レーシック手術で失敗しない為の予備知識

ドライアイや眼精疲労が酷くてもレーシック手術はできるの?

 

ドライアイとは?

 

ドライアイとは涙の分泌量が減ったり、
涙の質が低下することで眼の表面が乾燥し、
傷や障害が起こる眼の病気です。

 

ドライアイは角膜乾燥症とも言われています。

 

ドライアイになる主な原因は、
以下の通りです。

 

パソコンやスマホなどを長時間使っている。

 

コンタクトレンズを長時間付けている。

 

ゲームを長時間している。

 

乾燥した部屋に長時間いる。

 

エアコンの使い過ぎ。

 

加齢による涙の量の減少。

 

車などの長時間運転。

 

夜更かしなどによる睡眠不足。

 

レーシック手術による合併症。

 

防腐剤が入った目薬の使用。

 

瞬きの回数が少ない。

 

肉体的や精神的な疲労が溜まっている。

 

重度のストレスがある。

 

洗眼の習慣がある。

 

マイボーム腺が詰まっている。

 

結膜炎になっている。

 

シェーグレン症候群を発症している。

 

スティーブンスジョンソン症候群を発症している。

 

リウマチを発症している。

 

膠原病を発症している。

 

精神安定剤などを服用している。

 

ドライアイの症状には、
主に以下のものがあります。

 

目が乾燥してショボショボする。

 

目がとても疲れやすい。

 

目が痛くなる。

 

目が痒くなる。

 

目が充血している。

 

目がゴロゴロしている。

 

目やにが頻繁に出る。

 

まぶたを閉じると重たく感じる。

 

物が霞んで見えづらい。

 

光を眩しく感じる。

 

これらの症状を感じた場合は、
ドライアイの可能性があります。

 

ドライアイが酷くなると、
目を閉じていても目が痛くなります。

 

そのため、睡眠不足なり、
不眠症になることもあります。

 

また、ドライアイになると
眼精疲労を起こしやすいため、
仕事や車の運転などにも影響が出ます。

 

さらに視力が低下したり、
眼の病気を発症することもあります。

 

ドライアイは市販の目薬でも
改善できることがあります。

 

しかし、ドライアイの原因によっては、
市販の薬によって症状が悪化することもあります。

 

そのため、ドライアイの自覚症状がある人は、
眼科を受診して詳しい検査をしましょう。

 

症状が軽い場合は、点眼治療が行われます。

 

人工涙液やヒアルロン酸ナトリウム、
ジクアホソルナトリウム、
レパミピドといった点眼薬が処方されます。

 

また、血清点眼が使われることもあります。

 

涙に一番近い成分が血液になります。

 

血清点眼は自分の血液を採血し、
精製した血清成分から点眼薬を作ります。

 

血清点眼は重度のドライアイにより、
角膜に傷がついた場合に有効とされています。

 

これらの点眼薬を使うことで、
症状を緩和できます。

 

点眼薬で効果が出ない場合は、
涙点プラグという治療が行われます。

 

涙点プラグとは、涙の出る涙点に
プラグ(栓)を詰めて眼に涙を溜める治療です。

 

 

プラグにはシリコン製のプラグや
コラーゲン製のプラグなどがあります。

 

プラグの種類によってメリット、
デメリットが違うため、
どのプラグを使うかは、
患者の希望や医師の判断によって決めます。

 

この他、温熱療法が
行われることもあります。

 

目を温めることで
ドライアイの症状が改善できると、
医学的に証明されました。

 

まぶたを温めることで、まぶたの裏側にある
マイボーム腺という所から油分が溶け出して、
ドライアイに効くことがわかりました。

 

マイボーム腺は上下のまぶたに
約20〜30個ほどあり、
油分を分泌しています。

 

 

特に涙が蒸発することで、
ドライアイになる人に有効な治療法です。

 

ドライアイとレーシック手術

 

基本的にドライアイや眼精疲労でも、
レーシック手術はできます。

 

ドライアイによる目の疾患がなければ、
レーシック手術が可能です。

 

ただし、ドライアイの症状によっては、
レーシック手術に支障が出ることがあります。

 

もし、適応検査でドライアイの症状が酷いと、
先にドライアイの治療を行います。

 

ドライアイの症状が落ち着けば、
レーシック手術を受けることができます。

 

しかし、レーシック手術により、
レーザーで角膜を削る際に
涙の分泌を促す神経が切断されます。

 

そのため、術後は涙の量が減るため、
目が乾燥してドライアイになります。

 

通常であれば、切断された神経は、
数ヶ月から1年程度で再生されます。

 

ですが、コンタクトレンズの使い過ぎにより、
重度のドライアイになった人が、
レーシック手術を受けると、
稀に切断された神経が
完全に回復しないこともあります。

 

この場合は、ドライアイの治療をしないと、
一生ドライアイで悩むことになります。

 

つまり、レーシック手術により
ドライアイという後遺症が
出る可能性があります。

 

そのため、コンタクトレンズの装用が辛いほど
ドライアイが強い人は、安易にレーシック手術を
受けない方がいいでしょう。

 

また、最初からドライアイがある人が
レーシック手術を受けると、
術後にドライアイの症状が
悪化することもあります。

 

特に涙の水分やムチンが少ない人は、
注意が必要です。

 

ムチンには水分を角膜に貼り付けて、
角膜を保護する役割があります。

 

 

ムチンが少なくなると、
角膜の表面の水分が維持できなくなり、
すぐに目が乾燥してしまいます。

 

すると、目が痛くなったり、
目が疲れたりするといった
自覚症状が強く出ます。

 

酷くなると肩こりや首こり、
頭痛といった症状が出ることもあります。

 

仮に中度や重度のドライアイでも
レーシック手術に適応した場合は、
別の眼科でセカンドオピニオンを受けましょう。

 

レーシック手術により近視が矯正されても
術後のドライアイによって、
良好な視力を得ることができなくなります。

 

また、日本眼科学会のガイドラインによる
近視度数を超えた人がレーシック手術をすることで、
術後にドライアイが酷く出ることがあります。

 

逆にレーシック手術により、
コンタクトレンズの装用をしなくなることで、
術後にドライアイが改善された人もいます。

 

コンタクトレンズを長時間つけると、
涙の蒸発量が増えるため、
ドライアイになりやすくなります。

 

そのため、コンタクトレンズを使用しなくなると、
ドライアイが改善されるのです。

 

 


このページのトップへ戻る