レーシック手術で失敗しない為の予備知識

レーシック手術を検討している方へ

 

レーシック手術で失敗したくないですよね?

 

予め学習しておいて、
予備知識を身につけておきましょう。

 

そもそも、レーシック手術とは
どういった手術なのでしょうか?

 

レーシック手術には、どんな種類があって、
施術にどのような違いがあるのでしょうか?

 

レーシック手術をすれば、
半永久的に視力を維持できるのでしょうか?

 

近視以外にも、
遠視や乱視も治せるのでしょうか?

 

また、老眼や白内障も治せるのでしょうか?

 

一般的にレーシック手術の費用は、
いくらぐらいかかるものなのでしょうか?

 

できれば安く済ませたいものですが、
何か方法はあるのでしょうか?

 

生命保険や医療控除は、
活用できるのでしょうか?

 

レーシック手術の合併症や後遺症には、
どのようなものがあるのでしょうか?

 

もし、感染症になったら、
どうしたらいいのでしょうか?

 

実際にレーシック手術を受けた後は、
車の運転やお風呂、メイクは
いつからできるのでしょうか?

 

実際のレーシック手術の
流れも説明しています。

 

レーシック手術よりも、
メガネやコンタクトのほうがいい
という人もいるかもしれません。

 

レーシック手術は
メガネやコンタクトと比べて、
費用面やメンテナンス面で
どうなのか比較しています。

 

当サイトではレーシック手術に関する
様々な疑問にお答えしています。

 

そして、実例を交えて、
わかりやすく説明しています。

 

レーシック手術を受ける時の
参考にして下さい。

 

自宅で視力を回復する方法

レーシック手術ができない年齢の人や
レーシック手術が怖くてできない人、
適応検査で不適応になった人のために
自宅で視力を回復する方法を紹介します。

 

徳永式1.5視力回復プログラム

 

販売元:(株)ウイニングエッジ

 

 

教材の概要

 

視力回復研究家の徳永貴久さんによる
自宅で出来る視力回復法です。

 

下の写真の方が徳永貴久さんです。

 

 

徳永貴久さんは『マジカルアイ』などの
視力関連本を多数販売されています。

 

これまで1万人以上の方の近視や乱視、
老眼の視力回復に成功しています。

 

その内容をまとめた教材になります。

 

教材はPDFマニュアルと
会員サイトのオンラインプログラムの
2つの構成になっています。

 

※PDFとは電子ファイルになります。

 

専用のソフトをパソコンにインストールすることで、
パソコン上で電子ファイルを閲覧できます。

 

尚、ソフトは無料でインストールできます。

 

PDFのインストールはコチラ

 

PDFマニュアルには、
近視や遠視になる原因などの基礎的なことや
マジカルアイの説明、視力トレーニングのやり方など、
全部で171ページありボリュームがあります。

 

会員サイトには動画が用意されていて、
徳永貴久さんが説明されています。

 

 

動画は全部で13個用意されています。

 

動画の内容はPDFマニュアルと同じになります。

 

PDFマニュアルを読んで理解できない場合は、
動画を見れば理解度を高めることができます。

 

動画は小学生でも理解できる内容になっています。

 

以下が動画の内容になります。

 

●近視について

 

●遠視について

 

●老眼について

 

●トレーニングの前に

 

●動眼筋トレーニング その1

 

●動眼筋トレーニング その2

 

●明暗凝視トレーニング

 

●凝視トレーニング

 

●遠近トレーニング

 

●トレーニングを始める前に(視力測定)

 

●お子様向けトレーニングの方法

 

●大人のトレーニングについて

 

●トレーニングスケジュールの立て方

 

動画を見て理解できない部分があれば、
直接、徳永貴久さんにメールで質問できます。

 

ただし、購入から30日間となっているため、
購入したらすぐに教材の内容を確認しましょう。

 

教材は全てパソコンで閲覧できるので、
購入したその日からトレーニングができます。

 

このトレーニングを行うことで、
ピント調節する筋肉を鍛えることができます。

 

今まで実践した人の95%以上が、
視力回復に成功しています。

 

0.2や0.3だった視力が、
1.0や1.2まで回復した事例も
たくさんあります。

 

1日10分毎日続けることで、
早ければ数週間ほどで視力が良くなり、
視力の低下を予防することができます。

 

子供から年配の方まで効果があります。

 

近視や乱視、老眼でも6ヶ月後には
0.5以上の視力アップが可能です。

 

近視歴の長い人や強度近視の方は、
視力回復までに時間がかかるため、
根気よくトレーニングを続けましょう。

 

本編の教材以外にも特典として、
音声誘導トレーニングがあります。

 

パソコンやスマホなどに音声をダウンロードして、
トレーニングを行います。

 

トレーニングは全部で
5つの音声誘導が用意されています。

 

1.凝視トレーニング
2.明暗凝視トレーニング
3.動眼筋トレーニング
4.遠近トレーニング
5.視力トレーニング・ロングバージョン

 

5には1〜4のトレーニングが、
まとめて収録されています。

 

音声を聞きながら目を動かすことで、
トレーニングを行います。

 

何回か聞いていると、音声がなくても、
トレーニングできるようになります。

 

サポート体制の内容

 

教材を購入した後に
30日間の無料メールサポートがあります。

 

購入者が途中で諦めたりしないよう
しっかりとサポートしてくれます。

 

徳永貴久さんご本人が責任を持って
質問や疑問に回答してくれます。

 

期間内なら回数無制限で
質問や疑問に回答してもらえます。

 

そのため、安心して
トレーニングを行うことができます。

 

徳永式トレーニングのメリットとは?

