レーシック手術で失敗しない為の予備知識

緑内障でもレーシック手術はできるの?

緑内障とは?

 

緑内障とは眼圧の上昇によって、
視神経が圧迫されて
視力に障害が出る病気です。

 

 

視神経は目で見たものを
脳に伝えるための重要な器官です。

 

緑内障になると視野が狭くなったり、
視野が欠損して見えづらくなります。

 

症状が進行して視神経が壊死すると、
視力を失います。

 

緑内障は40代以降に
発症しやすい病気と言われています。

 

ちなみに、緑内障の有病率は、
40代以降で約5%と言われています。

 

また、国内において緑内障は
視覚障害の原因の1位となっています。

 

現在、緑内障を予防するための
効果的な方法はありません。

 

そのため、早期に発見して
適切な治療を行うことが大切です。

 

緑内障の症状とは?

 

初期の頃は、
ほとんど自覚症状がありません。

 

何故なら、片眼に見えない部分があっても、
両眼で見た時には普通に見えるからです。

 

両眼で見た時に見えづらいと感じた時は、
かなり症状が進行している状態です。

 

通常、緑内障は両眼に発症することは稀で、
片眼に発症すると言われています。

 

また、緑内障の進行はゆっくりなため、
かなり進行するまで自覚はありません。

 

症状が進行して末期になると、
ほぼ視力を得ることは出来ません。

 

 

緑内障の症状を老眼や白内障の症状と
勘違いしている人も多いので注意が必要です。

 

緑内障の原因とは?

 

緑内障の原因はいくつかあります。

 

【眼圧の上昇】

 

緑内障は眼球内の圧力が高くなることで、
視神経が圧迫されて視力に影響が出ます。

 

眼圧の正常値は、10〜21mmHgです。

 

ただし、この数値は
欧米人が基準になっているため、
日本人の場合は18mmHg位までが、
正常値と言われています。

 

眼圧が正常値を超えると、
緑内障を発症する可能性があります。

 

眼圧による影響は個人差があるため、
正常値を超えても緑内障にならない人もいます。

 

何故眼圧が上昇するのかは、
原因が特定されていません。

 

何年もかかりゆっくりと症状が進行する
慢性の緑内障を「原発開放隅角緑内障」と言います。

 

また、眼圧が正常範囲内なのに、
緑内障になることがあります。

 

これを「正常眼圧緑内障」と言います。

 

正常眼圧緑内障は日本人に一番多い
緑内障と言われています。

 

日本緑内障学会の調査では、
40歳以降に緑内障を発症した人の内、
約72%が正常眼圧緑内障でした。

 

正常眼圧緑内障になる主な原因は、
2つあります。

 

一つ目は眼圧は1日の内で変動があるため、
眼圧が正常値を超える時がある。

 

二つ目は生まれつき
視神経が圧迫に弱い体質のため、
眼圧が正常値でも視神経が傷む。

 

眼球には個体差があるため、
眼圧が正常値であっても
緑内障にならないというわけではありません。

 

つまり、誰もが緑内障になるリスクがあります。

 

【遺伝】

 

先天性や若年性の緑内障は、
遺伝が関係していると言われています。

 

遺伝による緑内障を
「先天性緑内障」と言います。

 

先天性緑内障は生まれつき隅角と呼ばれる
房水の出口に異常があるために眼圧が上昇します。

 

 

先天性緑内障は生後1年以内に
約8割が発症すると言われています。

 

幼少期に発症する場合は、
「発達緑内障」と言われています。

 

成長段階で隅角が未発達になると、
眼内の水が排出されずに眼圧が上がります。

 

血縁者に緑内障の人が2人以上いる場合は、
注意する必要があります。

 

血縁者に緑内障の人がいる場合は、
眼科で定期検診を受けましょう。

 

ただし、親や親族が緑内障だと、
子供が緑内障になるとは限りません。

 

【睡眠時無呼吸症候群】

 

睡眠時無呼吸症候群の人は正常な人に比べて、
緑内障の有病率が約10倍だと言われています。

 

緑内障と睡眠時無呼吸症候群の関係は、
完全に解明されていません。

 

ただ、睡眠中に低酸素状態になると、
眼圧の上昇に関係なく
視神経に障害が出る可能性があると
考えられています。

 

【近視】

 

近視の人は緑内障の発症率が
高いことがわかっています。

 

特に近視の強度が高くなるほど、
緑内障になりやすくなります。

 

近視の人は網膜の視神経が弱いため、
緑内障を発症することがあります。

 

強度近視になるほど、
眼軸が長くなっているので、
網膜が薄くなります。

 

網膜が薄くなると視神経近くの
血流が悪くなり少しの眼圧上昇でも
視力に影響が出ます。

 

近視の人に多い緑内障は、
正常眼圧緑内障です。

 

【遠視】

 

