レーシック手術で失敗しない為の予備知識

老眼でもレーシック手術はできるの?

 

老眼とは?

 

老眼は近視や遠視などの屈折異常とは違い、
目の調節機能が衰えることで、
近くが見にくくなる状態です。

 

近くを見る時は水晶体を膨らませます。

 

しかし、加齢が進むとピントを調節する
水晶体の弾力が弱くなります。

 

すると、十分に水晶体を
膨らますことができなくなり、
近くの物が見えにくくなるのです。

 

 

老眼は40代以降に症状が出始めて、
50代以降になるとほとんどの人が
老眼を自覚するようになります。

 

そして、60歳前後になると、
目の調節機能が完全になくなります。

 

つまり、老眼は60歳前後で
進行が止まります。

 

近くの文字が見えづらい。

 

すぐに目が疲れる。

 

肩こりや首こりが酷くなった。

 

目線が移動した時に見えにくい。

 

少し距離を離すと見えやすい。

 

このような症状が出た時は、
老眼の可能性があります。

 

眼科で詳しい検査をすれば、
老眼かどうかわかります。

 

老眼になれば老眼鏡をかけることで、
ピントを合わせることができます。

 

老眼鏡をかけたからと言って、
老眼の症状が進行することはありません。

 

老眼鏡をかけてもかけなくても
加齢に伴って老眼は進行します。

 

つまり、誰もが老眼を避けることは
出来ないのです。

 

レーシック手術で老眼は治せるのか?

 

レーシック手術は近視や遠視、乱視などの
屈折異常が原因で視力が悪い人に行います。

 

老眼の原因は目の屈折異常ではなく、
目の調節機能の衰えになります。

 

老眼でも近視や遠視などを
レーシック手術により矯正できます。

 

しかし、レーシック手術をしても
老眼を治すことは出来ません。

 

老眼の症状が出始める40代以降の人が、
レーシック手術により近視や遠視を矯正しても、
老眼になれば近くが見えにくくなります。

 

レーシック手術で眼鏡や
コンタクトレンズから
解放されたと思っても
数年後に老眼になると眼鏡や
遠近両用コンタクトレンズで
矯正しないと見えなくなります。

 

ですが、最近は老眼を治せる
老眼治療を行うことができます。

 

老眼の治療法には、
以下のようなものがあります。

 

【モノビジョンレーシック】

 

レーシック手術によって、
利き目を遠くが見えるようにします。

 

そして、もう片方は
近くを見えるようにします。

 

このように左右の視力に差をつけることで、
両眼で見た時に近くも遠くも見えるようになります。

 

術後しばらくは見え方に
違和感を感じることもあります。

 

ですが、慣れてくると
自然な見え方になります。

 

見え方に慣れるまでは、
1〜3ヶ月ほどかかると言われています。

 

また、術後は立体感が低下することがあるため、
車の運転や細かな作業をする人には向いていません。

 

【多焦点眼内レンズ】

 

多焦点眼内レンズは2007年に
厚生労働省の承認を受けました。

 

そして、2008年7月には、
先進医療の承認を受けました。

 

厚生労働省が認めた先進医療施設で
多焦点眼内レンズを使った老眼治療ができます。

 

近くと遠くが見える
遠近両用レンズを入れることで、
老眼を改善できます。

 

多焦点眼内レンズにより老眼鏡が無くても
日常生活が送れるようになります。

 

全ての距離に焦点が合うわけではありませんが、
概ねどの距離にも焦点が合います。

 

術後はしばらくはっきりと
見えないような感じがすることがあります。

 

また、暗い場所では光を眩しく感じたり、
光の周りに輪がかかって見えることもあります。

 

しかし、これらの症状は時間の経過と共に
改善されていくと言われています。

 

多焦点眼内レンズは、
誰でも適応できるわけではありません。

 

適応検査の結果、
多焦点眼内レンズが
適応できないこともあります。

 

また、夜間車に運転をする職業の人や
強度乱視の人は不適応になることもあります。

 

