レーシック手術で失敗しない為の予備知識

斜視でもレーシック手術はできるの?

 

斜視とは?

 

斜視とは片方の目が視線が合わず、
別の方向を向いている状態を言います。

 

斜視は子供の頃になりやすい病気です。

 

約2〜3%の子供が、
斜視を発症すると言われています。

 

斜視になると目線がおかしくなるので、
親が発見しやすい病気です。

 

斜視は大人になると、
改善が難しいと言われています。

 

お子さんが斜視かどうか不安な場合は、
眼科医や小児科医に相談しましょう。

 

斜視の種類

 

斜視は眼の位置によって、
以下の4つに分類されます。

 

【内斜視】

 

片方の目が内側に寄っている斜視。

 

【外斜視】

 

片方の目が外を向いている斜視。

 

【上斜視】

 

片方の目が上を向いている斜視。

 

【下斜視】

 

片方の目が下を向いている斜視。

 

 

常に斜視になっている場合は、
「恒常性斜視」と言います。

 

稀に斜視になる場合は、
「間歇性斜視」と言います。

 

赤ちゃんは生まれつき
目と目が離れています。

 

 

この場合は斜視ではなく、
「偽内斜視」のことが多いです。

 

「偽内斜視」の場合は、
内斜視ではないため、
成長に伴って改善されます。

 

「偽内斜視」ではなく、
「乳児内斜視」のこともあるため、
詳しくは病院で検査するとわかります。

 

斜視の原因とは?

 

斜視の原因はいくつかあります。

 

【眼筋と眼筋の神経異常】

 

目を動かす時に使う眼筋に異常があったり、
眼筋の神経に異常があると、
両眼をうまく動かすことができずに
斜視になります。

 

眼筋は全部で6個あって、
どの眼筋に異常があるかによって、
視線の方向が変わってきます。

 

【遠視】

 

近くの物を見る時は、
少し内側に目が寄ります。

 

ですが、遠視になると近くを見る時に
強くピントを合わせないと見えないため、
目が内側に向いてしまい斜視となります。

 

遠視に伴う斜視を「調節性内斜視」と言います。

 

【両眼視機能の異常】

 

通常は両眼で見たものが一つの映像として、
脳に伝達されます。

 

しかし、脳の視機能に異常があると、
両眼で物を見ることができなくなり、
斜視になります。

 

【脳の病気】

 

脳腫瘍や脳動脈瘤などがあると、
眼筋が麻痺したり
視神経が正常に機能しなくなるので、
斜視になります。

 

【伝染性の病気】

 

幼少期に伝染性の病気にかかることで、
斜視になることがあります。

 

【遺伝】

 

先天的な場合は遺伝的な要素で、
斜視になることもあります。

 

親が斜視の因子を持っている場合は、
子供に遺伝する可能性があります。

 

間歇性斜視は、
遺伝することがわかっています。

 

ですが、必ず遺伝するわけではありません。

 

また、遺伝する確率も低いと言われています。

 

遺伝と斜視についての
因果関係は完全に解明されていません。

 

近視や遠視に遺伝が多いため、
斜視も遺伝すると考えられています。

 

【失明】

 

片方の目が失明していたり、
重度の視力障害がある時は、
他眼が斜視になることがあります。

 

【怪我】

 

頭部に強い外傷や衝撃があると、
斜視になることがあります。

 

これを「外傷性斜視」と言います。

 

交通事故などが原因となり、
外傷性斜視になることもあります。

 

また、アレルギーなどにより、
目を強く擦ることで
外傷性斜視になることもあります。

 

【眼精疲労】

 

眼筋を使い過ぎると疲労して、
眼精疲労が起こります。

 

そして、眼筋の使い過ぎで、
眼筋が麻痺して斜視になることがあります。

 

【複視】

 

複視とは物が二重に見える状態を言います。

 

片目を隠した状態で物を見た時に、
二重に見えていたものが、
はっきりと見える場合は複視です。

 

逆に片目を隠した状態でも
二重に見えたりぼやけて見えた時は、
乱視や近視などの
屈折異常が原因と考えられます。

 

麻痺性斜視だと、
複視を自覚することがあります。

 

【バセドウ病】

 

バセドウ病は、
甲状腺機能亢進症とも言われています。

 

バセドウ病は19世紀にドイツの
バセドウ医師によって発見されました。

 

バセドウ病とは、
甲状腺に異常があることで、
甲状腺ホルモンの分泌量が多くなる病気です。

 

甲状腺は喉の辺りにある器官です。

 

「甲」の字に似た形をしているため、
甲状腺と言われています。

 

バセドウ病は男性よりも女性に多い病気です。

 

バセドウ病になると脂肪や筋肉が腫れて、
眼球突出や眼球運動の障害が起こり、
症状が重くなると斜視になることがあります。

 

【顔面神経麻痺】

 

顔面神経麻痺は顔の筋肉が麻痺することで、
顔の一部や半分だけが動かせなくなる病気です。

 

顔面神経麻痺になると
眼球を動かす眼筋の一部が麻痺して、
焦点が合わずにぼやけたり、
二重に見えたりします。

 

麻痺が酷くなると、
麻痺した方の目だけ斜視になります。

 

斜視の治し方や治療法とは?