遠視の人は、生まれつき
眼球のサイズが小さいため、
焦点を合わせずらくなります。

 

眼球のサイズが小さいということは、
その他の器官も小さくなります。

 

遠視の場合は、眼球内の水が通る器官も
小さくなるため詰まりやすくなります。

 

すると、眼球内の水の量が一定に保てなくなり、
眼圧が上昇することで緑内障を発症します。

 

【目の病気】

 

目の炎症や網膜剥離、角膜の病気、
外傷の影響などにより、
緑内障を発症することがあります。

 

【病気による合併症】

 

糖尿病や網膜色素変性症、黄斑変性症、
ぶどう膜炎などの合併症により、
緑内障を発症することがあります。

 

糖尿病が原因で起こる緑内障を
「血管新生緑内障」と言います。

 

【薬の副作用】

 

副腎皮質ステロイド薬やアレルギー薬、
抗うつ薬、散瞳薬、睡眠薬などの副作用により、
緑内障を発症することがあります。

 

ステロイドが原因で起こる緑内障を
「ステロイド緑内障」と言います。

 

【眼痛】

 

ある日、突然眼痛や頭痛がしたり、
吐き気や嘔吐などの症状が出た場合は、
緑内障の可能性があります。

 

何らかの原因で眼球内にある
房水の出口がふさがれて、
眼圧が急上昇することで
緑内障になります。

 

この場合の緑内障を
「原発閉塞隅角緑内障」と言います。

 

軽度の眼痛や頭痛でも
原発閉塞隅角緑内障の可能性があるため、
早期に眼科を受診しましょう。

 

緑内障の治療法とは?

 

現在、緑内障の治療には
根本的な治療法はなく、
対処療法しかありません。

 

何故なら、一度でも視神経に障害が出ると、
再生することは出来ないからです。

 

現時点では薬を使ったり、手術を行っても
緑内障を完治させることは無理です。

 

そのため、緑内障の治療は、
症状の進行を遅らせることが目的です。

 

緑内障になると眼圧を下げるために、
点眼薬を使った薬物治療が行われます。

 

最初は1種類の点眼薬を使います。

 

効果が出なかった場合は、
点眼薬の種類を変えたり、
別の点眼薬と併用したりします。

 

点眼薬で効果がある場合は、
生涯に渡り継続治療を行います。

 

点眼薬で効果が無かった場合は、
レーザー治療や手術を行います。

 

緑内障の治療が遅れると、
失明する可能性があります。

 

ちなみに、病気によって失明する原因の
第一位が緑内障になっています。

 

ですから、早期発見、
早期治療が重要です。

 

初期の段階で緑内障を発見できれば、
その後の進行を抑えることが可能です。

 

緑内障でレーシック手術を行う時の注意点

 

緑内障はレーシック手術の
禁忌になっていません。

 

ですが、日本眼科学会のエキシマレーザー
屈折矯正手術のガイドラインでは、
「実施に慎重を要するもの」となっています。

 

通常、緑内障の人は、レーシック手術の
適応外とされることが多いと言われています。

 

レーシック手術によりフラップを作成する際に
眼球が動かないように角膜を吸引して固定します。

 

この時の圧力によって、眼圧が通常の
3倍以上になると言われています。

 

そのため、緑内障を発症している場合は、
術後に症状が進行したり、
悪化する可能性があります。

 

また、レーシック手術後には
角膜が薄くなるため、
眼圧測定検査で
正常に眼圧を測定できなくなります。

 

眼圧測定器の性質上、
角膜が薄いと低めに
測定されていまいます。

 

ただし、実際の眼圧は
低いわけではありません。

 

特に非接触眼圧計では、
誤差が大きく出ます。

 

接触型眼圧計では、
正確に測定ができます。

 

緑内障の治療を行う際には、
眼圧がどれだけ下がったのかを確認するため、
眼圧検査が欠かせません。

 

そのため、レーシック手術により
眼圧が正常に測定できなくなると、
緑内障の治療に影響が出る可能性があります。

 

この他、レーシック手術後の
目の炎症を抑えるために、
ステロイドの点眼薬を使った場合は、
眼圧が上昇して緑内障の進行を
早めることもあります。

 

これらの理由により緑内障の人は、
レーシック手術ができないこともあります。

 

ですが、軽度の緑内障であったり、
緑内障の症状が安定している場合は、
担当医師から許可されれば
レーシック手術を受けることが
可能な場合もあります。

 

緑内障でもレーシック手術が可能かどうかは、
適応検査をしてみないとわかりません。

 

もし、適応検査で許可が出れば、
緑内障に影響が出ない術式を選びましょう。

 

フラップを作成しないPRKや
フラップレスレーシックなどは、
手術中の眼圧上昇の心配がありません。

 

また、レーシック手術後であっても、
緑内障の治療を継続することが出来ます。

 

 


このページのトップへ戻る