レーシック手術で失敗しない為の予備知識

乱視や不正乱視でもレーシック手術はできるの?

 

乱視とは?

 

乱視とはどこにも焦点が
結ばれない状態を言います。

 

通常は目から入った光は、
角膜と水晶体により屈折されて、
網膜に集まります。

 

しかし、角膜や水晶体が歪んでいると、
光が歪められて焦点が網膜に
集まらなくなります。

 

すると、近くも遠くにもピントが合わずに、
視界がぼやけます。

 

【乱視がない場合の見え方】

 

【乱視がある場合の見え方】

 

軽度の乱視の場合は、
ほとんど自覚症状がありません。

 

乱視が進行すると物がぼやけたり、
滲んだりして見えます。

 

乱視の度合いが強くなれば、
さらに見えにくくなります。

 

また、乱視の状態だと暗い場所でも
見えづらくなります。

 

 

乱視は大きく分けると、
正乱視と不正乱視になります。

 

乱視の多くが正乱視になります。

 

正乱視とは?

 

正乱視は角膜がラグビーボールのように
歪んだ状態になっているため、
光が一点に集まらない状態です。

 

正乱視には歪む方向によって
以下の3種類に分かれます。

 

【直乱視】

 

角膜と水晶体が上下方向に歪んでいる乱視。

 

【倒乱視】

 

角膜と水晶体が横方向に歪んでいる乱視。

 

【斜乱視】

 

角膜と水晶体が斜めに歪んでいる乱視。

 

 

この3つの中で一番多いのが
直乱視になります。

 

また、正乱視は屈折状態によって、
単乱視、複乱視、混合乱視に分かれます。

 

角膜のカーブが最も強い経線を
強主経線と言います。

 

角膜のカーブが最も弱い経線を
弱主経線と言います。

 

【横軸が強主経線 縦軸が弱主経線】

 

【単乱視】

 

主径線の一方が屈折異常がない
正視の乱視。

 

他方が近視の場合は、
近視性単乱視と言います。

 

他方が遠視の場合は、
遠視性単乱視と言います。

 

【複乱視】

 

主経線の両方が近視または遠視の乱視。

 

主経線の両方が近視の場合は、
近視性複乱視と言います。

 

主経線の両方が遠視の場合は、
遠視性複乱視と言います。

 

【混合乱視(雑性乱視)】

 

主経線の一方が近視、他方が遠視の乱視。

 

正乱視は、円柱レンズを使ったメガネや
コンタクトレンズで矯正が可能です。

 

 

円柱レンズとは円柱を縦方向に
切り取ったレンズになります。

 

軸と垂直方向に光を屈折することで、
網膜上の一点に焦点が合い乱視を矯正します。

 

円柱レンズには凹レンズと
凸レンズの2種類があります。

 

 

近視がある場合の乱視には、
凹レンズが使われます。

 

遠視がある場合の乱視には、
凸レンズが使われます。

 

不正乱視とは?

 

角膜に凹凸があると、
光の焦点が複数できてしまいます。

 

すると、目から入った光が
バラバラの方向に曲がってしまい、
どこにも焦点が合わなくなります。

 

この状態を不正乱視と言います。

 

 

不正乱視になると物が二重や
三重に見えたり、霞んだり、
ぼやけて見えるようになります。

 

不正乱視の主な原因は円錐角膜や翼状片などの
角膜疾患によるものや水晶体の亜脱臼、
円錐水晶体などの水晶体の疾患、
白内障などになります。

 

この他には逆さまつ毛で角膜が傷ついたり、
レーシック手術の後遺症として
不正乱視になることもあります。

 

角膜の形状に問題があって
不正乱視になっている場合は、
ハードコンタクトレンズで矯正が行われます。

 

乱視や不正乱視でレーシック手術をする時の注意点

 

乱視の人でもメガネやコンタクトレンズにより、
矯正が出来ている人はレーシック手術が出来ます。

 

乱視は目の屈折に問題があるため、
レーシック手術により角膜を矯正することで、
近視だけでなく乱視も治すことができます。

 

ただし、日本眼科学会のガイドラインでは、
乱視の矯正限度は「6D」までになっています。

 

Dというのは「ディオプトリー」という
レンズの屈折力を表す単位のことです。

 

数字が大きくなるほど、
乱視度数が強いということになります。

 

強度乱視の人が無理にレーシック手術を行うと、
術後に乱視が残る可能性があります。

 

また、円錐角膜などが原因の不正乱視の場合は、
レーシック手術ができません。

 

そして、乱視の矯正限度以内であっても
角膜の厚さが足りない場合は、
レーシック手術ができません。

 

術後に角膜の強度が弱くなることで、
角膜の形状が変化して不正乱視や
角膜拡張症などの合併症を
起こす危険性があるためです。

 

乱視や不正乱視の矯正は、
より精度の高いレーシック手術を行います。

 

眼球や角膜の形状には個人差があります。

 

従来の機器では眼球の細かな凹凸の情報を
得ることが出来ませんでした。

 

そこで、「ウェーブスキャン」や
「ウェーブフロントアナライザー」という
解析装置が開発されました。

 

この機器は従来の機器では
読み取ることができなかった
角膜の歪みを正確に測定できます。

 

このデータを元に患者個人の眼球に応じた
レーシック手術が行われます。

 

これをウェーブフロントレーシックと言います。

 

ウェーブフロントレーシックでは、
従来のレーシックでは矯正できなかった
乱視や不正乱視の矯正が可能です。

 

そして、少しの歪みも矯正できるため、
従来よりもはっきりとした見え方になります。

 

また、夜間のハロやグレアも軽減されます。

 

ですが、ウェーブフロントレーシックは、
完全オーダーメイドの手術になるため、
手術費用が高くなります。

 

そして、機器が高額なため、
一部のレーシック専門眼科でしか
施術が出来ません。

 

乱視や不正乱視の場合でも
レーシック手術は可能ですが、
全ての方が手術できるわけではありません。

 

適応検査を受けることで、
医師が手術の許可を判断します。

 

 


このページのトップへ戻る