レーシック手術で失敗しない為の予備知識

アレルギー性結膜炎でもレーシック手術はできるの?

 

アレルギー性結膜炎とは?

 

アレルギー性結膜炎とは、
花粉やダニ、ハウスダストなどにより
目にアレルギー反応が出てかゆみが出たり、
炎症を起こしたりする病気です。

 

重症になるとまぶたの裏側に
ブツブツができることもあります。

 

アレルギー性結膜炎は感染症ではないため、
人にうつることはありません。

 

国内においては約15〜20%の人が、
アレルギー性結膜炎にかかっていると
言われています。

 

そして、年々患者数が
増える傾向にあります。

 

アレルギー性結膜炎の原因とは?

 

主に以下が原因となり、
アレルギー性結膜炎を発症します。

 

・ハウスダスト(ダニやカビ、埃など)

 

・ペットなどの毛

 

・スギやヒノキなどの花粉

 

・不衛生なコンタクトレンズの使用

 

・大気汚染物質

 

・ドライアイ

 

アレルゲンとなる物質が目に入ると、
目の毛細血管や知覚神経などが刺激されて、
痒みが出たり、充血などの炎症が起こります。

 

 

アレルギー性結膜炎の種類とは?

 

アレルギー性結膜炎は、
以下の2つの種類があります。

 

【季節性アレルギー性結膜炎】

 

主に花粉などが原因となり、
一定期間のみ症状が出る
アレルギー性結膜炎です。

 

日本ではスギやヒノキなどの花粉が、
主な原因となって発症します。

 

 

季節性アレルギー性結膜炎は、
男性よりも10代から40代の
女性に多いと言われています。

 

地球温暖化や食生活の欧米化などにより、
患者数は増える傾向にあります。

 

症状が悪化してから薬を使っても
効果が出にくいため花粉が飛散する
2週間ほど前から治療を始めることが大切です。

 

初期に治療をすることで、
症状を軽減することができます。

 

【通年性アレルギー性結膜炎】

 

主にダニなどのハウスダストが原因となり、
年中症状が出るアレルギー性結膜炎です。

 

 

また、コンタクトレンズの汚れによっても
アレルギー性結膜炎になることがあります。

 

通年性アレルギー性結膜炎の場合は、
アレルギー反応を起こすアレルゲンを特定して、
予防、治療を行うことが大切です。

 

アレルゲンの原因は人によって違います。

 

血液検査や皮膚テストを行うと、
アレルゲンの原因がわかります。

 

この他に重度のアレルギー性結膜炎は、
「春季カタル」と呼ばれています。

 

「春季カタル」は小学生の男の子に多い
アレルギー性結膜炎です。

 

「春季カタル」になると強い痒みが出るため、
角膜を傷つけたり、視力低下の原因となることがあります。

 

「春季カタル」の症状が悪化すると、
目が開けられないほどの痛みを伴うこともあります。

 

「春季カタル」の症状は、
季節に関係なく1年中出ます。

 

アレルギー性結膜炎の症状とは?

 

目がかゆい。

 

目が充血している。

 

目やにが多く出る。

 

目にゴロゴロとした違和感がある。

 

目が腫れぼったい。

 

目がかすむ。

 

涙が出る。

 

このような症状が出た時は、
アレルギー性結膜炎の可能性があります。

 

アレルギー性結膜炎になったら、
症状を悪化させないため、
早めに眼科を受診して治療しましょう。

 

まぶたを擦ることで症状が悪化するため、
痒みが強い場合は、患部を冷やしましょう。

 

また、アレルギー症状がある時は、
なるべくコンタクトレンズの装用を止めましょう。

 

アレルギー性結膜炎の治療法とは?

 

眼科でアレルギー性結膜炎の
治療を行う時には点眼薬が使用されます。

 

 

症状が軽い場合は、
抗アレルギー点眼薬が処方されます。

 

症状が重い場合は、
ステロイド点眼薬が処方されます。

 

ステロイド点眼薬は副作用として、
眼圧が高くなることがあります。

 

そのため、眼科で定期的に
眼圧を確認してもらいましょう。

 

点眼薬の使用を止めると、
眼圧は正常値に戻ります。

 

「春季カタル」など症状が重度な場合は、
免疫調整点眼剤が処方されます。

 

市販薬を使う場合は、
防腐剤の入っていない人工涙液が
効果的だと言われています。

 

防腐剤が入っていないと、
アレルゲンを洗い流すために
1日に何度でも使用できます。

 

また、目の表面の細胞を
傷つけることもありません。

 

アレルギー性結膜炎の対策とは?

 

アレルギー性結膜炎にならないように、
室内環境や生活環境を改善することも重要です。

 

・掃除機はなるべく毎日かける。

 

・掃除機をかける時はゆっくり丁寧にする。

 

・布団は天日干しにし、掃除機でダニを除去する。

 

・布団カバーや枕カバーなどの寝具は頻繁に洗濯する。

 

・空気清浄機で室内を清潔にする。

 

・埃が溜まりやすい場所を掃除する。

 

・埃が溜まりやす物は置かない。

 

・フローリングはふき掃除をする。

 

・通気の悪いタンスやクローゼットなどは除湿する。

 

・室内で犬や猫などのペットを飼わない。

 

・お酒はアレルギーの症状を悪化させるため飲まない。

 

・睡眠不足にならないようにする。

 

・過度なストレスを溜めないようにする。

 

・便秘にならないようにする。

 

・加湿器の水は毎日取り換える。

 

・加湿器の水は水道水を使う。

 

・外出時はメガネ、マスク、帽子を着用する。

 

・家に入る前に花粉を落とす。

 

アレルギー性結膜炎でレーシック手術を行う時の注意点とは?

 

アレルギー性結膜炎でも
角膜に炎症がない場合は、
レーシック手術ができます。

 

ただし、アレルギー性結膜炎の症状が
治まっている必要があります。

 

また、アレルギー性結膜炎の症状が
悪化している状態では、
レーシック手術が出来ません。

 

何故なら、手術後はフラップが
完全に固定されるまで、
目を触ることができないからです。

 

もしアレルギー性結膜炎などにより、
まぶたを擦ったりすると、
フラップがズレたり、
角膜に細菌が感染して
感染症を起こすこともあります。

 

そのため、花粉症などが原因の
季節性アレルギー性結膜炎の場合は、
花粉症の時期を避けて、
レーシックを受けるようにしましょう。

 

ハウスダストなどが原因の
通年性アレルギー性結膜炎の場合は、
点眼薬で症状を緩和してから、
レーシックを受けるようにしましょう。

 

ちなみに、コンタクトレンズが原因で
アレルギー性結膜炎を発症している場合は、
レーシック手術後にコンタクトレンズが不要になると、
アレルギー性結膜炎の発症を抑えることができます。

 

この他、アレルギー性結膜炎でも
強度の近視や遠視、乱視の場合は、
レーシック手術ができません。

 

日本眼科学会のガイドラインでは、
矯正限度は「6D」までになっています。

 

そして、矯正限度以内であっても
角膜が薄い場合や角膜の細胞が少ない場合は、
レーシック手術ができません。

 

アレルギー性結膜炎でも
レーシック手術ができるかは、
術前の適応検査により眼科医が判断します。

 

そのため、レーシック手術を検討してるなら、
まずは適応検査を受けるといいでしょう。

 

アレルギー性結膜炎の点眼薬を使用中でも、
適応検査には支障ありません。

 

 


このページのトップへ戻る