レーシック手術で失敗しない為の予備知識

不同視でもレーシック手術はできるの?

 

不同視とは?

 

不同視とは左右の目の屈折度数が
大きな視力障害のことです。

 

ガチャ目とも呼ばれています。

 

不同視の定義は両眼の屈折度数が
2D(ディオプトリー)以上になります。

 

この数値が大きくなるほど、
不同視の状態も悪くなります。

 

不同視の種類

 

不同視は屈折状態によって、
以下に分類されます。

 

【近視性不同視】

 

両眼の屈折状態が近視の不同視です。

 

片目だけ強い近視のため視力の差が出ます。

 

また、片目だけ正視で他眼が近視の状態でも
視力の差が出ます。

 

【遠視性不同視】

 

両眼の屈折状態が遠視の不同視です。

 

片目だけ強い遠視のため視力の差が出ます。

 

また、片目だけ正視で他眼が遠視の状態でも
視力の差が出ます。

 

【異種不同視】

 

片目が近視で片目が遠視のように
左右で違う屈折状態の不同視です。

 

不同視の見え方とは?

 

不同視になると両眼の映像を合わせずらくなり、
物が二重や三重に見えるようになります。

 

不同視により両眼視機能が低下するため、
立体感や距離感、遠近感、スピード感などが
わかりにくくなります。

 

そのため、車の運転をする時や
スポーツをする時に支障が出ます。

 

不同視が進行すると?

 

不同視になると視力が良い方の目ばかりを
使うようになります。

 

この状態が長期間続くと、
視力が悪い方の目が使われなくなります。

 

すると、視機能が発達しなくなり、
不同視弱視になります。

 

不同視弱視になると
眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても
視力が出ないようになります。

 

不同視弱視は視機能が成長段階にある
乳幼児期の子供になりやすい視力障害です。

 

特に強度の近視や遠視、乱視がある場合は、
弱視になる可能性が高くなります。

 

不同視が酷くなると、
偏頭痛や眼痛、肩こり、首こり、
眼精疲労、めまいなどが
起こることもあります。

 

不同視の原因とは?

 

特に目の成長段階の子供に
不同視が多いと言われています。

 

最近はテレビやゲーム、パソコン、
スマホなどの影響により
不同視になる子供が
増えていると言われています。

 

不同視の主な原因は、
左右の目でバランスよく見ないことです。

 

肘をつきながら本を読んだり字を書く。

 

寝ながらテレビを見る。

 

姿勢が悪い状態でゲームをする。

 

首を傾けながら教科書を読んでいる。

 

お子さんがこのような生活を
送っていませんか?

 

普段の日常生活において、
右目と左目の距離に違いがあると、
不同視になりやすくなります。

 

目にかかる負担の差が、
不同視を起こします。

 

不同視の治療法とは?

 

不同視は大人になると
矯正が難しくなります。

 

そのため、早期に発見して
子供の時に矯正しておきましょう。

 

一般的な不同視の治療法としては、
アイパッチが使われます。

 

 

良く見える方の目にアイパッチをして、
視力が悪い方の目を使う訓練をします。

 

不同視の程度が軽い場合は、
眼鏡で矯正をします。

 

不同視の程度が重い場合は、
眼鏡で矯正できないことがあるため、
コンタクトレンズが使われることもあります。

 

症状によっては調節麻痺剤を点眼して、
目の使い過ぎを抑えます。

 

不同視でレーシック手術を行う時の注意点

 

不同視は片方の目に近視や遠視、乱視があって、
視力が低下している状態です。

 

不同視があっても眼鏡やコンタクトレンズで
矯正できていればレーシック手術を受けれます。

 

レーシック手術で不同視の目だけを
屈折矯正することで両眼の視力が良くなります。

 

ちなみに、片目だけレーシック手術をすると、
手術代は半額になるクリニックが多いです。

 

ただし、日本眼科学会のガイドラインでは、
近視や遠視、乱視の矯正限度は
「6D」までになっています。

 

6Dを超える強度の屈折異常がある人は、
不同視でもレーシック手術が出来ません。

 

矯正限度を超えた人がレーシック手術をすると、
術後に重度の過矯正になるなどの
後遺症が残ってしまう可能性があります。

 

また、不同視ではない目と
同じ視力になるとは限りません。

 

レーシック手術後に片方の目に負担をかけると、
視力差が生じて再び不同視になる可能性があります。

 

不同視であっても角膜が薄い人や、
適応検査で医師が不適合と判断した場合は、
レーシック手術ができません。

 

そして、レーシック手術は、
誰もが100%成功するとは限りません。

 

最悪の場合は、両眼の視力が
低下する可能性があります。

 

不同視でも生活や仕事などに問題がない場合は、
レーシック手術をする必要はないでしょう。

 

右目1.5、左目0.1の視力でも、
普通に生活している人は多くいます。

 

レーシック手術は失敗した時に
もとに戻せないので慎重に検討しましょう。

 

 


このページのトップへ戻る