 

斜視の治療法は斜視の原因や年齢、
症状などによっても違ってきます。

 

視力検査や屈折検査、眼底検査、
眼位検査、眼球運動検査、
両眼視機能検査などの検査を行った上で、
適切な治療が行われます。

 

【縮瞳剤点眼】

 

1歳や2歳など小さいな子供で
メガネやコンタクトレンズで矯正できない場合は、
縮瞳剤点眼をすることで矯正をします。

 

縮瞳剤には瞳孔の筋肉を収縮させて、
瞳を小さくする作用があります。

 

瞳が小さくなることで、
調節性内斜視を改善します。

 

【眼鏡】

 

遠視が原因の「調節性内斜視」の場合は、
遠視用の眼鏡をかけることで、
斜視を治すことができます。

 

調節性内斜視は1歳から3歳くらいに
起こりやすいと言われています。

 

【コンタクトレンズ】

 

近視や遠視、乱視などの
屈折異常のある場合には、
コンタクトレンズで矯正します。

 

【遮閉法】

 

片方の目が弱視の斜視弱視の場合は、
遮閉法を行います。

 

視力が良い方の目にアイパッチをして、
弱視の方の目を使うようにする治療法です。

 

子供がアイパッチを嫌がる場合は、
視力が良い方の目に散瞳剤の点眼を行います。

 

散瞳剤をすると、
しばらく近くが見にくくなります。

 

2歳以下の場合は、遮閉法で約8割の弱視が
改善できると言われています。

 

ですが、6歳以上になると遮閉法では、
治療できないと言われています。

 

【視能訓練】

 

3歳以上の子供には視能訓練士による
視能訓練が行われます。

 

視能訓練には、「視力向上訓練」と
「両眼視機能訓練」の2つがあります。

 

弱視がある場合は、
先に視力向上訓練が行われます。

 

斜視になると斜視のある方の目で
物が見えていないことがあるため、
両眼で物を見えるようにする訓練をします。

 

これを両眼視機能訓練と言います。

 

専門の器具を使って訓練を行います。

 

視能訓練は最低でも
1年間は続ける必要があります。

 

長いと3年以上かかることもあります。

 

弱視の伴った訓練は長期間かかります。

 

【プリズム眼鏡】

 

プリズムという樹脂でできた
特殊なレンズが使われた
眼鏡をかけることで、
両眼の視力を同じ程度に保って
物を見る訓練をします。

 

プリズムレンズは物が実際よりも
移動して見える仕組みになっています。

 

それにより目線が変わって、
斜視が矯正できます。

 

視線が合わせやすくなるので、
両眼視機能の発達が促されます。

 

プリズム眼鏡を作る場合、
9歳未満のお子さんであれば、
眼科医の眼鏡処方箋があると、
健康保険が適用されます。

 

【斜視注射法】

 

斜視があるために、
人目が気になり対人恐怖症など
精神的な苦痛を感じている場合は、
見た目の容姿を整えるために、
注射をすることがあります。

 

斜視のある外眼筋に
ボトックスを注射します。

 

斜視注射法は麻痺性斜視に
効果が高いと言われています。

 

【斜視手術】

 

斜視手術は保険適用が可能です。

 

眼筋の周辺を調整して
斜視を改善します。

 

大人が手術をする場合は、
局所麻酔が行われます。

 

子供が手術をする場合は、
全身麻酔が行われます。

 

斜視手術は30分から
1時間程度で終わります。

 

通常は片眼のみの手術ですが、
斜視の種類や角度によって、
両眼の手術をすることもあります。

 

斜視手術により斜視が改善しますが、
術後に再び斜視に戻ることもあります。

 

この場合は、しばらく様子を見た後に、
再手術が行われることもあります。

 

また、過矯正になることもあります。

 

斜視でレーシック手術を行う時の注意点

 

斜視でレーシック手術が可能な場合と、
不可能な場合があります。

 

斜視により弱視になっている場合は、
レーシック手術を行っても弱視は治りません。

 

弱視は物を見るという視機能の異常のため、
レーシック手術で角膜を削っても矯正できません。

 

弱視になっている目と違う方の目が、
近視や遠視で視力が落ちている場合は、
レーシック手術で矯正できます。

 

ただし、度数が強い場合や角膜が薄い場合、
目に病気がある場合などは、
レーシック手術の適応になりません。

 

コンタクトレンズ装用期間が長いと、
角膜内皮細胞の数が著しく減少している
可能性があります。

 

この場合もレーシック手術はできません。

 

斜視でレーシック手術が受けれるかは、
眼科で詳しく適応検査をするとわかります。

 

また、レーシック手術を行っても
斜視を治すことは出来ません。

 

斜視は眼の筋肉の異常のため、
近視や遠視などの屈折異常とは、
全く関係がありません。

 

しかし、遠視が原因で
調節性内斜視になっている場合は、
レーシック手術により改善することもあります。

 

また、斜視の手術を行ってから、
レーシック手術を受けることもできます。

 

ただし、その場合は、斜視の手術から
半年以上経過している必要があります。

 

 


このページのトップへ戻る