レーシック手術で失敗しない為の予備知識

遠視でもレーシック手術はできるの?

 

遠視とは?

 

遠視とは目のピント調節力が弱いため、
遠くや近くが見えづらい状態を言います。

 

遠視の人は眼軸が短いために、
網膜より後ろで焦点が合う状態になります。

 

 

遠視になると近くを見る時に使う調節力を
遠くを見る時にも使ってピントを合わせようとします。

 

絶えずピントを合わせようとするため、
目が疲れやすくなります。

 

それが原因で集中力が欠けたり、
眼痛や頭痛がすることもあります。

 

調節力がある状態では、
近くも遠くも見ることができます。

 

ですが、次第に調節力が衰えてくると、
調節力が必要な近くから見えづらくなります。

 

子供の頃に遠視の発見が遅れると、
視力が発達しなくなり、
弱視になることがあります。

 

また、遠視が原因で、
内斜視になることがあります。

 

内斜視とは片方の目が
内側を向いている状態を言います。

 

 

遠視が原因の内斜視を
調節性内斜視と言います。

 

近くを見る時は、
同時に少し寄り目になります。

 

この状態を輻輳(ふくそう)と言います。

 

遠視が強くなると、
輻輳が異常に強くなるため、
調節性内斜視が起こります。

 

遠視が無くなることで、
調節性内斜視もなくなります。

 

調節性内斜視は乳児期に多い症状で、
早期に遠視を治療することで治せます。

 

どうして遠視になるのかは、
はっきりとわかっていません。

 

ですが、遠視は子供の頃になる病気で、
大人になってから遠視になることはありません。

 

遠視の原因の一つと考えれているのが遺伝です。

 

幼少期の段階で屈折力が弱くて、
遠視になることがあります。

 

これを屈折性遠視と言います。

 

また、生まれつき眼球が小さい場合も、
成長段階で遠視になります。

 

これを軸性遠視と言います。

 

生まれつき強度遠視の場合は、
3歳児検診などで発見されることが多いです。

 

しかし、弱い遠視の場合は、
発見が遅れることもあります。

 

遠視を治すための
根本的な治療法はありません。

 

遠視になると眼鏡やコンタクトレンズなどで
矯正するのが一般的です。

 

遠視でも日常生活に問題がないからと
放置していると視力の発達の妨げになります。

 

遠視は適切な治療を受けて、
目の成長を促すことが重要です。

 

また、度数の合った眼鏡をかけることで、
疲れ目などを解消できます。

 

遠視でレーシック手術を行う時の注意点

 

遠視でもレーシック手術を行うことは可能です。

 

遠視は目の屈折に問題があるため、
レーシック手術により角膜を矯正することで、
遠視を治すことができます。

 

近視では角膜を平坦化させて、
屈折力を弱めることで矯正します。

 

逆に遠視の場合は、
角膜の中央部分が盛り上がるように
凸状に角膜を削ります。

 

そうすることで、屈折力が高くなって、
網膜の後ろに合っていた焦点が、
網膜上で合うように矯正されます。

 

厚生労働省に認可された遠視レーシック用の
エキシマレーザーを使用するこで、
より高い効果が期待できます。

 

ちなみに、以下の機器は
厚生労働省に認可されています。

 

・AMO社のイントラレースiFS

 

・アルコン社のWaveLight FS200

 

・カールツァイス社のVisuMax

 

ただし、日本眼科学会のガイドラインでは、
遠視の矯正限度は「6D」までになっています。

 

「6D」を超える強度遠視の人は、
レーシック手術が出来ません。

 

仮に、遠視の矯正限度以内であっても
角膜の厚さが足りない場合は、
レーシック手術ができません。

 

その他、眼球が小さい人や
目の病気がある人、
抗精神薬などの薬を服用している人、
糖尿病などの持病がある人、
妊娠中や授乳中の人なども
レーシック手術ができません。

 

また、遠視レーシックは
近視レーシックに比べて、
精度が低いと言われています。

 

理由は角膜を削る形状が、
近視に比べて複雑だからです。

 

そのため、遠視レーシックは
近視レーシックよりも
術後の近視戻りや遠視が
多いと言われています。

 

よって、再手術率も高くなります。

 

近視の人に比べて遠視の人は少ないため、
遠視レーシックの症例数も少ないです。

 

遠視レーシックで何割の人が
成功したのかといったデータなどもありません。

 

各クリニックには遠視レーシックの
データがあるかも知れませんが、
ホームページ等で公開されていません。

 

遠視の人がレーシックをした後に、
合併症や後遺症を起こして、
肉体的や精神的に苦痛を感じている人もいます。

 

遠視の人がレーシック手術を受ける際は、
正確な適応検査が行われた上で、
慎重に検討するようにしましょう。

 

不安な気持ちがある時は、
セカンドオピニオンを受けましょう。

 

レーシック手術以外にも
遠視を矯正できる治療法があります。

 

例えば、「オサート」や
フェイキックIOL」で遠視を矯正できます。

 

オサートは完全オーダーメイドのレンズを
夜間に装用することで角膜の形状を変えて、
近視や遠視を矯正する治療法です。

 

レーシック手術のように
角膜を削るわけではないので、
リスクが低い治療法になります。

 

ただし、オサートで遠視は完治しません。

 

一時的に遠視を抑えることしかできません。

 

また、レーシック手術に比べて治療費が高く、
東京にある三井メディカルクリニックでしか、
施術することができません。

 

フェイキックIOLは、
眼内レンズを入れることで、
遠視を矯正できる治療法です。

 

オサート同様に角膜を削ることなく、
遠視の矯正が出来ます。

 

ただし、レーシック手術に比べて
手術代が高く、施術できる眼科が
少ないというデメリットがあります。

 

 


このページのトップへ戻る