レーシック手術で失敗しない為の予備知識

強度近視や最強度近視でもレーシック手術はできるの?

 

強度近視とは?

 

一般的に強度近視と最強度近視の違いは、
視力ではなくレンズ度数の数値で
区別されています。

 

日本近視学会によると、
強度近視の定義は以下になっています。

 

「−6.0Dを超え−10.0D以下の近視。」

 

「D」とは「Dioptre(ディオプトリ)」の略で、
レンズ度数の屈折度を表す単位になります。

 

「D」の数値が大きくなるほど、
近視の度合いが強くなります。

 

12.5センチ以内でしか、
ピントが合わないようなら、
強度近視の可能性があります。

 

裸眼視力では0.1以下のことが、
多いと言われています。

 

ただ、裸眼視力と度数には
大まかな関係しかないため、
度数が高くても裸眼視力が良い人もいます。

 

強度近視になると、
眼鏡やコンタクトで矯正しないと、
日常生活は送れません。

 

近視には「屈折性近視」と
「軸性近視」の2種類があります。

 

屈折性近視とは?

 

屈折性近視は、
「調節性近視」とも呼ばれています。

 

屈折性近視とはパソコンやゲームなど、
近くの物を長時間見続けることで、
ピントを合わせる調節機能が低下して、
網膜上でピントが合わなくなる近視です。

 

近くばかりを見続けると、
毛様体筋が緊張して、
水晶体が厚くなり
屈折力が強くなります。

 

すると網膜の手前で、
像を結んでしまいます。

 

 

そのため、遠くの物がぼやけて
見えるようになります。

 

生活習慣などによって目が悪くなる場合は、
ほとんが屈折性近視になります。

 

屈折性近視の初期の段階で
目を酷使することなく、
調節麻痺剤による点眼治療や
視力回復トレーニングを行うことで、
近視が改善できる場合が多いです。

 

しかし、屈折性近視を放置して、
治療を行わないと軸性近視へ移行します。

 

軸性近視とは?

 

強度近視のほとんどが、
軸性近視になります。

 

軸性近視とは眼軸が前後に
長くなった状態の近視を言います。

 

眼軸が長くなると、
網膜の手前で焦点が合うため、
遠くが見づらくなります。

 

 

眼軸が長くなるほど
近視度数が強くなり、
強度近視となります。

 

そして、眼軸が長くなるほど、
網膜にかかる負担も大きくなります。

 

強度近視が進行して病的近視になると、
眼底に色々な異常が起こる危険性があります。

 

そのため、強度近視の人は
網膜剥離や白内障、緑内障、
飛蚊症、黄班部変性といった病気を
発症するリスクが高くなります。

 

最悪の場合は強度近視が原因となり、
失明するリスクもあります。

 

ちなみに、失明原因のランキングの
5位が強度近視になっています。

 

軸性近視は視力回復のための
アイトレーニングを行っても、
治すことは出来ません。

 

何故なら、一度長くなった眼軸は、
短くすることができないためです。

 

レーシック手術で角膜を削っても
眼軸の長さは変わりません。

 

つまり、レーシック手術をしても
軸性近視そのものが治るわけでないのです。

 

レーシック手術では角膜を削って
屈折率を矯正して見えやすくします。

 

軸性近視の主な原因は遺伝によるものです。

 

ただし、今のところ近視なる遺伝子は、
特定されていません。

 

そのため、全てが遺伝というわけはなく、
生活習慣も原因になります。

 

近くで本を読んだり、テレビを見たりすると、
眼軸が伸びる可能性があります。

 

軸性近視は通常小学生頃から発症し、
20代前半まで進行します。

 

そして、多くの人が20代後半で
進行が止まると言われています。

 

稀に幼少期から発症することもありますが、
この場合は「先天性軸性近視」と言います。

 

先天性軸性近視は病的近視になる
可能性があります。

 

 

最強度近視とは?

