「X」と「Y」の染色体を持っています。

 

女性の遺伝子は、
「X」と「X」の染色体を持っています。

 

遺伝には、「優性遺伝」と
「劣性遺伝」の2つがあります。

 

「優性遺伝」とは、父親と母親のうち
片方にあれば発現する遺伝を言います。

 

「劣性遺伝」とは、父親と母親の
両方になければ発現しない遺伝を言います。

 

色覚異常の遺伝子は、
「X」の染色体のみに存在しています。

 

そして、「劣性遺伝」します。

 

そのため、男性の場合は
X染色体が一つしかないため、
色覚異常の遺伝子があると必ず発病します。

 

女性の場合はX染色体が2つあるため、
両方の染色体に色覚異常の遺伝子が
ある時のみ発病します。

 

1つのX染色体に色覚異常の
遺伝子がある時は発病しません。

 

この場合は、保因者になります。

 

保因者とは発病の遺伝子を持っていても、
発病していない人という意味です。

 

日本国内では男性の約5%、
女性の約0.2〜0.4%の人が、
遺伝による色覚異常だと言われています。

 

色覚異常のほとんどが、
生まれつきの先天性によるものです。

 

他人と見え方の差がわからないため、
色覚異常に気づかないことが
多いと言われています。

 

後天性の色覚異常の原因とは?

 

後天性の場合は、緑内障や白内障、
網膜などの病気の症状の一つとして、
色覚異常が表れます。

 

そのため、色覚以外に
視力や視野にも影響が出ます。

 

後天性の色覚異常では
必ず青黄異常と赤緑異常が混在します。

 

青色と認識する範囲が広く、
緑色を認識する感覚がありません。

 

青紫や青緑、緑、黄緑などを
青と誤認識します。

 

また、緑を青や黒に誤認識したり、
茶色を黒や紫に誤認識します。

 

先天性の色覚異常は両眼性なのに対し、
後天性の色覚異常は左右差が生じます。

 

色覚異常の治療法とは?

 

現在、先天性の色覚異常の場合は、
治療法がありません。

 

鍼灸治療や電気治療で先天性の色覚異常を
治すことが可能と考えている人もいますが、
医学的や科学的な根拠はありません。

 

先天性の色覚異常は遺伝子に原因があるため、
鍼灸や電気で刺激を与えても
遺伝子が変化することはありません。

 

後天性の色覚異常は原因となっている
病気の治療を行います。

 

原因となっている病気を治療することで、
色覚異常の症状が改善できることがあります。

 

色覚異常でも一部の職業を除いては、
日常生活や仕事に影響はないと言われています。

 

車やバイクの運転免許も
取得することができます。

 

ただし、航空機や鉄道運転士、
船舶航海士の免許は取得できません。

 

どうしても不便を感じる場合は、
色覚補正メガネやレンズなどを
試してみるといいでしょう。

 

ですが、全ての人が正常色覚で
見えるとは限りません。

 

また、近視など視力が弱い人は、
度付きのレンズを付ける必要があります。

 

そして、人によっては、
すごく目が疲れることがあります。

 

また、通常の眼鏡に比べて高額になります。

 

色覚異常でレーシック手術を行う時の注意点

 

色覚異常の人で近視や遠視など、
視力が悪い人もいます。

 

色覚異常があってもレーシック手術を
受けることができます。

 

日本眼科学会の
屈折矯正手術のガイドラインでは、
色覚異常は禁忌になっていません。

 

ただし、以下の場合は、
レーシック手術が出来ません。

 

・18歳未満の人。

 

・角膜が薄くて基準値に満たない人。

 

・目の病気を患っている人。

 

・−10D以上の強度近視や乱視の人。

 

・屈折値が安定していない人。

 

・糖尿病や膠原病などの持病を持っている人。

 

・向精神薬やピルなどの薬を服用している人。

 

・妊娠中または授乳中の人。

 

また、レーシック手術前には、
適応検査を受ける必要があります。

 

適応検査で医師が不適合と判断した場合も、
レーシック手術が出来ません。

 

色覚異常でも適応検査に問題はありませんが、
事前に色覚異常であることを伝えておきましょう。

 

レーシック手術後に視力が回復しても
しばらく夜間視力が低下したり、
コントラスト感度が低下したり、
乱視が残ることもあります。

 

レーシック手術には
リスクもあることを承知の上で、
検討するようにしましょう。

 

ちなみに、色覚異常は視細胞に異常があるため、
レーシック手術で治すことは出来ません。

 

 


このページのトップへ戻る