レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術後は網膜剥離になりやすいの?

 

網膜剥離とは?

 

網膜剥離とは眼の奥に広がっている
網膜が剥がれることで視力が低下する
眼の病気です。

 

 

網膜にはカメラの
フィルムのような役割があります。

 

目から入ってきた光は、
網膜で焦点が結ばれます。

 

網膜には光を感じ取る視細胞があります。

 

網膜に光が当たると視覚情報に変換され、
視神経を通して脳に伝達されます。

 

その結果、目に見える物を
認識できるようになります。

 

 

網膜は物を見るために
重要な役割を持っているため、
網膜に異常が起こると
視界に大きな影響が出ます。

 

網膜剥離が網膜の中心にある
黄斑部まで剥がれると、
視力が急激に低下します。

 

黄斑は物を見る時に
最も重要な器官になります。

 

 

網膜剥離になると視野の一部が
欠損したような見え方になります。

 

網膜剥離の原因は加齢や眼球の打撲、飛蚊症、
後部硝子体剥離、網膜裂孔、網膜変性、
糖尿病網膜症、強度近視、アトピー性皮膚炎、
家族性硝子体網膜症、ぶどう膜炎、
遺伝などになります。

 

網膜剥離には裂孔原性網膜剥離と
非裂孔原性網膜剥離の2種類があります。

 

裂孔原性網膜剥離とは
網膜の一部が裂けることで、
裂け目から硝子体と呼ばれる
ゼリー状の液体が流れ込んで、
網膜が剥がれることを言います。

 

【裂孔原性網膜剥離のイメージ図】

 

裂孔原性網膜剥離は、
網膜裂孔が原因で起こります。

 

網膜剥離の大部分が
裂孔原性網膜剥離になります。

 

裂孔原性網膜剥離は近視が強い人ほど、
なりやす傾向にあります。

 

近視が強い人は眼軸(眼球の長さ)が、
通常の人より長くなります。

 

 

眼軸が長くなると網膜が薄くなります。

 

加齢などにより薄い網膜が萎縮すると、
裂孔と呼ばれる裂け目が出来ることがあります。

 

その裂け目から硝子体が流れ込んで、
網膜が剥がれてしまいます。

 

裂孔原性網膜剥離は20代と50代以降に
多いと言われています。

 

しかし、どんな年代の人にも
起こる可能性があります。

 

非裂孔原性網膜剥離は何らかの病気が
原因で起こる網膜剥離です。

 

例えば、高血圧や糖尿病、
眼球内の腫瘍や炎症などがあります。

 

裂孔だけでまだ網膜が剥がれていない場合は、
裂孔の周辺を凝固する治療が行われます。

 

すでに網膜が剥がれている状態だと、
手術する必要があります。

 

網膜剥離の症状や裂孔の大きさ、
硝子体出血などによって
手術の方法が違ってきます。

 

網膜が剥がれても痛みはありませんが、
自覚症状はあります。

 

視界に黒い点や糸くずのような物が見える。

 

視界が靄がかかったように見える。

 

視界にチカチカとする光が見える。

 

視界の一部分が欠けて見える。

 

こんな症状が出た場合は、
網膜裂孔や網膜剥離の可能性があるため、
すぐに眼科を受診しましょう。

 

網膜には再生能力がないため、
早期治療が大切です。

 

網膜剥離を放置しておくと、
やがて網膜が全部剥がれ落ちます。

 

そうなれば、失明することになります。

 

レーシック手術と網膜剥離の関連性とは?

 

レーシック手術後に
網膜剥離になった人がいます。

 

レーシック手術ではフラップを作った後、
フラップをめくりレーザー照射で角膜を削り、
屈折矯正を行います。

 

フラップを作る際に眼球が動かないように、
眼球に圧力をかけて固定します。

 

この時の圧力によって一時的に眼圧が上がり、
眼球が変化します。

 

これにより硝子体が網膜から剥がれて、
術後に網膜剥離を発症することがあります。

 

また、網膜や硝子体にほんの小さな異常があれば、
眼球が変化することで網膜が裂ける可能性があります。

 

レーシック手術前の適応検査では、
眼底検査が行われます。

 

眼底検査とは眼底鏡や
眼底カメラと呼ばれる
特殊な器具を使って、
眼底に異常がないかを調べる検査です。

 

眼底検査をすることで、
網膜や眼底の血管、
視神経などの状態を
調べることができます。

 

眼底検査で異常が見つかれば、
網膜剥離や眼底出血、眼内腫瘍、
緑内障、乳頭浮腫といった病気がわかります。

 

ですが、眼底検査の精度が低いと、
小さな異常を見るけることができません。

 

眼底検査を受ける時は、より精度の高い
眼底三次元画像解析検査をしてもらいましょう。

 

眼底三次元画像解析検査は、
OCT検査とも言われています。

 

眼底三次元画像解析検査では、
従来の眼底検査では
調べることができなかった
網膜の断面を確認できます。

 

この検査により今まで発見できなかった
網膜や黄斑部の病変を見つけることができます。

 

ですが、眼底三次元画像解析の検査機器は
非常に高価なため設置している
眼科は少ないのが現状です。

 

レーシック手術後に
網膜裂孔や網膜剥離、
眼底出血になることは、
非常に稀だと言われています。

 

しかし、実際には少なからず
症例報告があるのは事実です。

 

そのため、手術中に眼に圧力を
かけない術式を選ぶといいでしょう。

 

また、インフォームドコンセントを受けても
術後の網膜剥離に関して不安がある場合は、
別の眼科でセカンドオピニオンを受けましょう。

 

特に高血圧や糖尿病などの疾患がある人や
強度近視で網膜が薄くなっている人、
格闘技など目に強い衝撃を受ける人は注意が必要です。

 

ちなみに、適応検査で網膜剥離が見つかっても、
網膜剥離の治療をすれば
基本的にレーシック手術を受けることが出来ます。

 

レーシック手術は角膜を削るため、
網膜は関係がありません。

 

ただし、角膜を矯正しても
網膜剥離による視力の低下は改善できません。

 

網膜剥離の手術後に
レーシック手術をしたい場合は、
医師に相談しましょう。

 

 


このページのトップへ戻る