 

日本近視学会によると、
最強度近視の定義は以下になっています。

 

「−10.0Dを超え−15.0D以下の近視。」

 

最強度近視になると眼鏡をかけても
視界の周辺がぼやけたり、
物が小さくて見えづらくなります。

 

そして、眼精疲労も酷くなります。

 

また、眼鏡では
矯正できなくなることもあります。

 

コンタクトレンズを装用する場合は、
ハードコンタクトレンズが一般的になります。

 

何故なら、ハードコンタクトレンズは、
ソフトコンタクトレンズに比べて、
矯正できる範囲が広いためです。

 

コンタクトレンズをすれば、
眼精疲労を軽減することができます。

 

しかし、ハードコンタクトレンズの場合は、
酸素透過性が低いため注意が必要です。

 

最強度近視は強度近視よりも
さらに眼軸が伸びている状態です。

 

そのため、強度近視よりも
目の病気を発症するリスクが高くなります。

 

最強度近視が原因で緑内障を発症した場合は、
将来的に失明する可能性もあります。

 

また、最強度近視の人は網膜が弱いため、
目に強い衝撃を受けると網膜が内出血したり、
網膜裂孔や網膜剥離を発症することもあります。

 

強度近視や最強度近視でレーシック手術を行う時の注意点

 

日本眼科学会の屈折矯正手術の
ガイドラインでは
原則−6Dまでとなっています。

 

手術を行う上で医学的根拠があって、
インフォームドコンセントを行った場合は、
−10Dまで可能となっています。

 

強度近視の場合は、医師の判断により
レーシック手術が可能な場合があります。

 

一般的に強度近視の人が
レーシック手術を行う場合は、
イントラレーシックが適しています。

 

イントラレーシックは、
薄くて均一なフラップを
作成することができるためです。

 

術後に角膜を多く残せれば、
視力が安定します。

 

眼科専門医によっては、強度近視の人が
レーシック手術を行うのはリスクが高いため、
否定的な意見を持っている人もいます。

 

そのため、仮に適応検査で問題が無くても、
複数の医師に相談して慎重に検討しましょう。

 

最強度近視は−10D以上のため、
日本眼科学会のガイドラインによると、
レーシック手術が出来ません。

 

レーシック手術は近視度数が高くなるほど、
角膜を削る量が多くなります。

 

角膜の厚さには限度があるため、
角膜を削る量にも限界があります。

 

そのため、最強度近視の場合は、
レーシック手術が出来ません。

 

仮に角膜の厚みが基準値だったとしても
角膜を削る量が多くなるため、
術後に合併症や後遺症のリスクが高くなります。

 

そして、角膜を削る量が多くなれば、
術後に視力が落ちても再手術ができません。

 

また、最強度近視の人が
無理にレーシック手術を行うと、
術後に近視の戻りや過矯正、不正乱視
円錐角膜になる確率も高くなります。

 

そして、再び視力が下がる
可能性があります。

 

何故なら、角膜を削る量が多くなると、
手術の精度が落ちるためです。

 

レーシック手術以外の近視矯正術

 

強度近視の人が適応検査の結果、
レーシック手術の不適合になった場合は、
フラップレスレーシックを
検討するといいでしょう。

 

フラップレスレーシックは、
フラップを作成しないため、
角膜を多く削る必要がある
強度近視の人に適している術式です。

 

ただし、レーシック手術とは違い、
視力が安定するまで時間がかかります。

 

また、レーシック手術に比べて、
施術代が高額になります。

 

眼科にもよりますが、
両眼で60〜80万円ほどかかります。

 

また、レーシック手術ができない
−10D以上の最強度近視の人は、
フェイキックIOL」が向いています。

 

角膜を削ることなく
有水晶体眼内レンズを入れることで、
視力を矯正する術式になります。

 

レーシック手術のように視力回復が早く、
術後にトラブルが起きても
レンズを外すことができます。

 

ただし、術後に緑内障や白内障になる
リスクが高くなります。

 

また、施術代も両眼で
100万円ほどかかります。

 

そして、眼内レンズを長期使用した際の
安全性も確認されていません。

 

この他に外科的な手術を行わない
オルソケラトロジー」も
強度近視や最強度近視の人に適しています。

 

ただし、強度近視や最強度近視を
根本的に治すことは出来ません。

 

寝る前に特殊なコンタクトをすることで、
角膜のカーブを変化させて、
一時的に見えやすくするものです。

 

コンタクトは毎晩装用する必要があります。

 

また、コンタクトは東京にある眼科でしか
処方してもらえません。

 

施術代もレーシック手術に比べて、
高額になります。

 

 


このページのトップへ戻る