 

30日間のメールサポートがある。

 

1年間の紛失保証がある。

 

1年間の破損保証がある。

 

実績多数の視力トレーニングプログラムである。

 

1日10分だけなので生活に影響が出ない。

 

5,000円のキャッシュバックがある。

 

飽きやすい人でも毎日続けられる工夫がある。

 

徳永式トレーニングのデメリットとは?

 

近視の進み具合によって効果に個人差がある。

 

返金保証が付いていない。

 

サポート期間が短い。

 

インターネット販売なので、
事前に中身を確認できない。

 

弱視や斜視には効果がない。

 

レーシック手術のような即効性がない。

 

眼科で処方された目薬を使うと、
効果が出なくなる。

 

コツコツと毎日トレーニングをしないと、
効果が出ない。

 

徳永式トレーニングに向いている人

 

学校の視力検査で視力が落ちた人。

 

眼科で近視や老眼と診断された人。

 

眼科でミドリンなどの目薬を使っている人。

 

ワックなどの視力回復機器を使っても効果がなかった人。

 

ピンホールメガネを使っても効果がなかった人。

 

視力回復センターに通っても効果がなかった人。

 

お子さんに眼鏡やコンタクトを使わせたくない人。

 

お子さんの視力が悪くなってしまい回復させたい人。

 

色々な視力回復法を試しても効果がなかった人。

 

レーシック手術のリスクが怖くてできない人。

 

未成年者などでレーシック手術ができない人。

 

徳永式トレーニングに向いていない人

 

トレーニングを毎日する自信がない人。

 

トレーニングが面倒だと思っている人。

 

レーシック手術を受けようとしている人。

 

お金を出して視力を回復したいと思わない人。

 

教材の内容が胡散臭いと思っている人。

 

徳永式トレーニングのよくある質問

 

Q.近視は遺伝なので治せないのでは?

 

遺伝性の近視は、
全体の5%未満だと言われています。

 

つまり、95%は後天的要因により、
視力が落ちています。

 

もともと視力が1.0あって生活環境などで
視力が0.6まで下がったとしたら、
トレーニングをすることで
1.0以上回復する可能性があります。

 

少し視力が下がってもすぐに眼鏡や
コンタクトレンズに頼らないことが大切です。

 

視力が下がったことがわかれば、
早いうちに視力回復を行わないと、
近視が進行して真正近視に移行します。

 

真正近視が進行すると軸性近視になります。

 

軸性近視になると眼球の形が横長に変形します。

 

そうなれば、完全回復は難しくなります。

 

視力低下は早く対策するほど、
回復できる可能性が高くなります。

 

もしお子さんが目を細めるなどの
仕草を見せていたら、
手遅れになる前に
トレーニングを試して下さい。

 

Q.本当に視力が回復するのでしょうか?

 

 

視力が低下してからの経過時間や
近視の度合いによって個人差があります。

 

そのため、不安な場合は教材を購入前に
どの程度視力が回復するかを
メールで確認しましょう。

 

また、緑内障や白内障など目の病気で
視力が低下している場合は、
トレーニングを行っても効果はありません。

 

このような人は眼科で適切な治療を行って下さい。

 

また、トレーニング後に視力が良くなり、
その後、目を酷使して再び視力が下がる可能性があります。

 

そのため、視力が回復しても安心せずに
トレーニングを継続して視力低下を予防しましょう。

 

Q.強度近視の人でも効果はあるのでしょうか?

 

A.

 

子供だけでなく近視が進んだ大人も
トレーニングを続けることで、
視力が回復する効果があります。

 

そのため、親子で視力が悪い場合も
トレーニングを一緒にすることで、
視力を回復することができます。

 

実践者の中には両眼の視力が0.1だった人が、
3ヶ月で右0.5 左0.6まで回復した例もあります。

 

レーシック手術のように
合併症や後遺症はないので、
安心してトレーニングを行って下さい。

 

Q,どれぐらいでトレーニングの効果が出ますか?

 

A.

 

近視の状態は人によって違います。

 

よって、効果が出るまでには、
個人差があります。

 

一概には言えませんが、
遅くても2ヶ月間程度は
毎日続ける必要があります。

 

毎日、トレーニングを行うことで、
視力を回復することが可能です。

 

近視の進行度が弱い場合は、
早やければ訓練開始から数日程度で、
効果が出ることもあります。

 

徳永式1.5視力回復プログラム


このページのトップへ戻る