レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術に年齢制限はあるの?

 

レーシック手術は、
誰でも受けることが出来ません。

 

レーシック手術には年齢制限があります。

 

一般的には20歳以上から
60歳未満ぐらいまでになっています。

 

日本眼科学会のガイドラインでは、
18歳以上から可能になっています。

 

ただし、親権者の同意書が必要になります。

 

近視の進行は10代の頃がピークで、
20代に入ると止まるのが一般的です。

 

そのため、近視が進行している10代では、
レーシック手術ができません。

 

近視は眼軸長の長さと関係があります。

 

眼軸長とは眼球の長さのことで、
眼軸長が長くなるほど近視が酷くなります。

 

成長期の頃に身長が伸びるのと同じように、
眼軸長も長くなる傾向にあります。

 

 

そのため、近視の進行が止まる年齢になるまで、
年齢制限が設けれられています。

 

仮にレーシック手術により近視を矯正しても
近視が進んでいると術後に再び視力が落ちます。

 

術後に視力が下がっても
再手術が可能です。

 

ですが、角膜の厚みが残っていないと、
再手術はできません。

 

レーシックは視力が落ちる度に
何度も手術ができるわけではありません。

 

レーシックは角膜を削る手術のため、
手術できる回数に限度があります。

 

角膜の厚さには個人差があるため、
何回まで再手術が可能かはわかりません。

 

ただ、多くの場合は2回程度まで
再手術が可能と言われています。

 

また、レーシック手術の上限の年齢は、
60歳ぐらいまでになっています。

 

しかし、特に上限の年齢制限を設けていない
クリニックもあります。

 

何故なら、白内障などの眼の病気がなく、
十分な角膜の厚さがあれば、
年齢に関係なく手術が可能なためです。

 

ただし、40代以降の人が
レーシック手術を受ける場合は、
注意が必要です。

 

一般的に40代以降になると、
老眼の症状が出る可能性があります。

 

レーシック手術をしたにも関わらず、
数年後には老眼になって、
近くが見づらくなる可能性があります。

 

レーシック手術で視力を矯正しても
老眼を防ぐことは出来ません。

 

何故なら、老眼は加齢による
ピント調節機能の衰えが原因だからです。

 

年を取ると腕や足の筋肉が
衰えていくのと同じように、
眼の筋肉も衰えていきます。

 

レーシックは角膜を削って
近視を矯正する手術のため、
眼の筋肉の衰えを予防できません。

 

最近は、スマホやパソコンの影響により、
20代や30代の若い世代の人でも
老眼を発症する可能性があります。

 

これを若年性老眼と言います。

 

若年性老眼は、
スマホ老眼とも呼ばれています。

 

 

日頃から、近くばかり
見ている生活を続けていると、
毛様筋体の力が弱くなるため、
老眼を発症することがあります。

 

若年性老眼は進行が早いため
注意が必要です。

 

老眼を発症する可能性がある年代の人や
すでに老眼になっている人は、
老眼治療を検討するといいでしょう。

 

老眼治療としては、リーディングアイや
モノビジョンレーシック、
CK(伝導式角膜形成術)、
フェイキック手術などがあります。

 

どの老眼治療が適しているかは、
患者個人の老眼の症状や年齢、
角膜の状態によっても違います。

 

そのため、眼科専門医に相談しましょう。

 

また、レーシック手術の
年齢条件を満たしていても、
手術ができないこともあります。

 

例えば、以下のような場合は、
レーシック手術を断られることがあります。

 

近視が進んでいる。

 

近視の度合いが強すぎる。

 

適応検査で眼の病気が見つかった。

 

角膜厚が足りなかった。

 

糖尿病などの持病を持っている。

 

うつ病などの薬を飲んでいる。

 

手術前の問診や適応検査をすることで、
レーシック手術が可能か判断できます。

 

この他にも職業上の理由で、
レーシック手術ができないこともあります。

 

例えば、パイロットや航空自衛隊などは、
レーシック手術が認められていません。

 

このように年齢条件を満たしていても、
レーシック手術ができなことがあるため、
注意しましょう。

 

 


このページのトップへ戻る