強度の近視や遠視の場合は、
レーシック手術によって角膜を削って、
度数を調整することもあります。

 

多焦点眼内レンズの治療費は、
全額自己負担となるため、
手術費用は高額になります。

 

クリニックによっても違いますが、
両眼で約70〜90万円ほどかかります。

 

手術前後の診察や検査代、薬代などは、
保険診療が可能です。

 

また、生命保険に
「高度先進医療特約」を付けている場合は、
保障の対象になることもあります。

 

この場合は、高額な手術費用の
負担がなくなります。

 

【リーディングアイ】

 

リーディングアイは
約50ヶ国で導入されている
老眼治療法になります。

 

角膜にカメラインレーと呼ばれる
リング上のレンズを挿入することで、
ピンホール効果により老眼を治療する方法です。

 

レンズの中心に小さな穴が開いていることで、
光の入ってくる量が細く調整されて、
近くにピントが合わせやすくなります。

 

カメラインレーには表面に8400個の
小さな穴が開いているので付けたままでも
目の栄養補給を妨げることはありません。

 

カメラインレーを入れても違和感はなく、
外から見てもわかりません。

 

カメラインレーは片眼のみに挿入します。

 

将来白内障などになった時には、
カメラインレーを取り出すこともできます。

 

リーディングアイの手術時間は、
約10分程度です。

 

手術費用は保険適応外で
約30万円になります。

 

【フェイキック】

 

遠近両用の後房型レンズを
角膜と水晶体の間に入れることで、
老眼を改善する治療法です。

 

完全オーダーメイドで
遠近両用レンズを作成するため、
老眼鏡と同等以上の見え方になります。

 

レンズを取り出せば元の状態に戻せます。

 

レーシック手術のように角膜を削らないため、
術後のドライアイや不正乱視を軽減できます。

 

【老眼治療CK手術(伝導性角膜形成術)】

 

CKとは以下の頭文字の略になります。

 

Conductive

 

Keratoplasty

 

CK手術はアメリカの遠視治療として
行われていました。

 

ですが、最近は老眼治療としても
応用されています。

 

CK手術はアメリカで研修を受けた
認定医しか施術ができません。

 

そのため、国内でCK手術ができる
眼科は限られています。

 

CK手術は角膜の表面にラジオ波と呼ばれる
高周波エネルギーを照射することで、
遠視を矯正します。

 

遠視が矯正されることで、
近くも見やすくなります。

 

CK手術は遠くを見る時に使う
利き目ではない方の目だけを施術します。

 

そうすることで、近くも遠くも
両方に焦点が合うようになります。

 

術後はしばらく遠近感に違和感がありますが、
時間が経てば慣れてきます。

 

通常は1〜3ヶ月ほどで、
見え方に慣れると言われています。

 

アメリカのFDAの調査では、
術後9割以上の方が老眼を改善しています。

 

レーシック手術のように
角膜を削るわけではないので、
術後の合併症や後遺症なども軽減できます。

 

ただし、強度の近視や遠視、乱視などがある時は、
レーシック手術をした後にCK手術を行います。

 

CK手術から数年経つと、
効果が薄れることがあります。

 

CK手術は長時間車の運転をしたり、
パソコンや読書をする人には向いていません。

 

また、老眼鏡に比べて少しだけ
見え方の質が落ちることもあります。

 

老眼治療を行う時の注意点とは?

 

老眼の治療法には選択肢が複数あります。

 

それぞの治療法には、
メリット、デメリットがあります。

 

老眼治療を受けたいと思われる場合は、
ご自分のライフスタイルや目の状態によって
どの治療法が最適なのか十分に検討しましょう。

 

また、術後のアフターケアや
眼科医の対応の仕方なども
確認しておきましょう。

 

老眼治療は保険適応外となり、
治療費が高額になります。

 

そして、少なからずリスクを伴います。

 

そのため、老眼鏡で不便がないようなら、
あえて老眼治療をする必要はないでしょう。

 

 


このページのトップへ戻る