レーシック手術で失敗しない為の予備知識

弱視でもレーシック手術はできるの?

 

弱視とは?

 

弱視とはメガネや
コンタクトレンズで矯正しても
視力が上がらない状態を言います。

 

乳幼児期に遠視や斜視などがあると、
視力が正常に発達しなくなります。

 

 

弱視の治療は視力の発達が終わる
6〜7歳ぐらいまでに終えないと、
劇的な効果がありません。

 

弱視は3歳児健診の視力検査で
見つかることが多いですが、
全ての弱視が見つかるわけではありません。

 

子供が以下のような状態だと
弱視の可能性があります。

 

物を見る時にいつも首を傾ける。

 

物を見る時にいつも顔を近づける。

 

物を見る時にいつも目を細める。

 

物を見る時にいつもあごを上げる。

 

物を見る時にいつも横目使いになる。

 

物を見る時に片目をつぶる。

 

物につまずきやすい。

 

物をつかみ損ねることがある。

 

転びやすかったり、物にぶつかりやすい。

 

弱視でも子供には自覚症状がないため、
子供から異変を訴えることはほぼありません。

 

そのため、親が子供の様子を観察して、
少しでも上記のような症状があれば、
すぐに眼科を受診しましょう。

 

弱視は3歳までに見つけることができれば、
9割以上は完治すると言われています。

 

そのため、弱視は早期に発見して
適切な治療を行うことが大切です。

 

弱視の種類とは?

 

弱視には、「形態覚遮断弱視」、「屈折異常弱視」、
「不同視弱視」、「斜視弱視」があります。

 

【形態覚遮断弱視】

 

形態覚遮断弱視とは、
形態覚遮断が原因で起こる弱視になります。

 

形態覚遮断とは
網膜の形態覚が遮断されることで、
網膜に光が入って来なくなり、
何も見えなくなる視力障害を言います。

 

形態覚遮断弱視になると、
眼鏡やコンタクトレンズでも
矯正することはできません。

 

形態覚遮断弱視の原因は、
先天白内障や角膜混濁、眼瞼下垂、
眼の怪我による眼帯や、
まぶたの腫れやできものなどで、
視性刺激が与えられなかったことなどがあります。

 

形態覚遮断弱視の症状としては、
転びやすかったり、
物にぶつかりやすかったり、
目の前のものをつかみ取れない、
と言ったものがあります。

 

視力検査や屈折検査、固視検査、
眼底検査などをすると、
形態覚遮断弱視を発見できます。

 

形態覚遮断弱視の治療法は、
疾患がある場合は治療後に
アイパッチを使った弱視訓練をします。

 

【屈折異常弱視】

 

屈折異常弱視とは屈折異常により、
どこを見てもピントが合わない弱視で、
両眼の視力障害を言います。

 

屈折異常とは近視や乱視、遠視になります。

 

6歳過ぎまで屈折異常を放置していると、
屈折異常弱視になります。

 

屈折異常弱視は遠視がある場合に
多く発症すると言われています。

 

屈折異常弱視になると、
眼鏡で屈折異常を矯正する治療が行われます。

 

その他、点眼薬やアイパッチが
使われることもあります。

 

【不同視弱視】

 

不同視弱視とは不同視があって、
片方の眼に強い屈折異常がある
視力障害を言います。

 

不同視とは左右の眼の屈折度数が
違う状態を言います。

 

左右の眼の屈折度数が2D以上の場合は、
強度不同視と言われています。

 

生まれつき片方の眼の屈折度数が強いと、
もう片方の眼ばかりを使うようになります。

 

遠視や乱視がある場合は、
不同視になりやすくなります。

 

遠視の強い方の目はピントが合わず、
遠視が弱い方の目はピントが合います。

 

この状態が続くと遠視が弱い方の
目だけを使うようになります。

 

すると、遠視の強い方の目の視力が
発達しなくなり弱視になります。

 

通常は片方の視力が低下するだけなので、
自覚症状がないことが多いと言われています。

 

そのため、親が子供の不同視弱視に
気づくことはありません。

 

3歳児健診の視力検査で、
発見されることが多いと言われています。

 

不同視弱視になると弱視を治すために
眼鏡をかけます。

 

しかし、不同視は眼鏡をかけても
治すことができません。

 

そのため、眼鏡をしながら、
視力が良い方の目だけを隠す訓練を行います。

 

また、片方の目の使い過ぎを抑えるために、
点眼薬を使用することもあります。

 

【斜視弱視】

 

斜視弱視とは斜視が原因で起こる
弱視を言います。

 

斜視とは、両眼で見ている物が
違っている状態を言います。

 

通常は目標物に対して、
両眼の目線が一致します。

 

しかし、斜視は左右の目で見ている物が違うため、
目標物がぼやけたり、二重に見えたりします。

 

これを複視と言います。

 

斜視があると斜視のない方の目だけで物を見るため、
斜視のある目の発達が遅れて弱視になります。

 

斜視弱視になっても片方の目で見えるため、
自覚症状がないことが多いと言われています。

 

斜視弱視は固視検査をすればわかります。

 

斜視弱視になると、片方の視力を上げるため
アイパッチを使って視力の良い方の目を隠します。

 

遠視がある場合は、遠視を矯正するための
眼鏡をすることもあります。

 

弱視でレーシック手術を行う時の注意点

 

弱視があるとレーシック手術をしても
視力を回復することはできません。

 

脳の視覚能力に問題があって、
発達不足になっている状態だと、
レーシック手術で角膜を矯正しても
弱視を根本的に治すことは出来ません。

 

レーシックは角膜を矯正することで、
ピントを合わせる手術です。

 

術後に網膜でピントが合うようになっても、
映像を判断する能力が欠如していると、
視力を得ることができません。

 

ですが、片方の目だけ弱視で、
もう片方の目は近視などの場合は、
近視の方の目だけを
レーシック手術することは可能です。

 

この場合は、近視が矯正されるので、
片目の視力だけ良くなります。

 

そして、片方の目が弱視でも、
片目だけで裸眼で生活することができます。

 

片目の視力が0.7以上あって、
もう片方の視力が0.3以下でも
見える方の目の視野が左右150度以上あれば、
運転免許証も眼鏡の条件なしで、
取得することができます。

 

片眼弱視でも多くの人が、
運転免許の視力検査に合格しています。

 

片目のみで生活しても
見え方に大きな支障が出ることは
ないと言われています。

 

ただ、距離間や車幅感、立体感などは
掴みにくくなります。

 

また、眼精疲労や頭痛がしたり、
集中力が落ちたりすることがあります。

 

そして、見える方の
目のまぶたが腫れたりすると、
見えづらくなることがあります。

 

ただし、片目だけ弱視でも
もう片方の目の角膜が薄い場合は、
レーシック手術ができません。

 

適応検査で目の状態を詳しく調べないと、
手術可能かどうかの判断は出来ません。

 

適応検査は無料のクリニックが多いので、
一度調べてもらうといいでしょう。

 

 


このページのトップへ戻る